きらびヶ丘お嬢団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

きらびヶ丘お嬢団』(きらびがおかおじょうだん)は、秋吉由美子による日本4コマ漫画作品。

竹書房の『まんがくらぶ2006年4月号に「出動!お嬢団」の題名でゲストとして掲載後、同年7月号から上記に改題の上2008年4月号まで連載された。

概要[編集]

女子大生の沙雅は、人の役に立つことがしたくて町内のボランティアに志願した。そこに待ち受けていたのは世間知らずのお嬢様たちだった。

「人のためになること」をしようとするがやり方が間違っている3人のお嬢様と、それに振り回される主人公をコミカルに描いたコメディである。

登場人物[編集]

お嬢団[編集]

沙雅以外の3人は本当のお嬢様で世間知らずである。

小城沙雅(おじょう さまさ)
主人公。名前が「お嬢様」に似ていることから「お嬢団」のリーダー(お守り役)を押し付けられる。
リン
地主の娘。常に着物を着ている黒髪の女性。
ユリ
会社社長の娘。美人で周りにフェロモンをふりまくことも多い。
アンナ
芸能一家の娘。見た目は一番幼そうに見えるが年齢不詳。大物芸能人たちをあごで使える。

その他[編集]

町内会長
ボランティアなどのまとめ役だが、お嬢団を制御することはできない。
忍者・黒服・メイド
忍者はリンの家、黒服とメイドはユリの家に仕えている。全員合わせて3万人はいると推測される。

単行本[編集]

作者としては初めての竹書房からの単行本である。

  • バンブーコミックスより。単巻(2008年6月27日発行) ISBN 978-4-8124-6821-0