この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

この音とまれ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この音とまれ!
ジャンル 少年漫画音楽学園
漫画
作者 アミュー
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 2012年9月号 -
発表期間 2012年8月4日[1] -
巻数 既刊20巻(2019年4月4日現在)
アニメ
原作 アミュー
監督 水野竜馬
シリーズ構成 久尾歩
脚本 久尾歩
キャラクターデザイン 山中純子
音楽 羽岡佳
アニメーション制作 プラチナビジョン
製作 この音とまれ!製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 第1クール:2019年4月 - 6月(予定)
第2クール:2019年10月 - 12月(予定)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画・アニメ

この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューによる日本少年漫画。作者の連載デビュー作であり[2]、『ジャンプスクエア』(集英社)において、2012年から連載中。

本作は、和楽器の1つ・をテーマとした学園漫画である[3]。作中には古典曲から本作オリジナルの曲まで多種多様な箏曲が登場しており[4]2017年には作中に登場する箏曲を収録したCDがリリースされ[5]文化庁芸術祭で優秀賞を受賞している[6]

あらすじ

本作の主人公・久遠愛は、ある年の春、神奈川県の県立高校・時瀬高校に進学し、箏曲部に入部する。当時、箏曲部の部員は部長の倉田武蔵1人しかおらず、箏曲部は廃部の危機に瀕していたが、愛に加え、箏の家元の娘・鳳月さとわや、愛の友人の足立実康・水原光太・堺通孝が入部したことで、部員不足による廃部の危機から脱する。しかし、愛のことを快く思わない教頭が箏曲部の廃部を目論んだため、部員たちは部の存続を懸けて、1か月後に全校生徒の前で演奏を披露することになる。

1か月後、演奏に臨んだ箏曲部の部員たちは、教頭から部の存続を勝ち取る。その後、武蔵の同級生・来栖妃呂を加えて計7名となった箏曲部は、関東地方の高校の箏曲部が出場する「関東邦楽祭」にエントリーする。時瀬高校箏曲部は入賞を逃すが、箏曲部の顧問・滝浪涼香は部員たちの演奏を認め、以後、積極的に部員を指導するようになる。

2学期に入り、外部指導者・堂島晶の指導もあり演奏技術の底上げに成功した箏曲部は、翌夏に開催される全国大会への出場を目指して神奈川県予選に臨む。そして、全国大会の常連校である姫坂女学院や、関東邦楽祭で姫坂女学院を破った珀音高校といったライバル校を破り、全国大会出場を決める。

