けいおん! ライブイベント 〜レッツゴー!〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
けいおん! ライブイベント
〜レッツゴー!〜
K-ON! Live Event 〜Let's Go!〜
会場となった横浜アリーナ(神奈川県横浜市港北区)
会場となった横浜アリーナ
神奈川県横浜市港北区
イベントの種類 音楽系イベント
開催時期 2009年12月30日
会場 横浜アリーナ
主催 桜高軽音部
協力 TBS
ポニーキャニオン
京都アニメーション
ムービック
芳文社
運営 土田英貴(キョードー横浜
プロデューサー 中山佳久
中村伸一
太布尚弘
八田陽子
来場者数 1万3000人[1]
最寄駅 新横浜駅
駐車場 無(近隣の駐車場を利用)
公式サイト
けいおん! ライブイベント
〜レッツゴー!〜
けいおん!ライブ・ビデオ
リリース
録音 2009年12月30日
日本の旗 日本
横浜アリーナ
ジャンル J-POP
アニメソング
キャラクターソング
時間
レーベル ポニーキャニオン
チャート最高順位
  • 総合DVDチャートオリコン
    • 週間4位(オリコン)
    • デイリー4位(オリコン)
  • 音楽DVDチャート(オリコン)
    • 週間4位(オリコン)
    • デイリー4位(オリコン)
  • 総合BDチャート(オリコン)
    • 1位(オリコン)
けいおん! 年表
- けいおん! ライブイベント 〜レッツゴー!〜
(2010年)
けいおん!! ライブイベント 〜Come with Me!!〜
(2011年)
テンプレートを表示
『けいおん! ライブイベント
〜レッツゴー!〜』LIVE CD!
けいおん!ライブ・アルバム
リリース
録音 2009年12月30日
日本の旗 日本
横浜アリーナ
ジャンル J-POP
アニメソング
キャラクターソング
レーベル ポニーキャニオン
チャート最高順位
けいおん! 年表
- 『けいおん! ライブイベント 〜レッツゴー!〜』LIVE CD!
(2011年)
『けいおん!! ライブイベント 〜Come with Me!!〜』LIVE CD!
(2011年)
テンプレートを表示

けいおん! ライブイベント 〜レッツゴー!〜』は、テレビアニメけいおん!』のライブイベント、およびそれを収録したライブBlu-ray DiscDVDCD

概要[編集]

イベント概要[編集]

2009年12月30日横浜アリーナで行われたライブイベント。

2009年8月22日に開催された『TBSアニメフェスタ2009』および番組公式サイトにて、2009年12月を目処に作品単独ライブを開催すると発表、同年10月下旬に公式サイトで日時と開催場所が正式発表された。

『けいおん!』の主要担当声優8人と、同作の楽曲制作に関わったミュージシャンによるバックバンドが出演し、主題歌・挿入歌・けいおん!のキャラクターソングなどのライブステージの他、コール&レスポンスや朗読劇などのミニコーナーで構成された。また、楽曲のうち「わたしの恋はホッチキス」と「ふわふわ時間」の2曲は、「放課後ティータイム」のメンバー5人による演奏が披露された。

アンコールではアニメ第2期制作決定が発表された。

ライブ・ビデオ概要[編集]

上記イベントを収めたBlu-ray Disc、DVDが2010年6月30日に桜高軽音部(販売元はポニーキャニオン)から発売されており、本編のほか、映像特典としてバックステージ映像が15分収録されている。

Blu-ray盤はその大容量を活かして、5.1chサラウンド/2.0chステレオの両音声トラックを48kHz/24bitサンプリングで収録している。故にビットレート5.1chサラウンド音声が6.9Mbps、2.0chステレオ音声が2.3Mbpsで固定されている。音声フォーマットは非圧縮のリニアPCMである。

2010年7月12日付のオリコン・Blu-ray Disc週間チャートにて安室奈美恵が『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』で記録した21,000枚を塗り替える22,000枚を売上げ、初登場1位を獲得した[2]

