この胸のときめき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この胸のときめき
Return to Me
監督 ボニー・ハント
脚本 ボニー・ハント
ドン・レイク
原案 ボニー・ハント
ドン・レイク
アンドリュー・スターン
サマンサ・グッドマン
製作 ジェニー・ルー・トゥジェンド
製作総指揮 C・O・エリクソン
メラニー・グリーン
出演者 デイヴィッド・ドゥカヴニー
ミニー・ドライヴァー
音楽 ニコラス・パイク
撮影 ラズロ・コヴァックス
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 MGMUIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年4月7日
日本の旗 2000年9月30日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $24,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $32,722,798[2]
世界の旗 $36,609,995[2]
テンプレートを表示

この胸のときめき』(原題:Return to Me)は、2000年制作のアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画

女優のボニー・ハントの初監督作品で、ハントは脚本、原案、出演もしている。

あらすじ[編集]

建築家のボブの妻で動物行動学者のエリザベスは交通事故に遭い、脳死状態となり、彼女の心臓は臓器提供者を待つ患者のもとへ運ばれていった。

1年後、エリザベスを失った悲しみに暮れるばかりだったボブは、何気なく立ち寄った1軒のレストランでグレースという店の従業員をしている女性と知り合うが、ボブはグレースに不思議な親しさを感じ、やがて恋に落ちる。

実はあの時、エリザベスから心臓を移植されたのはグレースだったのだ。

キャスト[編集]

騒動[編集]

2003年制作の韓国のテレビドラマ『夏の香り』が本作の盗作ではないかと騒動になった。

脚注[編集]