こどもじゃないから!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

こどもじゃないから!』は、瀬田ハルヒによる日本漫画作品。『なかよし』(講談社)にて、2008年10月号から2009年5月号まで連載されたほか、番外編『15〜恋するフェルナンド〜』が『なかよしラブリー』2009年初夏の号に掲載された。単行本は、同社の講談社コミックスなかよしから全2巻が刊行されている。

あらすじ[編集]

小学校5年生の鈴名乙姫は、東京のど真ん中にあるお寺「講談寺」の娘。彼女が通う「千北小学校(ちぎたしょうがっこう)」は少子化などの影響で全校生徒数120人、しかも5年生は1クラス17人しかいない。だが個性の際立った子が多いため、クラスはとても賑やか。ある日の朝、お寺の床下に人気アイドルの桐谷優河が潜んでおり、さらに転校生として千北小学校にやって来る。ところがひねくれた性格の優河は乙姫と衝突して……。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

鈴名乙姫(すずな おとひめ)
家がお寺の小学5年生。正義感が強い性格のため、ひねくれ者の桐谷優河(後述)とよく対立するが、紆余曲折を経たのちにカップルとなった。
桐谷優河(きりや ゆうが)
有名人の両親を持ち、日本のみならず国外でも活躍する2世タレント。小学5年生。かなりひねくれた性格で、よく乙姫と対立するが、紆余曲折を経たのちにカップルとなった。

クラスメイト・先生[編集]

大和川氷見(やまとがわ ひみ)
乙姫のクラスメイトで親友。ファッション雑誌『ニコ・ティーン』の人気読者モデル。クールで大人びた性格。同じクラスのフェルナンド・サンチェス(後述)にいつも冷たく当たるが、実は彼が初恋の相手である。
フェルナンド・サンチェス
乙姫のクラスメイト。スペイン出身。情熱家で、乙姫に一方的な想いを寄せているが、当人からはあくまでも友達としか認識されていない。
木森先生(きもりせんせい)
乙姫のクラスの担任で56歳。口うるさい教師で、乙姫たちに手を焼いている。生徒たちからは「キモセン」と呼ばれる。
左近先生(さこんせんせい)
乙姫のクラスの副担任。少し頼りない感じ。乙姫たちに手を焼いている。
井ノ口(いのくち)
乙姫のクラスメイト。存在感に欠けるが、乙姫たちから嫌われているわけではない。絵の上手さを自分の存在価値としている。

その他[編集]

乙姫の父
講談寺の住職。陽気でギター好き。昔、優河の父親の後ろでピンチヒッターとしてギターを弾いていた。
乙姫の母(故人)
乙姫が6歳の頃に死亡。娘思いの良い母親で、乙姫に「できないことを特訓するのはおとなになるための練習」と言い聞かせていた。
乙姫の継母
乙姫の父の再婚相手。鈴名舞姫(後述)の実母。当初、血の繋がりのない乙姫からひどい仕打ちを受けるがのちに和解。
鈴名舞姫(すずな まいひめ)
乙姫の妹。乙姫の実父と継母の間の娘だが、乙姫との姉妹仲は良好。
桐谷カヲル(きりや カヲル)
優河の父。かつて人気アイドルだったが不倫報道により離婚騒動に陥る。
美蘭(みらん)
優河の母。美人女優だが、桐谷カヲルの不倫報道により外国に雲隠れする。
若葉(わかば)
小学5年生の人気子役。優河とドラマで共演する。優河が見せる影の部分に関する事情を知っており、常に気にかけている。
エッフェル
優河が連れていた犬。のちに鈴名家に預けられ、乙姫が勝手にグリーンピースと名付ける。正式な名前は「アレクサンドル・ギスターブ・エッフェル・ド・パリ」。

書誌情報[編集]

瀬田ハルヒ 『こどもじゃないから!』 講談社講談社コミックスなかよし〉、全2巻

  1. 2009年2月6日発売[1]、ISBN 978-4-06-364212-4
  2. 2009年6月5日発売[1]、ISBN 978-4-06-364224-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 講談社コミックプラス Archived 2009年5月28日, at the Wayback Machine.より(2009年10月27日閲覧)