きんでんトリニティーブリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
きんでんトリニティーブリッツ
原語表記 きんでんトリニティーブリッツ
ホームタウン 大阪府岸和田市奈良県大和郡山市和歌山県和歌山市
創設年 1989年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION2
チーム所在地 大阪府大阪市
体育館所在地 兵庫県西宮市
代表者 上坂隆勇
監督 今田善仁
ホームページ 公式サイト
 表示 

きんでんトリニティーブリッツは、大阪府大阪市を本拠地とするきんでんの男子バレーボールチームである。2020-21シーズンはV.LEAGUE DIVISION2(V2リーグ)に所属。

概要[編集]

1989年、大阪市の近畿電気工事(現・きんでん)社内にて現バレーボール部長が有志を募って創部した[1]。2008年V・チャレンジリーグ昇格。

チーム名『トリニティーブリッツ』とは、「Trinity(トリニティー)」は英語で「三位一体」、「Blitz(ブリッツ)」は英語で「電撃・電撃攻撃」であり、心を持った社会人集団として「心・技・体」を兼ねそなえた「三位一体(トリニティー)」のチームを目指し、また「強さ・速さ」を持つチームとして電気工事に携わるきんでんのイメージに喩え「電撃(ブリッツ)」と表した[2]

事務局はきんでん本社にあり、練習場は兵庫県西宮市にある同社人材開発部の体育館である[2]。ホームゲームは関西地区の体育館で開催している。

チームマスコットは、うさぎがモチーフである「ブリッツくん」である[3][4]

歴史[編集]

1989年、近畿電気工事(現・きんでん)社内にて創部。当初は市民大会に出場する程度であったが、少しずつ実力をつけ、1994年に初めて全日本実業団優勝大会に出場し、1995年に地域リーグ昇格[1]

1996年より地域リーグに連続で出場し、1999年の第19回西部地域リーグで優勝を果たしプレーオフに進出する。プレーオフでは3位。第20回大会でも準優勝でプレーオフに進出しながら、プレーオフでは3位。以降、しばらくは西部地域リーグ3位以下に留まるが、2005年の第25回大会では西部地域リーグで久々の優勝を果たす。プレーオフでは4位となる。2006年、第26回大会でも西部リーグで連続優勝を果たすが、プレーオフでは3位に留まる。しかし、全日本実業団優勝大会で14回目の出場にして念願の優勝を果たした[1]。2007年、第27回大会にて、西部リーグ3連覇を果たし、プレーオフで遂に初優勝を果たす。2008年、第28回大会でも西部リーグ4連覇、プレーオフ連覇を達成した。その後、Vリーグ機構に入社し、2008/09シーズンよりV・チャレンジリーグに参戦することとなる。

初参戦となった2008/09V・チャレンジリーグは、セット率の差でファイナルリーグ進出を逃し、9位となった。

2009年、チーム愛称が「トリニティーブリッツ」に決まった[5]

2009/10V・チャレンジリーグでは上位リーグ入りし6位に入った。しかし、以降はやや低迷している。2014/15V・チャレンジリーグでは9位となり、2015/16シーズンから始まったV・チャレンジリーグIIへ組み込まれた。

成績[編集]

主な成績[編集]

チャレンジリーグ/チャレンジリーグIV.LEAGUE Division2
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
チャレンジリーグII
  • 準優勝 3回(2015/16, 2016/17, 2017/18シーズン)
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし

年度別成績[編集]

V・プレミアリーグ / V・チャレンジリーグ[編集]

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
チャレンジ 2008/09 9位 12チーム 9位 11 3 8 -
2009/10 6位 11チーム 6位 10 5 5 5 0 5
2010/11 9位 11チーム 9位 16 4 12 -
2011/12 8位 11チーム 7位 10 3 7 4 2 2
2012/13 9位 11チーム 9位 20 5 15 -
2013/14 7位 11チーム 7位 20 8 12 -
2014/15 9位 12チーム 9位 22 8 14 -
チャレンジII 2015/16 準優勝 7チーム 2位 18 16 2 -
2016/17 準優勝 8チーム 2位 21 18 3 -
2017/18 準優勝 10チーム 2位 18 14 4 -