翌年の春、新入生の由永侑と百谷名都の2人が入部し、時瀬高校箏曲部は計9名で全国大会に臨むことになる。

登場人物

声の項はテレビアニメ版における声優、演の項は舞台版における俳優をそれぞれ示す。

久遠 愛(くどお ちか)
声 - 内田雄馬[7] / 演 - 財木琢磨[8]
本作の主人公[9]。時瀬高校の男子生徒で、学年は1年(第1巻 - 第15巻)→2年(第16巻 - )。箏曲部の部員。
かつては札付きの不良少年だったが、中学3年生のときに箏職人の祖父・(声 - 金尾哲夫[7])に預けられ、彼との交流を通じて更生する。源の死別後は、父方の叔母・衣咲(声 - 水樹奈々[7])の家に居候している。口が悪く短気だが[10]、仲間思いな一面も持つ[11]
倉田 武蔵(くらた たけぞう)
声 - 榎木淳弥[7] / 演 - 古田一紀[8]
本作のもう1人の主人公[9]。時瀬高校の男子生徒で、学年は愛の1つ上。箏曲部の部長。
地味だが[12]、真面目で面倒見が良い[11]。妃呂とはクラスが同じで、当初は彼女に嫌悪感を抱いていたが、箏曲部やクラスでの交流を通じて次第に好意を抱くようになる。
鳳月 さとわ(ほうづき さとわ)
声 - 種﨑敦美[7] / 演 - 田中日奈子[8]
本作のヒロイン[9]。時瀬高校の女子生徒で、学年は愛と同じ。箏曲部の部員。
箏の家元・鳳月会の出身で、当代家元を母に持つ。箏の演奏に関して天賦の才を有するが[11]、中学生のときに母と仲違いし、破門される。高校入学後、神奈川県予選での演奏がきっかけで母と和解し、鳳月会の跡継ぎとなる。
足立 実康(あだち さねやす)
声 - 石谷春貴[7] / 演 - 塩田康平[13]
愛の中学時代からの友達。時瀬高校の男子生徒で、学年は愛と同じ。箏曲部の部員。
ギター経験者で[14]、リズム感が良い[15]
水原 光太(みずはら こうた)
声 - 井口祐一[7] / 演 - 上仁樹[13]
愛の中学時代からの友達。時瀬高校の男子生徒で、学年は愛と同じ。箏曲部の部員。
人懐っこく[10]、好感を抱いた人に抱きつく癖がある[16]。リズムを取ることが苦手[11]
堺 通孝(さかい みちたか)
声 - 古川慎[7] / 演 - 小島ことり[13]
愛の中学時代からの友達。時瀬高校の男子生徒で、学年は愛と同じ。箏曲部の部員。
作中では、実康、光太と合わせて「3バカ」と呼ばれる[11]。2人とは幼稚園からの仲で[17]、1年生のときはクラスも同じだったが、2年生では2人と別のクラスになる。
来栖 妃呂(くるす ひろ)
声 - 松本沙羅[7]
時瀬高校で、武蔵と同じクラスに在籍している女子生徒。箏曲部に途中入部し、副部長に就任する。
さばさばした性格の持ち主だが[18]、中学時代にクラスメイトがついた嘘によって人間関係を壊され、そのことがトラウマとなっていた。箏曲部に入部後、トラウマから自分を救ってくれた武蔵に好意を抱く。
由永 侑(よしなが あつむ)
時瀬高校の男子生徒で、学年は愛の1つ下。箏曲部の部員。
幼いころ、祖父から山田流の箏を習っており、時瀬高校箏曲部の中で唯一、山田流で箏を演奏する。好感を抱いた人間に引っ付く傾向があり[19]、作中では愛に懐いている。
百谷 名都(ももや なつ)
時瀬高校の男子生徒で、学年は愛の1つ下。箏曲部の部員。
ドラマーとして活動しており、音楽に関して勘が良い。
滝浪 涼香(たきなみ すずか)
声 - 浪川大輔[7]
時瀬高校の数学教師。箏曲部の顧問。
父は指揮者、母と姉はピアニストという音楽一家の出身で、本人も作曲に関して類い稀な才能を有する。箏曲部では音楽的な指導を担当する。
堂島 晶(どうじま あきら)
時瀬高校箏曲部の外部指導者。鳳月会の下部組織・椿会の跡継ぎ。
作中世界の箏曲界で最も注目度の高いコンクールに出場し、最優秀賞を受賞した実力の持ち主。特に、一つの音を丁寧に弾く技術が高く評価されている。
高岡 哲生(たかおか てつき)
声 - 細谷佳正[7]
愛の幼馴染[20]。時瀬高校の男子生徒で、学年は愛と同じ。
愛に加えて3バカとも親しい。成績は優秀で、しばしば4人の勉強の面倒を見ている。
凰 かずさ(おおとり かずさ)
声 - 佐倉綾音[7]
箏の家元・華凰会の跡継ぎ。神奈川県にある私立高校・姫坂女学院の女子生徒で、箏曲部の部員。学年は愛と同じ。
思い込みが激しい性格で、一度こうと決めたらそれに向かって一直線に突き進む傾向がある[21]。さとわの演奏に憧れを抱いている。
桐生 桜介(きりゅう おうすけ)
声 - 寺島惇太[7]
東京都にある私立高校・明陵高校の男子生徒で、箏曲部の部員。学年は愛と同じ。
普段はチャラチャラしているが、箏の演奏技術は高く、特に合奏時にメンバーの力を引き出すことに長けている。
宮 千太朗(みや せんたろう)
茨城県にある県立高校・永大附属高校の男子生徒で、箏曲部の部員。学年は愛と同じ。
気が短く喧嘩っ早い[22]。かつて祖母が永大附属高校の箏曲部を指導しており、その祖母のために全国大会出場を目指す。
神崎 澪(かんざき みお)
声 - 蒼井翔太[7]
神奈川県にある県立高校・珀音高校の男子生徒で、箏曲部の部員。学年は愛と同じ。
箏曲に関して、どのように弾くのが正解か分かる、という才能を持つ[23]
真白(ましろ)
声 - 朝井彩加[7]
時瀬高校箏曲部の先輩。