ライブ・アルバム概要[編集]

上記イベントを収めたライブ盤CDが『けいおん! ライブイベント〜レッツゴー!〜』LIVE CD!として2011年11月16日にポニーキャニオンより発売された。16曲を収録した2枚組構成で、初回限定版にはB6変版サイズに縮小したライブパンフレットを同梱し、デジパック仕様となっている。ライブ音源を楽しむため、楽曲を中心とした構成となっており、トークや朗読劇などのパートは収録されていない。同日には二回目のライブイベントになる『けいおん!! ライブイベント 〜Come with Me!!〜』LIVE CD!も発売された。

テレビ放送[編集]

2011年10月6日に、BSデジタル放送「BSスカパー!」およびCS放送「スカチャン5/5HD」にて『TBSチャンネル presents けいおん! ライブイベント 〜レッツゴー!〜』として放送された。テレビではこれが初放送となる。ライブ本編のほか、放課後ティータイムのメンバーのスペシャルコメントなども放送された。なおBSスカパー!は有料放送だが、開局記念の無料放送期間に放送されたため、無料で視聴でき、スカチャンでもチャンネルプロモーション番組としての放送のため、スカパー!契約者は無料で視聴可能だった[3][4]

出演者[編集]

バックバンド[編集]

  • 小森茂生(キーボード)
  • 内田敏夫(ギター)
  • Tom-H@ck(ギター)
  • 田辺トシノ(ベース)
  • 一ノ瀬久(ドラムス)
  • 大井雅之(マニピュレーター)
  • 屍忌蛇(ゲストギター)

収録内容[編集]

以下ライブビデオ・アルバム両併記しているが、媒体によってチャプター分けが異なるほか、ライブアルバムではトーク部分を割愛しているなどの差異がある。

DVD/BDチャプター CD曲順 チャプター名/曲名 歌手
本編
1 DISC01-01 オープニング
2 DISC01-02 Cagayake!GIRLS 放課後ティータイム
3 Talk 「ごあいさつ」
DISC01-03 Introduction〔Guiter〕
4 DISC01-04 ギー太に首ったけ 平沢唯(豊崎愛生)
DISC01-05 Introduction〔Bass〕
5 DISC01-06 Heart Goes Boom!! 秋山澪(日笠陽子)
DISC01-07 Introduction〔Drums〕
6 DISC01-08 Girly Storm 疾走 Stick 田井中律(佐藤聡美)
DISC01-09 Introduction〔Keyboard〕
7 DISC01-10 Dear My Keys 〜鍵盤の魔法〜 琴吹紬(寿美菜子)
DISC01-11 Introduction〔Guiter〕
8 DISC01-12 じゃじゃ馬Way To Go 中野梓(竹達彩奈)
DISC01-13 DEATH DEVIL登場
9 DISC01-14 Maddy Candy DEATH DEVIL(山中さわ子(真田アサミ))
10 コール&レスポンスコーナー
11 DISC01-15 Lovely Sister LOVE 平沢憂(米澤円)
12 DISC01-16 Coolly Hotty Tension Hi!! 真鍋和(藤東知夏)
13 朗読劇「ある日の軽音部」
DISC02-01 MC「準備できた?」
14 DISC02-02 カレーのちライス 放課後ティータイム
15 DISC02-03 ふでペン 〜ボールペン〜 放課後ティータイム
16 DISC02-04 わたしの恋はホッチキス(出演者生演奏版) 放課後ティータイム
17 DISC02-05 ふわふわ時間(出演者生演奏版) 放課後ティータイム
18 DISC02-06 Don't say "lazy"(Encore) 放課後ティータイム
19 DISC02-07 Cagayake!GIRLS(Encore) 放課後ティータイム
20 DISC02-08 『レッツゴー』(Encore) 担当声優8人全員
映像特典
1 バックステージ映像

脚注[編集]