きょうのスポーツとニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

きょうのスポーツとニュース』は、1984年4月2日から1986年4月5日までNHK総合テレビで放送されていた報道番組である。その後も1986年4月7日から1987年4月4日まで『スポーツとニュース』と題して放送されていた。

概要[編集]

1983年度まで放送されていた『スポーツアワー』の放送開始時刻を15分繰り上げて22:30開始にするとともに、直後に放送された『きょうのニュース』を統合した夜の帯番組として、1984年4月2日より放送を開始した[1]。22:55まではスポーツニュースとワールドニュースを(土曜版と日曜版ではスポーツニュースのみ)、22:55からはローカルニュースを(日曜版では23:10から)、23:00からはその日一日の全国ニュース最終版を放送していた[2]。キャスターはコーナーごとに分業せず、1人の総合キャスターが番組全般を進める形態を採った[1]。1985年4月に日曜日の放送が『サンデースポーツスペシャル』の放送開始に伴い廃止されたが[1]、平日の放送はそれまで直後の時間帯に別番組として放送されていた『きょうの焦点』も1コーナーとして組み込むことになり、放送時間が15分拡大された[3]

ワールドニュースを伝える際には、当時アメリカABCが放送していた『ABCニュース』とフランスアンテーヌ・ドゥが放送していたニュースそれぞれのオープニングとヘッドラインをそのまま放送していた。このスタイルは、後にNHK BS1の『ワールドニュース』へ受け継がれた。

スタジオは当時の『ニュースセンター9時』と同じニュースセンターを使用していたが、同番組とは違って多くの照明が落とされており、薄暗いスタジオの中で放送が行われていた。背面にあった多数のモニターは消されていなかった。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時、基本時間のみを掲載。

年度 月曜 - 金曜 土曜 日曜
1984年度 22:30 - 23:10 22:35 - 23:10 22:40 - 23:15
1985年度 22:30 - 23:25 22:30 - 23:10 (番組の放送無し)
1986年度

キャスター[編集]

当時NHKアナウンサー(野中ともよのみ外部キャスター)。

年度 月曜 - 金曜 土曜 日曜
1984年度 松平定知 古屋明信
1985年度 阿世知幸男 大塚範一 (番組の放送無し)
1986年度 野中ともよ
中村克洋[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'85』 日本放送出版協会、1985年、145頁。 
  2. ^ NHK総合テレビジョン放送番組時刻表 昭和59年4月(『NHK年鑑'85』に折り込みあり)
  3. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'86』 日本放送出版協会、1986年、111頁。 
  4. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'87』 日本放送出版協会、1987年、110頁。