この世の果て、数多の終焉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この世の果て、数多の終焉
Les Confins du monde
監督 ギヨーム・ニクルー
脚本 ギヨーム・ニクルー
ジェローム・ボージュール
製作 シルヴィー・ピアラ
ブノア・カノン
製作総指揮 ブノワ・ジョベール
ニコラス・サイモン
出演者 ギャスパー・ウリエル
ジェラール・ドパルデュー
音楽 シャノン・ライト
撮影 ダヴィッド・ウンガロ
編集 ギイ・ルコルヌ
配給 日本の旗 キノフィルムズ
公開 フランスの旗 2018年12月5日
日本の旗 2020年8月15日[1]
上映時間 103分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
興行収入 フランスの旗 $245,034[2]
テンプレートを表示

この世の果て、数多の終焉』(このよのはて、あまたのしゅうえん、原題:Les Confins du monde)は、2018年制作のフランス戦争映画第二次世界大戦末期のフランス領インドシナを舞台に、傷ついた若きフランス人兵士を通して戦場の生々しい現実を描く[3]。R18+指定。

あらすじ[編集]

1945年3月、第二次世界大戦末期のフランス領インドシナ。フランス軍の青年兵士ロベールは、ベトナム解放軍の一斉攻撃で兄を殺害された。

復讐に燃えるロベールは、ジャングルでの過酷な戦いに身を投じる。ある日、彼はベトナム人の娼婦マイと出会い、たちまち惹かれていく。だが、理性を失ったロベールは軍規に背く危うい行動を繰り返すようになる。

キャスト[編集]

脚注[編集]