がんもどき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
がんもどき

がんもどきは、豆腐をつぶして、ニンジンレンコンゴボウなどと混ぜて、で揚げた料理がんも飛竜頭ともよばれる [1][2][3][4]。 「雁擬き」と字を宛てて表記することもある。

解説[編集]

煮付け

水気をしぼった豆腐にすったヤマイモニンジンゴボウシイタケコンブギンナンなどを混ぜ合わせて丸く成型し油で揚げたものである。おでん煮物に用いられることが多い。

元々は精進料理(もどき料理)で代用品として作られたものである。

名前の由来については諸説あるが、最も知られているのはの肉に味を似せたとされることから「がんもどき」だという説である。他にも鳥類の肉のすり身を鶏卵大に丸めて煮たり蒸したりする料理「丸(がん)」に似せて作ったという説や、がんもどきの中にきくらげではなく安物の昆布で代用したら丸めた形の表面に糸昆布が現れてその様子が雁が飛んでいるかのように見えたからという説などが存在する。

江戸時代に書かれた『豆腐百珍』には尋常品として26品が掲載されているが、がんもどきはその一品として「飛龍頭」(ひりょうず)の名で記述がある[5]。ただし、『豆腐百珍』に紹介されているものによると、江戸時代のがんもどきは現代のように豆腐に具材を混ぜ込んで揚げたものではなく饅頭のように豆腐で具材の餡を包んで揚げたものである[5]

飛竜頭[編集]

ひろうす

がんもどきを飛竜頭(ひりゅうず、ひりうず、ひろうす、ひりょうず)と呼ぶこともある[6][7]。語源はポルトガルフィリョースポルトガル語版英語版filhós、小麦粉と卵を混ぜ合わせて油で揚げたお菓子)であるといわれている。

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑第5版
  2. ^ 紀文
  3. ^ きょうの料理
  4. ^ 笹乃雪
  5. ^ a b 世界の食文化雑学講座”. キッコーマン. 2020年4月10日閲覧。
  6. ^ がんもどきとひろうす、由来の謎? - 株式会社日本食品薬化(食育大事典「まめ知識」)
  7. ^ 「がんもどき」と「飛龍頭」または「ひろうす」 - 株式会社高井製作所(豆腐製造販売会社)による「豆腐豆知識」