がんばれ!ジャイアン!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
がんばれ!ジャイアン!!
監督 渡辺歩
脚本 藤本信行
原作 藤子・F・不二雄
出演者 たてかべ和也
青木和代
大山のぶ代
小原乃梨子
野村道子
肝付兼太
佐々木望
音楽 菊池俊輔
主題歌 ダ・カーポ「さよならとは言わないで」
撮影 熊谷正弘
編集 岡安肇
制作会社 シンエイ動画
製作会社 シンエイ動画
テレビ朝日
小学館
配給 東宝
公開 日本の旗 2001年3月10日
上映時間 26分20秒
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 おばあちゃんの思い出
次作 ぼくの生まれた日
テンプレートを表示

がんばれ!ジャイアン!!』は、2001年3月10日に『ドラえもん のび太と翼の勇者たち』と同時上映公開されたドラえもんの映画作品である。26分20秒。『ドラえもん』の登場人物であるジャイアンこと剛田武の活躍を描いた物語。原作単行本第40巻「泣くなジャイ子よ」と第44巻「ジャイ子の新作まんが」をベースとしており、田中道明が作画を担当した漫画版も存在する。

物語のあらすじ[編集]

冬のある日、ジャイ子は茂手モテ夫という少年に出会う。漫画描きという共通の趣味で2人は意気投合し、同人誌の発行を目指して一緒に漫画を描くことにする。協力して執筆を続ける内、ジャイ子はモテ夫に次第に惹かれ始める。

それを知ったジャイアンは2人を引き合わせるべく、のび太やいつもの仲間を巻き込んで作戦を開始するが、これが大失敗。ジャイ子は自暴自棄になり、兄に怒りをぶつけ、漫画の原稿を放り出してしまう。風に乗って町中へと散らばってゆく原稿。ジャイアンはジャイ子に「俺を嫌いになるのは仕方がない。でも、漫画を描くのを嫌いになっては駄目だ」と励ますのだった。

「妹に夢を捨てさせたくない」―――ジャイアンは原稿を追って、雪の降りしきる中を駆け出してゆく。

概要[編集]

ジャイアンの初主演映画であり、また彼の妹のジャイ子もまた実質的に主人公と言って良い扱いを受けている。原案となったのはてんとう虫コミックス40巻収録『泣くなジャイ子よ』、44巻収録『ジャイ子の新作まんが』の両短編作品。のび太同様に「映画ではとたんに格好良い役柄になる」と言われるジャイアンの男気や妹想いの兄貴ぶりをふんだんに味わえる作品。要所要所で三味線を使った効果音が流れる点や、和風作りのジャイアンの実家の雰囲気、そしてテレビで林家三平が出演しているなど、昭和40年代を思わせる演出も特徴的。ちなみに三平役の声優として、氏の次男である林家いっ平(現・二代目 林家三平)が出演している。ジャイアンの代名詞と言うべき歌は作中では一度も歌っておらず、その事に関してTVスペシャルの時にスネ夫に言及されている。

ジャイアンの実家は「剛田雑貨店」という名前であるが、この作品では「剛田商店」という名前になっている。この店名は、ジャイアン役がたてかべ和也から木村昴になったアニメ第2期でも用いられている。

エンディングでは、ジャイ子の部屋のカレンダーが2015年の2月になっている。顔は映らないが、ジャイアンが写った写真を直すジャイ子と思われる人物の左手薬指には指輪がはめられている。

配給収入、観客動員数、配給は『のび太と翼の勇者たち』を参照。

登場人物[編集]

