ヒット・エンド・ラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヒット・エンド・ラン』は、『週刊少年サンデー』(小学館)で連載されていたあや秀夫による日本漫画作品。全13巻。

中学の弱小野球部のチームを舞台とする作品で、大きく分け、稲葉中学野球部の奮闘を描いた1部、主人公の遠藤蘭が親の都合で他地域の中学に転校し、転校先の野球部で揉まれながらも徐々にレベルアップしていく2部、そして高校生になった遠藤蘭が稲葉中学野球部のメンバーとともに同じ高校に進学し、そこでの野球部員としての活動を描いた3部で構成されている。

あらすじ[編集]

主人公の遠藤蘭は稲葉中学野球部のキャプテン。この野球部はとんでもない弱小チームで、先輩の三年生が抜けてからというもの1勝どころか1点も取れていない。守ればエラーにトンネルは当たり前、打席に立ってもボールがミットに入ってからバットを振る始末。観客に大笑いされて馬鹿にされる試合を続けていた。そしてついに先輩や先生からも見放され、野球部は解散を迫られることに。でもせめてあと1試合、最後の試合だけは笑われない試合をしたい…地区大会1回戦、シード校の光陵中学へと挑む。

登場人物[編集]

アニメ版[編集]

1979年2月18日フジテレビ系の日生ファミリースペシャルの一本において『がんばれ! ぼくらのヒット・エンド・ラン』のタイトルで放送された。

スタッフ[編集]

  • 企画:佐藤昭司
  • 演出:光延博愛
  • プロデューサー:加藤良雄
  • 脚本:高橋二三
  • 撮影監督:三沢勝治
  • 録音監督:斯波重治
  • 美術監督:伊藤ルイ
  • 編集:瀬山武司掛須秀一
  • 音楽:京建輔
  • キャラクターデザイン・作画監督:金沢比呂司
  • 作画:小川博司、小島秀人、宇都木勇、伊藤佐知子、横山光春 ほか
  • 仕上げ:富岡祐子、伊東史江、荒川典子、岡本勢津子、滝野里美 ほか
  • 背景:古橋真佐子、東條俊寿、西本初枝、大宮久江 ほか
  • 絵コンテ:光延博愛
  • 色指定・検査:光延幸子
  • 製作協力:土田プロダクション
  • アニメーション製作:日本アニメーション

主題歌[編集]

「がんばれ!ぼくらのヒットエンドラン」
作詞:田中のぶ / 作曲・編曲:佐瀬寿一 / 歌:沢田雅博
フジテレビ 日生ファミリースペシャル
前番組 番組名 次番組
(なし)
がんばれ!
ぼくらのヒット・エンド・ラン