こどもしょくどう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こどもしょくどう
監督 日向寺太郎
脚本 足立紳
山口智之
出演者 藤本哉汰
鈴木梨央
浅川蓮
田中千空
古川凛
降谷建志
石田ひかり
常盤貴子
吉岡秀隆
音楽 Castle in the Air[注 1][1]
撮影 鈴木達夫
編集 川島章正
製作会社 パル企画
コピーライツファクトリー
バップ
配給 パル企画
公開 2019年3月23日予定
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

こどもしょくどう』は、2019年3月23日に公開された日本映画[2][3]。監督は日向寺太郎、主演は藤本哉汰鈴木梨央[2]子ども食堂を舞台に、様々な家庭の事情を持つ子どもたちによる交流を描く。

制作費用の一部として、クラウドファンディングによる追加予算の調達を実施している[1]。期日までに目標金額を達成した場合、集まった資金は音楽制作費やサウンドトラックCDの製造費に充てられる[1]

あらすじ[編集]

小学5年生の高野ユウトは、妹のミサと食堂を営む両親の4人で暮らしていた。ユウトの幼馴染である大山タカシは、母子家庭を理由に同級生からいじめを受けていた。タカシの母は、僅かな生活費を残してほとんど家を空けており、育児放棄状態であった。ユウトの両親はタカシを心配して、食堂でタカシを賄っていた。

そんな中、ユウトとタカシは、河原で父親と共に車上生活を送る木下ミチルと妹のヒカルに出会う。姉妹の生活環境を見かねたユウトは、姉妹を連れて両親の元へ行き、2人の分の食事も提供するようになった。しかし数日後、共に車上生活を送っていたミチルの父が、姉妹を残して突然姿を消してしまい、程なくして生活の場であった自動車も壊されていたのであった。

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 谷川公子と渡辺香津美のユニット

出典[編集]

関連項目[編集]