けいゆう病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg けいゆう病院
けいゆう病院
情報
正式名称 一般財団法人神奈川県警友会 けいゆう病院
英語名称 Keiyu Hospital
前身 警友病院(けいゆうが漢字表記)
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、気管食道科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、麻酔科
許可病床数

410床


一般病床:410床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 一般財団法人神奈川県警友会
管理者 永田博司(病院長)
開設年月日 1934年5月2日
所在地
220-8521
位置 北緯35度27分33.7秒
東経139度37分59.8秒
二次医療圏 横浜西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
当院の建物を北西側より撮影

けいゆう病院(けいゆうびょういん)は、神奈川県横浜市西区みなとみらいにある民間病院である。一般財団法人神奈川県警友会が運営する。臨床研修指定病院地域医療支援病院となっている。

歴史・概要[編集]

1933年昭和8年)2月、県下警察・消防署長会議において警察病院の設立が決定され、その経営のために財団法人「神奈川県警友会」(神奈川県警職員で構成)が組織された。1934年(昭和9年)5月2日、横浜市中区山下町[1]に「警友病院」が開院した。建設資金は、警察官消防官からの拠出金篤志家からの寄付、天皇皇后並びに各皇族からの下賜金であった。

職域病院としてだけでなく、地域の基幹病院として神奈川県民に広く医療を提供していたが、施設の老朽化・狭隘化により、神奈川県および横浜市の支援を得て1996年平成8年)1月8日みなとみらい地区(32街区の北区画)に新築移転した(建物は地上13階、地下3階)。その際、名称表記を「けいゆう病院」に変更している。なお、かつての建物の旧館(旧露亜銀行横浜支店、現在の結婚式場ラ・バンク・ド・ロア)は関東大震災において周辺で唯一残った建物であった。

みなとみらい地区への移転は神奈川県の働きかけにより実現しているが、病院の経営が当時厳しかったことなどから県が敷地を無償貸与していたことが同県の包括外部監査によって2015年1月に判明した。しかし、1999年度に黒字化して以降は経営が順調に推移していることから、監査人は他病院との公平性に欠けると指摘し県に賃貸料(2012年度の県基準では年額約1億7844万4050円)を請求することを求めており、一方の敷地管理を所管する県警施設課では2015年度より有償貸し付けの方向で検討しているという[2]

診療科[編集]

以下の診療科を有している。

医療機関の指定等[編集]

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 地域医療支援病院
  • 災害拠点病院
  • 臨床研修指定病院

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の神奈川芸術劇場・NHK横浜放送局(旧 神奈川県警察本部分庁舎)の西隣の区画。
  2. ^ けいゆう病院敷地 無償貸与[リンク切れ](読売新聞 2015年1月17日/ウェブ魚拓キャッシュ