きょうのキラ君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きょうのキラ君
ジャンル 少女漫画恋愛
漫画
作者 みきもと凜
出版社 講談社
掲載誌 別冊フレンド
レーベル 講談社コミックス別冊フレンド
発表号 2011年10月号 - 2014年9月号
発表期間 2011年9月13日 - 2014年8月11日
巻数 全9巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画

きょうのキラ君』(きょうのキラくん)は、みきもと凜による日本漫画作品。『別冊フレンド』(講談社)の本誌2011年より連載が開始された。

登場人物[編集]

岡村ニノン(ニノ)
高校1年生。他人と関わることが苦手。いつもインコを肩に乗せていることから鳥女と言われていた。
吉良ゆいじ(キラ)
ニノの家の隣に住む。病気で余命僅かと医者から言われた。
先生
人の言葉を理解する雄のインコ。関西弁を話す。
矢部
キラを脅した際、ニノにジャージに虹を描かれた。キラが好き。初めはニノをあまりよく思っていなかったが、段々とニノのことも友達として好きになっていった。

書籍情報[編集]

  • みきもと凜 『きょうのキラ君』 講談社講談社コミックス別冊フレンド〉、全9巻
    1. 2012年1月13日発売、ISBN 978-4-06-341780-7
    2. 2012年4月13日発売、ISBN 978-4-06-341794-4
    3. 2012年9月13日発売、ISBN 978-4-06-341818-7
    4. 2013年1月11日発売、ISBN 978-4-06-341838-5
    5. 2013年4月12日発売、ISBN 978-4-06-341852-1
    6. 2013年9月13日発売、ISBN 978-4-06-341877-4
    7. 2014年1月10日発売、ISBN 978-4-06-341894-1
    8. 2014年5月13日発売、ISBN 978-4-06-341917-7
    9. 2014年10月10日発売、ISBN 978-4-06-341944-3
小説
  • みきもと凜(原作)・中川千英子(脚本)・松田裕子(脚本協力)・時海結以(著) 『小説 映画 きょうのキラ君』 講談社〈講談社KK文庫〉、全1巻
    • 2017年1月27日発売、ISBN 978-4-06-199590-1

映画[編集]

きょうのキラ君
監督 川村泰祐
脚本 中川千英子
原作 みきもと凜「きょうのキラ君」
製作 大畑利久
布施等
製作総指揮 重松圭一
出演者 中川大志
飯豊まりえ
葉山奨之
平祐奈
三浦理恵子
安田顕
音楽 富貴晴美
主題歌 [Alexandros]
「今まで君が泣いた分取り戻そう」
撮影 金澤賢昌
編集 森下博昭
製作会社 『きょうのキラ君』製作委員会
配給 ショウゲート
公開 日本の旗 2017年2月25日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億6900万円[1]
テンプレートを表示

2017年2月25日公開。主演は中川大志[2]

キャスト[編集]

吉良ゆいじ (キラ)
演 - 中川大志
岡村ニノン (ニノ)
演 - 飯豊まりえ
矢部和弘
演 - 葉山奨之
矢作澪
演 - 平祐奈
ニノの父親
演 - 安田顕
ニノの母親
演 - 三浦理恵子
キラの父親
演 - 岡田浩暉
英語教師
演 - 川上洋平([Alexandros]) ※ カメオ出演
家庭科教師
演 - テット・ワダ 
オカメ先生
演 - 高橋茂雄サバンナ ※ 声の出演 [3]

スタッフ[編集]

映像ソフト[編集]

DVD
  • 『きょうのキラ君 DVD』エイベックス・ピクチャーズ、2017年8月18日発売、PCBE-55741
  • 『きょうのキラ君 DVDスペシャル・エディション』エイベックス・ピクチャーズ、2017年8月18日発売、PCBE-55740
Blu-ray
  • 『きょうのキラ君 Blu-rayスペシャル・エディション』エイベックス・ピクチャーズ、2017年8月18日発売、PCXE-50762

出典[編集]