げろバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

げろバスは、岐阜県下呂市で運行しているコミュニティバスである。現下呂市への合併以前は、旧下呂町の下呂町営バス(自主運行バス)、旧萩原町のコミュニティバス、旧金山町のコミュニティバスがそれぞれ運営されていた。2004年3月1日にいわゆる平成の大合併で新下呂市が誕生した際、各路線は下呂市に引き継がれたが路線や料金体系はそのまま維持され個別に運営されていた。2008年4月1日に路線の見直しと料金体系の統一化が図られ、げろバスとして再編された[1]2015年4月1日より濃飛バス馬瀬線として運行していた路線バスが廃止され、げろバス馬瀬として再編、追加された。現在は通常のコミュニティバスとしてげろバス萩原、げろバス下呂、げろバス金山、げろバス馬瀬の4路線が設定されている。また、交通空白地帯の解消を目的として、予約制で予約のある場合のみ運行するデマンドバスとして、げろバスデマンド下呂、げろバスデマンド金山の2路線が設定されている。運行事業者は濃飛乗合自動車である。各路線の運行ルートや時刻表は外部リンクを参照。

沿革[編集]

コミュニティバス路線[編集]

コミュニティバス路線として以下の4路線が設定されており、毎日運行されている。運営には岐阜県から補助を受けており、料金は区間距離に応じて設定され各路線で共通(ただし、特例として身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳の保持者は半額、小学生以下は半額、1歳未満は1人まで無料)[2]

げろバス萩原[編集]

JR高山線飛騨萩原駅前を起点に主に旧萩原町内を運行している。下記の2系統が運行しており、一部の便で南北直通便がある。

  • 川西北線 萩原駅前-四美辻(-南飛騨健康増進センター-嫁谷橋-四美辻)-上之田

(四美辻と南飛騨健康増進センター、嫁谷橋間は折り返し区間で、一部の便のみ運行)

  • 川西南線 萩原駅前-下呂駅前(-下呂温泉病院)

(下呂温泉病院行きは一部の便のみ運行)

げろバス下呂[編集]

少ヶ野もしくはJR高山線下呂駅前を起点に旧下呂町内を運行している。下記の3系統が運行している。

  • 上原線 少ヶ野-船渡-下呂駅前(-下呂温泉病院-下呂駅前)-門和佐-芋沢上-川渡

(下呂駅と下呂温泉病院は折り返し区間で、一部の上り便のみ運行)

  • 中原線 少ヶ野-船渡-下呂駅前(-下呂温泉病院-下呂駅前)-井之口-二の樽

(下呂駅と下呂温泉病院は折り返し区間で、一部の上り便のみ運行)

  • (循環線) 上原線と中原線を周回(-川渡-二の樽-)間で接続

げろバス金山[編集]

JR高山線飛騨金山駅を起点に主に旧金山町内を運行している。下記の2系統が運行している。東線はげろバスで唯一郡上市内まで乗り入れている越境路線である。

  • 菅田線 飛騨金山駅(-金山病院)-昭和町-八幡神社前-笹洞口-上袋坂

(金山病院経由は一部の便のみ運行)

  • 東線 飛騨金山駅-金山病院-祖師野上-乙原-浅谷-方須下-和良病院前

(方須下-和良病院前間は郡上市内)

げろバス馬瀬[編集]

馬瀬振興事務所を起点に主に旧馬瀬村内を運行している。下記の1系統が運行している。

  • 馬瀬線 川上-馬瀬振興事務所(-萩原駅前-下呂駅前-萩原駅前)-美輝の里

(基本路線は馬瀬振興事務所を中心に南北に運行しているが、一部は下呂駅方面に折り返し運行)

デマンドバス路線[編集]

デマンド路線として以下の2路線が設定されており、平日の予約があった日のみ予約時間に合わせて運行されている(土日祝日は運休)。料金は1回乗車毎に均一料金510円(小学生以下は100円)。購入日から1年間有効で乗り放題の利用券が6,000円で購入できるが、65歳以上、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の保持者、または自家用自動車等の運転が困難で自らの移動手段が無い市民に限られる。[2]

げろバス・デマンド金山[編集]

主に旧金山町内を運行している。下記の2系統が運行している。

  • 北まわり (東・下原地区)
  • 南まわり (菅田・田島地区)

げろバス・デマンド下呂[編集]

主に旧下呂町内を運行している。下記の3系統が運行している。

  • 久野川まわり (下呂地区-焼石・久野川地区)
  • 蛇之尾まわり (下呂地区-田口・蛇之尾地区)
  • 中原-金山まわり (焼石・久野川地区-金山地区)

脚注[編集]

関連項目[編集]