V.LEAGUE[編集]

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
DIVISION2 2018-19 7位 9チーム 7位 24 8 16 -
2019-20 9位 12チーム 9位 20 6 14 -
2020-21 13チーム -

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2020-21シーズン[6][7]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 岡本侑 OKAMOTO 日本の旗 日本 OH 主将
2 尾松航洋 OMATSU 日本の旗 日本 OH
3 長濱裕 NAGAHAMA 日本の旗 日本 L
4 今田善仁 IMADA 日本の旗 日本 S 監督兼任
5 大賀惠介 OOGA 日本の旗 日本 L
6 庄司練 SHOJI 日本の旗 日本 MB
7 田畑翔伍 TABATA 日本の旗 日本 OH
8 繁田康平 SHIO 日本の旗 日本 MB
9 内園徹 UCHIZONO 日本の旗 日本 L
10 福吉慎也 FUKUYOSHI 日本の旗 日本 OH/OP
11 毛利光生 MOURI 日本の旗 日本 S
12 新谷俊揮 SHINTANI 日本の旗 日本 OH
13 平田英貴 HIRATA 日本の旗 日本 MB
14 谷川結人 TANIKAWA 日本の旗 日本 OH 新人[8]
15 古川一輝 FURUKAWA 日本の旗 日本 MB 新人[8]
16 山本寛生 YAMAMOTO 日本の旗 日本 OH
17 和治裕太 WAJI 日本の旗 日本 OP/MB
18 三木裕人 MIKI 日本の旗 日本 OH 新人[8]
19 黒木隆生 KUROKI 日本の旗 日本 MB
20 山本慎人 YAMAMOTO 日本の旗 日本 S
21 小林空 KUROKI 日本の旗 日本 OH/OP
22 松浦孝平 MATSUURA 日本の旗 日本 L 新人[8]
23 福井裕貴 FUKUI 日本の旗 日本 MB 新人[8]

スタッフ[編集]

2020-21シーズン[6][7]

役職 名前 国籍
部長 上坂隆勇 日本の旗 日本
副部長 谷本孝司 日本の旗 日本
副部長 宮崎彰 日本の旗 日本
総務 木村朋浩 日本の旗 日本
選手兼監督 今田善仁 日本の旗 日本
コーチ 藤島謙裕 日本の旗 日本
コーチ 山原健太 日本の旗 日本
トレーナー 佐々木将之 日本の旗 日本
広報 引田康介 日本の旗 日本

チームマスコット[編集]

チームマスコットはウサギをモチーフとした「ブリッツくん」で、2020年3月27日に制定が発表された[3][4]

コンセプトは「愛らしさ」と「強さ」で、チームロゴマークにも登場している。耳が電撃模様で、素早く高い運動能力を持っている。それに加え、誰からも好かれるような愛らしさも持っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c きんでんトリニティーブリッツ”. Vリーグ. 2019年11月20日閲覧。チームの歴史。
  2. ^ a b きんでんトリニティーブリッツ”. Vリーグ. 2019年11月20日閲覧。チーム概要。
  3. ^ a b “チームマスコットを制定しました!” (プレスリリース), きんでんトリニティーブリッツ, (2020年3月27日), https://www.kinden-trinityblitzs.club/posts/7980709 2020年7月11日閲覧。 
  4. ^ a b ブイリーの部屋。”. Vリーグ機構. 2020年7月11日閲覧。
  5. ^ きんでんトリニティーブリッツに決定”. Vリーグ (2009年9月15日). 2019年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月26日閲覧。
  6. ^ a b 選手・スタッフ”. きんでんトリニティーブリッツ. 2020年7月11日閲覧。
  7. ^ a b きんでんトリニティーブリッツ”. Vリーグ. 2020年7月11日閲覧。
  8. ^ a b c d e “2020年新入部員について” (プレスリリース), きんでんトリニティーブリッツ, (2020年6月26日), https://www.kinden-trinityblitzs.club/posts/8618825 2020年7月11日閲覧。 

関連項目[編集]