けんちょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

けんちょう(「けんちょう煮[1]けんちょう炊き」とも)は山口県郷土料理の一つである精進料理

概要[編集]

薄切り(銀杏切りが多い[2][3][4]が、短冊切りの場合もある[1])の大根および人参と、崩した豆腐を油で一緒に炒め、醤油みりん日本酒砂糖などで味付けして汁気がなくなるまで煮含めたもの[2][3]

大根・人参と豆腐が基本の具材だが、具に油揚げさといもこんにゃくこぼうなどを入れたりすることも多い。また、干しシイタケなどだしの出るものを入れたり、味付けにだし汁(またはだしの素)を加えることも少なくない[1]鶏肉が加わること[3]や、味噌仕立ての味付けとする地域もある。

山口県のほぼ全域で食されている(逆に山口県外で目にする機会は少ないが、愛媛県にはけんちゃという類似料理がある)が、料理店等で供されることは少なく、大根が大量に出回る冬場の家庭料理の一つとされる。できあがり直後よりも、できあがってしばらくしたもの(一晩おいたものなど)を温め直したものの方が大根と豆腐に味がなじんで美味とされ[5]、当地では季節になると大量に作って惣菜の一つとして食卓に上る機会も多い。

けんちょう汁[編集]

けんちょうを汁気の多いまま仕上げて「けんちょう汁」として食す地域もある。全国的に知られている、けんちん汁とは具材も料理名の語感も類似しているが、両者の関連は不明(けんちん汁は神奈川県鎌倉が発祥とされている)。

山口けんちょうマン[編集]

山口けんちょうマンは2009年に山口市物産事業者連絡協議会が公募した山口市の特産品アイデアをもとに創作された料理で、けんちょうを小麦粉と米粉で作られた皮で包んだ料理[5]。山口市内の道の駅で販売されているほか、山口市内の学校給食のメニューとして上ることもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山田玲子 (2011年12月2日). “再見発見美味ニッポン - けんちょう煮”. eJapion.com. TREND POT NY. 2014年8月12日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b 山口県の郷土料理 基本の、けんちょう”. う・ふ・ふ♪なレシピ. 山口放送 (2012年12月7日). 2014年8月12日閲覧。
  3. ^ a b c 給食レシピ紹介 - けんちょう”. 宇部市. 2014年8月12日閲覧。
  4. ^ けんちょう”. レシピ大百科. 味の素. 2014年8月12日閲覧。
  5. ^ a b 山口の郷土料理「けんちょう」から生まれた山口の特産品「山口けんちょうマン」”. 山口市交流産業企画室. 2014年8月12日閲覧。[リンク切れ]