けんぶち絵本の里大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

けんぶち絵本の里大賞(けんぶちえほんのさとたいしょう)は、北海道上川郡剣淵町にある「剣淵町絵本の館」の来館者が、応募された絵本の中から、好きな作品を選ぶ文学賞である。最多得票数のものを『けんぶち絵本の里大賞』とし、他に『びばからす賞』、過去に受賞歴のない作家が対象の『アルパカ賞』がある。前年4月1日~当年3月31日に出版された絵本を対象とする。1991年創設。

歴代受賞作[編集]

大賞[編集]

びばからす賞[編集]

  • 第01回(1991年) - 「わにくんとかわいい木」(文・絵/みやざきひろかず)、「おやすみなさいサンタクロース」(絵/小沢摩純、文/舟崎克彦)、「おばあさんのメリークリスマス」(絵/つちだよしはる、文/もりやまみやこ)、「いろいろおばけ」(文・絵/木村裕一
  • 第02回(1992年) - 「となりのせきのますだくん 」(文・絵/武田美穂)、「さる・るるるonemore」(文・絵/五味太郎)、「ワニくんのながーいよる」(文・絵/みやざきひろかず)、「雪わたり」(絵/方緒良、文/宮沢賢治
  • 第03回(1993年) - 「ひとくちぱくり」(文・絵/木曽秀夫)、「犬の生活」(文・絵/津田直美)、「ワニくんのえにっき」(文・絵/みやざきひろかず)、「ゆきのふるよる」(絵/ニツク・バドワース、文/はやしまみ)
  • 第04回(1994年) - 「うさぎのぴこぴこ」(絵/いもとようこ、文/山崎陽子)、「おかあさんがおかあさんになった日」(文・絵/長野ヒデ子)、「ひゃくえんだま」(絵/荒井良二、文/ねじめ正一)、「空とぶクジラ」(文・絵/大垣友紀恵)
  • 第05回(1995年) - 「ちゅ」(文・絵/福田直)、「うんこ」(文・絵/みやにしたつや)、「14ひきのこもりうた」(文・絵/いわむらかずお)、「ゆきの日のさがしもの」(絵/薫くみこ、文/さとうゆうこ)
  • 第06回(1996年) - 「おばあちゃんのしまで」(文・写真/ふりやかよこ)、「ナヌークの贈りもの」(文・写真/星野道夫)、「まっ黒なおべんとう」(絵/長澤靖、文/児玉辰春)
  • 第07回(1997年) - 「おとうさんはウルトラマン」(文・絵/みやにしたつや)、「きょうりゅうだぁ!!」(文・絵/きむらゆういち)、「たぬきのちょうちん」(絵/いもとようこ、文/浜田廣介
  • 第08回(1998年) - 「海の宝物」(絵/クリスチャン・ラッセン、訳/小梨直)、「森が海をつくる」(絵/葉祥明、英訳/リッキー・ニノミヤ)、「きつねのきんた」(絵/いもとようこ、文/かこさとし
  • 第09回(1999年) - 「あなたが生まれるまで」(絵/ローラ・コーネル、作/ジェニファー・ディビス、訳/槙朝子)、「星空のシロ」(絵/葉祥明、文/井上夕香)、「くもくん」(文・絵/いとうひろし
  • 第10回(2000年) - 「でこちゃん」(作・絵/つちだのぶこ)、「とんとんとんのこもりうた」(作・絵/いもとようこ)、「にじいろのさかなとおおくじら」(作/マーカス・フィスター、訳/谷川俊太郎
  • 第11回(2001年) - 「おにいちゃんだから」(作・絵/福田岩緒)、「キミに会いにきたよ」(著/田村みえ)、「さよなら エルマおばあさん」(写真・文/大塚敦子
  • 第12回(2002年) - 「けんかのきもち」(文/柴田愛子、絵/伊藤秀男)、「えがおのむこうで」(著/田村みえ)、「かつくん」(文/クリスチャン・メルベイユ、絵/ジョス・ゴフィン、訳/乙武洋匡
  • 第13回(2003年) - 「まる」(文・絵/上野修一)、「歯がぬけた」(絵/大島妙子、作/中川ひろたか)、「キミといっしょ」(著/田村みえ)
  • 第14回(2004年) - 「げんきですか?」(著/田村みえ)、「三本足のロッキー」(作/どうまえあやこ、絵/いしぐろのりこ)、「あしたも晴れるよ」(著/田村みえ)、「パパはウルトラセブン・みんなのおうち」(文・絵/みやにしたつや)、「Mister O」(作/ルイス・トロンダイム
  • 第15回(2005年) - 「ねこがさかなをすきになったわけ」(さく・え/ひだのかな代)、「うちにあかちゃんがうまれるの」(文/いとうえみこ、写真/伊藤泰寛)、「つきのよるに」(作・絵/いもとようこ
