きたかみ (フェリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きたかみ
Kitakami JAPAN.jpg
福島県相馬市沖を航行する「きたかみ」
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 太平洋フェリー
運用者 太平洋フェリー
建造所 三菱重工業下関造船所(第926番船)[1]
船級 JG(第二種船)[1]
信号符字 JECU
IMO番号 8815073
MMSI番号 431201130
経歴
起工 1988年12月21日[1]
進水 1989年4月22日[1]
竣工 1989年10月12日[1]
就航 1989年10月21日
運航終了 2019年1月19日
現況 2019年、インドで解体
要目 (竣工時)
総トン数 13,818 トン[1]
載貨重量 6,748 トン[1]
全長 192.50 m[1]
垂線間長 175.00 m[1]
型幅 27.0m[1]
型深さ 10.00 m[1]
満載喫水 6.90 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 三菱-MAN 8L58/64 2基[1]
推進器 4翼可変ピッチプロペラ 2軸[1]
最大出力 28,800 PS(連続)[1]
定格出力 24,480 PS(常用)[1]
最大速力 24.94ノット[1]
航海速力 22.6ノット[1]
航続距離 4,500海里[1]
旅客定員 842名[1]
乗組員 60名[1]
車両搭載数 トラック165台、乗用車147台[1]
テンプレートを表示

きたかみ(KITAKAMI)は、太平洋フェリーが運航していたフェリー

概要[編集]

1989年にあるびれおの代船として就航した。2005年には「光の装い」をテーマとして船内のリニューアルを実施、本船より後に就航したいしかり(2代目)の引退後も運航を続けた。

末期は苫小牧 - 仙台間を主に運行、「きそ」「いしかり」のドック入り期間時に仙台 - 名古屋間に乗り入れた。

2017年5月29日に本船の代船となる新造船が発注され[2]、同船の就航を前に1月19日をもって引退。その後インドへスクラップ売却された[3]

船内[編集]

太平洋フェリー所有の各船はデザインコンセプトが定められているが、本船は「スターダストの詩」をデザインコンセプトとしている。いしかり、きそとは船内配置が異なり、本船のみの設備として、7デッキの船首方に展望室(フォワードサロン)が設置されている。

乗下船の際は階段を利用する必要があるため、車椅子利用者などは注意が必要である。

客室[編集]

ロイヤルスイートルームの設定がなく、S寝台(1段ベット)がA寝台(カプセル)となっている。B寝台は通常の2段ベッドである。 スイートルームの船客には、レストランの食事券がサービスされる。なおレストランのバイキング料金がはいしかり・きそより安価に設定されている。スイートルームおよび特等は、バス・シャワートイレ付き、1等はシャワー・トイレ付きとなる。個室、A寝台にはテレビが設置されている。

  • スイートルーム(2室)
  • セミスイートルーム(2室)
  • 特等(洋室)
  • 特等(和室)
  • 1等(和洋室)
  • 1等(洋室)
  • 1等(和室)
  • A寝台 - 2段カプセルベッド
  • B寝台 - 女性専用客室設定あり
  • 2等(和室) - 女性専用客室設定あり
  • ドライバールーム(洋室)

公室[編集]

  • エントランス
  • レストラン「グロブナーハウス」 - バイキング形式で朝食、昼食、夕食を提供
    • ミーティングルーム「ローズルーム」
  • スタンドコーナー「フェリカクラブ」 - 1994年設置 飲料を提供、2015年9月いっぱいで軽食提供を終了
  • ラウンジ「スターダスト」
  • 展望浴室
  • 展望通路
  • 展望室
  • ショップコーナー
  • ミニシアター
  • ゲームコーナー
  • オープンスカイホール

過去の設備[編集]

  • 大広間「みやぎの」(和室・喫煙コーナーに変更)
  • ミーティングルーム(2等室に変更)
  • バー「ジョン・シルバー」(スタンドコーナー拡張部に変更)

事故・インシデント[編集]

  • 2011年3月11日東北地方太平洋沖地震が発生した際、本船は仙台港に停泊中であった。本船は緊急出港により難を逃れたが、仙台港フェリーターミナルは2階まで浸水、可動橋も浸水で使用不能となり、シャーシや社用車が流されるなど甚大な被害を受けた。全社を挙げた復旧作業の結果、本船が3月25日に被災後の仙台港に初めて入港、6月1日から通常ダイヤでの運航を再開した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 船の科学(1990年4月号,p6)
  2. ^ 太平洋フェリーが新造船発注、2019年1月竣工”. WEB CRUISE. 海事プレス社 (2017年6月5日). 2017年7月19日閲覧。
  3. ^ 太平洋フェリーの新船「きたかみ」デビュー! - 世界の艦船2019年4月号
  4. ^ 津波に遭遇した船の行動事例集~東日本大震災で津波に遭遇した船のその時の行動に学ぶ~ (Report). 国土交通省. (2011-09). http://www.mlit.go.jp/common/000212285.pdf 2018年7月22日閲覧。. 

参考文献[編集]

  • 「新造船紹介(No.498)」『船の科学』第43巻第4号、船舶技術協会、1990年4月10日、 6頁、 ISSN 0387-0863NDLJP:32319342016年12月9日閲覧。