ここは退屈迎えに来て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ここは退屈迎えに来て
作者 山内マリコ
日本の旗 日本
言語 日本語
刊行 2012年8月24日幻冬舎
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ここは退屈迎えに来て』(ここはたいくつむかえにきて)は山内マリコによる小説。R-18文学賞読者賞受賞作「十六歳はセックスの齢」を含む連作小説集。2012年幻冬舎より刊行された。2018年に映画化。

あらすじ[編集]

書誌情報[編集]

映画[編集]

ここは退屈迎えに来て
監督 廣木隆一
脚本 櫻井智也
原作 山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」
製作 宇田川寧
田口雄介
杉山剛
製作総指揮 金吉唯彦
出演者 橋本愛
門脇麦
成田凌
マキタスポーツ
村上淳
音楽 フジファブリック
主題歌 フジファブリック「Water Lily Flower」
撮影 水口智之
編集 野本稔
制作会社 ダブ
製作会社 「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
配給 KADOKAWA
公開 2018年10月19日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2200万円[1]
テンプレートを表示

2018年10月19日公開[2]。監督は廣木隆一。主演は橋本愛。共演は門脇麦成田凌

ストーリー[編集]

10年東京で過ごし、なんとなく地元に帰ってきた「私」。ぱっとしない日々の中で高校時代の友人に再会し、当時あこがれていた「椎名くん」に会いに行くことにー。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 廣木隆一
  • 原作 - 山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」(幻冬舎文庫
  • 脚本 - 櫻井智也
  • 音楽 - フジファブリック
  • 主題歌 - フジファブリック「Water Lily Flower」(Sony Music Associated Records
  • 製作 - 斉藤剛、高橋章、瀬井哲也、佐野真之、宮前泰志、板倉均、佐竹一美
  • エグゼクティブプロデューサー - 金吉唯彦
  • プロデューサー - 宇田川寧、田口雄介、杉山剛
  • アソシエイト・プロデューサー - 小林亜里、長井龍
  • 音楽プロデューサー - 安井輝
  • 撮影 - 水口智之
  • 照明 - 北岡孝文
  • 録音 - 深田晃
  • 美術 - 丸尾知行
  • 装飾 - 吉村昌悟
  • 編集 - 野本稔
  • 衣装 - 田中亜由美
  • ヘアメイク - 永江三千子、酒井夢月
  • 特殊車両 - 佐藤秀美
  • 視覚効果 - 松本肇
  • 音響効果 - 渋谷圭介
  • スクリプター - 大西暁子
  • キャスティング - 細川久美子
  • 助監督 - 中里洋一
  • 制作担当 - 村山亜希子
  • 配給 - KADOKAWA
  • 制作プロダクション - ダブ
  • 製作幹事 - ソニー・ミュージックアーティスツ
  • 製作 - 「ここは退屈迎えに来て」製作委員会(ソニー・ミュージックアーティスツ、バップアスミック・エース、カラーバード、北日本新聞社、ダブ)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.53
  2. ^ “橋本愛主演「ここは退屈迎えに来て」10月19日公開! 渡辺大知、岸井ゆきのらが参戦”. 映画.com. (2018年6月26日). https://eiga.com/news/20180626/1/ 2018年6月26日閲覧。