がまかつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GAMAKATSU PTE LTD
GAMAKATSU PTE LTD
Gamakatsu logo mark.gif
種類 株式会社
本店所在地 シンガポールの旗 シンガポール
3Phillip Street #15-02 Royal Group Building Singapore 048693
設立 2000年
(創業1955年5月)
業種 その他製品
事業内容 釣り具、アパレル用品の企画、販売等。
代表者 代表取締役社長 藤井敏孝
資本金 96億円[1]
売上高 52億円(2013年)[1]
従業員数 255人(2016年)[1]
関係する人物 藤井繁克(創業者)
外部リンク http://www.gamakatsu.co.jp/
テンプレートを表示

「がまかつ」ブランドの販売元であるGAMAKATSU PTE LTDはシンガポールに本店を置く、釣り竿釣り針や専用ウェアなどを中心とした釣具の企画・販売および企業投資を行う会社である。2000年創業。

会社概要[編集]

元会社となる株式会社がまかつは、釣り竿・釣り針を中心とした、釣り具を専門に扱う製造会社。

1990年からはレインウェアキャップサングラス等、釣りで使用するアパレル用品類の製造販売にも進出している。かつてはゴルフクラブも販売していた。

社名は、創業地の西脇市蒲江(こもえ)と、創業者の藤井繁克(ふじい しげかつ)の名に由来するもの。創業地のある播磨地方は7世紀に「針間国」と表記されたこともさながら、古くから「播州針」の生産地として知られており、今日に至るまで釣り針の代表種の一角を占めている。

沿革[編集]

  • 1955年 兵庫県西脇市に「蒲克鈎本舗」(がまかつばりほんぽ)を創業。
  • 1968年 株式会社に改組、「株式会社がまかつ」設立。
  • 1974年 生産工場増設。
  • 1976年 釣竿工場完成。
  • 1987年 和歌山工場完成、アパレル販売開始。
  • 1994年 総合研究所新設。
  • 1996年 ゴルフクラブ販売開始。
  • 2000年 GAMAKATSU PTE LTD 設立
  • 2011年 創業者・藤井繁克死去。
  • 2017年 GAMAKATSU PTE LTD 日本本社 設立
  • 2017年 株式会社がまかつ 大阪事務所 設立

製品[編集]

竿、ルアーロッド[編集]

がまかつの釣り竿の特徴としては、「海上釣堀」を除き名前に「がま○(○は場所や対象魚)」が付く、例としてはもの対象の「がま磯」専用の「がま鮎」渓流専用の「がま渓流」などといった具合である。一方、ルアーロッドは「ラグゼ」シリーズと称している。

過去にフライロッド「ウォルトン」も取り扱っていたが、カタログからは姿を消した。

がまかつといえば針が有名であるが、竿の性能も一流並みと目されており、価格帯も概ね中~高級クラスである。一方低価格帯の竿は手薄である。

釣針、しかけ[編集]

がまかつの主力製品であり、全国の釣具店にはほぼ確実にがまかつ針がおいてある。

渓流用の小さな針から、クエ、マグロ、カジキといった超大物用の針まで手広く取り揃えており、殆どの釣法、対象魚のニーズに応えるラインナップをそろえている。

国外でも、主にルアーフィッシング用の針として「Gamakatsu」表記で売り出されている。尚、国内でもルアー、フライ用の針では英表記を用いている。

CM[編集]

イメージキャラクターに千葉真一を起用し、CM広告を展開した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 神戸新聞NEXT 兵庫県内企業・新卒採用情報 がまかつ

関連項目[編集]