ジャイアン
声 - たてかべ和也
今回の主役。妹のジャイ子を初恋の相手・茂手モテ夫と引き合わせるため、そして漫画という妹の夢を守るため、いささか空回り気味ながらも男気一本で奮闘する。雪の中、必死にジャイ子の原稿を探す中、小さいころジャイ子のクレヨンや原稿用紙をめちゃくちゃにしたいじめっ子を追い払い、ジャイ子のためにのび太から奪ったクレヨンを渡したことが原因で雪が降る寒い中、母に物置に入れられたことを思い出した。
ジャイ子
声 - 青木和代
漫画が好きで、少女漫画を執筆している。小学生ながらその腕前はかなりのもの。偶然出会ったモテ夫と共に執筆を始めつつ、彼に恋心を抱いてゆく。あれこれ世話を焼く兄・ジャイアンのことは煙たく思っていたが、終盤で兄が時代考証のために撮ってきたエジプトの写真を見たことから彼の優しさに気づき、雪の中、兄を探しに駆けだしていく。本作では白目が大きく描かれている。
ドラえもん
声 - 大山のぶ代
自分もを持つ身であるため、妹を想うジャイアンの心に打たれ、協力を申し出る。
のび太
声 - 小原乃梨子
ジャイアンに頼まれ、ジャイ子の漫画の時代考証などに協力する。
しずか
声 - 野村道子
バイオリンの稽古の帰りに偶然、ジャイ子がモテ夫と会っているところを目撃する。
スネ夫
声 - 肝付兼太
得意の口八丁でジャイ子とモテ夫の引き合わせに協力する。
茂手モテ夫
声 - 佐々木望
隣町の団地に住む漫画好きな少年。ジャイ子と出会い、彼女の才能に惹かれて共に同人漫画を執筆することになり、時には漫画描きのアドバイスをする。本屋でのび太と漫画本の取り合いになっても、快くのび太に譲るなど、心優しい性格。原作によれば、その名の通りバレンタインデーにチョコレート百個を貰うほど女子に人気だという。
玉子
声 - 千々松幸子
声のみ登場。雪の中、帰宅したパパに「お風呂が沸いてますよ」と声をかける。
のび助
声 - 中庸助
雪が降る中の帰り道、原稿を探すジャイアンを目撃。
ジャイアンの母ちゃん
声 - 青木和代
モテ夫の母
声 - 川島千代子
息子同様に眼鏡をかけており、温厚な人柄。
探し物は何ですカ
声 - 愛河里花子
ドラえもんの出した道具。蚊を模した帽子、羽根、尾の部分からなる。身に着けると、探し物を手早く発見してくれる。
林家三平
声 - 林家いっ平(現:2代目林家三平

登場するひみつ道具[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 藤子・F・不二雄
  • 監督・作画監督 - 渡辺歩
  • 脚本 - 藤本信行
  • 美術監督 - 鈴木朗
  • 撮影監督 - 熊谷正弘
  • 録音監督 - 浦上靖夫
  • 音楽 - 菊池俊輔
  • 効果 - 横山正和
  • 編集 - 岡安肇
  • 動画チェック - 原佳寿美
  • 動画チェック補 - 長島崇
  • 色彩設計 - 吉岡美由紀
  • 原画 - 尾鷲英俊、大城勝、鈴木大司、金子志津枝、福本勝、千葉ゆみ、石井邦幸、石井智美、加来哲郎、釘宮洋、大杉宜弘
  • 動画 - 角田恵子、田中俊也、松井香、花沢成江、桜木愛、証高実、小野慎哉、栢下浩司、三浦一世、山下祐介、大塚隆司、田内亜矢子、高橋由起、森下智美、斎藤敦、江部賢、石川麻実、石井邦俊、大原真琴、斉藤佐保、篠田正浩、川崎美穂、清水昌之、山田康之
  • 仕上 - 岩切当志子、吉田美夜子、土屋裕美、高木小百合、石川香織、宇井俊恵、松井めぐみ、生嶋路子、柚木脇達己、米井ふじの、山崎久美子、堤奈緒、西脇好美、高橋直美
  • 特殊効果 - 橋爪朋二
  • リスマスク - マキ・プロ
  • タイトル - 道川昭
  • 背景 - 天水勝、土師勝弘、久保季美子、沢登由香、池田玲子、新井由華、劉基連、宮本ゆう
  • 撮影 - 古林一太、野村達哉、佐藤久美子、市川智、小川滋見、川崎匡詞
  • 編集 - 小島俊彦、中葉由美子、村井秀明、川崎晃洋、三宅圭貴
  • 音響制作 - オーディオプランニングユー
  • 音響制作デスク - 山口さやか
  • 音響制作進行 - 井澤基、加藤知美
  • レコーディングスタジオ - APUスタジオ
  • ミキサー - 内山敬章、田中章喜
  • アシスタントミキサー - 田口信孝
  • 技術協力 - 森幹生
  • 現像 - 東京現像所
  • 制作担当 - 松土隆二
  • 制作デスク - 別紙直樹、武井健
  • プロデューサー - 増子相二郎、市川芳彦、木村純一、岩本太郎、山川秀樹
  • 制作協力 - 藤子プロASATSU-DK
  • 制作 - シンエイ動画小学館テレビ朝日

主題歌[編集]

「さよならとは言わないで」
作詞・作曲・歌 - ダ・カーポ / 編曲 - 京田誠一

参考資料[編集]