  • 第16回(2006年) - 「おじいちゃんのごくらくごくらく」(絵/長谷川義史、作/西本鶏介)、「北海道わくわく地図えほん」(文・絵/堀川真)、「いのちのいろえんぴつ」(詩・絵/豊島加純、絵/マイケル・グレイニエツ、文/こやま峰子
  • 第17回(2007年) - 「いいからいいから」(文・絵/長谷川義史)、「りんご りんごろ りんごろりん」(著/ひだのかな代)、「つきよのさんぽ」(作/安江リエ、絵/池谷陽子)
  • 第18回(2008年) - 「いつも いっしょに」(作/こんのひとみ、絵/いもとようこ)、「いいからいいから2」(作/長谷川義史)、「ぼくがラーメンたべてるとき」(作/長谷川義史
  • 第19回(2009年) - 「エゾオオカミ物語」(作/あべ弘士)、「あいしてくれてありがとう」(作・絵/宮西達也)、「てんごくのおとうちゃん」(作/長谷川義史
  • 第20回(2010年) - 「もったいないばあさんのいただきます」(作・絵/真珠まりこ)、「うんこ!」(文/サトシン、絵/西村敏雄)、「くろくんとなぞのおばけ」(作・絵/なかやみわ
  • 第21回(2011年) - 「いいからいいから4」(作/長谷川義史)、「いのちのいれもの」(文/小菅正夫、絵/堀川真)、「じごくのラーメンや」(文/苅田澄子、絵/西村繁男)、「小さないのち まほうをかけられた犬たち」(文/今西乃子、写真/浜田一男
  • 第22回(2012年) - 「まわるおすし」(作/長谷川義史)、「うまれてきてくれてありがとう」(文/にしもとよう、絵/黒井健)、「ようちえん いやや」(作/長谷川義史
  • 第23回(2013年) - 「おかあちゃんがつくったる」(作/長谷川義史)、「メガネをかけたら」(文/くすのきしげのり、絵/たるいしまこ)、「うちは精肉店」(著・写真/本橋成一
  • 第24回(2014年) - 「きみがおしえてくれた。」(文/今西乃子、絵/加納果林)、「おかあさん だいすきだよ」(文・絵/みやにしたつや)、「ぼくは海になった」(作・絵/うさ)
  • 第25回(2015年) - 「へいわってすてきだね」(詩/安里有生、画/長谷川義史)、「トラネコとクロネコ」(作・絵/宮西達也)、「しんでくれた」(詩/谷川俊太郎、画/塚本やすし
  • 第26回(2016年) - 「もりのやきゅうちーむふぁいたーず」(作/北海道日本ハムファイターズ選手会、画/堀川真)、「はなちゃんのみそ汁」(文・絵/魚戸おさむ、原作/安武信吾、安武千恵、安武はな)、「ママがおばけになっちゃった!」(作/のぶみ
  • 第27回(2017年) - 「ネコヅメのよる」(作/町田尚子)、「なつみはなんにでもなれる」(作・絵/ヨシタケシンスケ)、「うまれるまえのおはなし」(文・絵/ひだのかな代)、「さきちゃんのくつ」(作/そうまこうへい、絵/まるやまあやこ)
  • 第28回(2018年) - 「こねて のばして」(作/ヨシタケシンスケ)、「あいたくて あいたくて」(作・絵/宮西達也)、「あま~いしろくま」(作・絵/柴田ケイコ)
  • 第29回(2019年) - 「おしりたんてい ププッ ゆきやまの しろい かいぶつ!?」(作・絵/トロル)、「ぼくはなきました」(作/くすのきしげのり、画/石井聖岳)、「みえるとか みえないとか」(さく/ヨシタケシンスケ、そうだん/伊藤亜紗

アルパカ賞(特別賞)[編集]

  • 第21回(2011年) - 「ばあちゃんのおなか」(文/かさいまり、絵/よしながこうたく
  • 第22回(2012年) - 「ぼく、仮面ライダーになる!フォーゼ編」(作/のぶみ
  • 第23回(2013年) - 「さわるめいろ」(著/村山純子)
  • 第24回(2014年) - 「おっぱいちゃん」(作・絵/有田奈央
  • 第25回(2015年) - 「ふしぎなにじ」(作/わたなべちなつ)
  • 第26回(2016年) - 「おばあさんのしんぶん」(文・絵/松本春野、原作/岩國哲人
  • 第27回(2017年) - 「おいしそうなしろくま」(作・絵/柴田ケイコ)
  • 第28回(2018年) - 「いちにちじごく」(さく/ふくべあきひろ、え/かわしまななえ
  • 第29回(2019年) - 「ぼくのばしょなのに」(著/刀根里衣)

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞2016年10月7日北海道朝刊『けんぶち絵本の里大賞「もうぬげない」』
  2. ^ 北海道新聞2018年10月1日『けんぶち絵本の里大賞に「くろくんとちいさいしろくん」』