制作背景

作者のアミューは、母が箏教室の主宰者、姉がプロの箏曲家という一家に生まれ、アミュー自身も3歳から箏に触れていた[4]。一方で小学生のときに漫画家を志し、そして、いつか箏を題材にした漫画を描きたい、という願いを抱くようになる[12]

その後、箏を題材にした読み切りで漫画家デビューを果たし[11]、以後、集英社の少女漫画雑誌『りぼん』とその増刊号で読み切りを発表する日々を送っていた[24]。このとき、アミューは「初連載はお箏のマンガでやりたい」という思いを抱いていたが、『りぼん』の担当編集者からは色よい返事がもらえず、『りぼん』を離れる[11]。そして他の編集部に持ち込みをする中で『ジャンプスクエア』の編集者と出会い[11]、本作の執筆に至る。

なお、アミューによると、本作は当初、さとわを主人公としていたが、さとわは主人公としては暗すぎるという指摘があり、それを受けて愛と武蔵の2人をメインとする現在の形になったという[25]

書誌情報

  • アミュー 『この音とまれ!』 集英社ジャンプ・コミックス〉、既刊20巻(2019年4月4日現在)
    1. 2012年11月7日第1刷発行(2012年11月2日発売[集 1])、ISBN 978-4-08-870545-3
    2. 2013年3月9日第1刷発行(2013年3月4日発売[集 2])、ISBN 978-4-08-870639-9
    3. 2013年7月9日第1刷発行(2013年7月4日発売[集 3])、ISBN 978-4-08-870775-4
    4. 2013年11月6日第1刷発行(2013年11月1日発売[集 4])、ISBN 978-4-08-870845-4
    5. 2014年4月9日第1刷発行(2014年4月4日発売[集 5])、ISBN 978-4-08-880034-9
    6. 2014年7月9日第1刷発行(2014年7月4日発売[集 6])、ISBN 978-4-08-880142-1
    7. 2014年11月9日第1刷発行(2014年11月4日発売[集 7])、ISBN 978-4-08-880214-5
    8. 2015年3月9日第1刷発行(2015年3月4日発売[集 8])、ISBN 978-4-08-880320-3
    9. 2015年7月8日第1刷発行(2015年7月3日発売[集 9])、ISBN 978-4-08-880431-6
    10. 2015年11月9日第1刷発行(2015年11月4日発売[集 10])、ISBN 978-4-08-880508-5
    11. 2016年3月9日第1刷発行(2016年3月4日発売[集 11])、ISBN 978-4-08-880636-5
    12. 2016年7月9日第1刷発行(2016年7月4日発売[集 12])、ISBN 978-4-08-880730-0
    13. 2016年11月9日第1刷発行(2016年11月4日発売[集 13])、ISBN 978-4-08-880813-0
    14. 2017年3月8日第1刷発行(2017年3月3日発売[集 14])、ISBN 978-4-08-881029-4
    15. 2017年7月9日第1刷発行(2017年7月4日発売[集 15])、ISBN 978-4-08-881126-0
    16. 2017年12月9日第1刷発行(2017年12月4日発売[集 16])、ISBN 978-4-08-881168-0
    17. 2018年4月9日第1刷発行(2018年4月4日発売[集 17])、ISBN 978-4-08-881389-9
    18. 2018年8月8日第1刷発行(2018年8月3日発売[集 18])、ISBN 978-4-08-881475-9
    19. 2018年12月9日第1刷発行(2018年12月4日発売[集 19])、ISBN 978-4-08-881648-7
    20. 2019年4月9日第1刷発行(2019年4月4日発売[集 20])、ISBN 978-4-08-881810-8

特徴

作風

本作は箏曲部を舞台にした青春群像劇であり、少年少女の葛藤や喜びが細やかに描かれている[26]。アミューは、本作について、箏を中心に据えるのではなく「青春群像劇であること」を意識して描くよう気をつけている、と発言している[25]

先述したとおりアミューは幼いころから箏に触れており、そこで得た知見や経験が本作に活かされている[4]。一例として、箏柱の位置の正確さにそれが表れており[2]、また、キャラクターの箏に関する葛藤についてはアミュー自身の経験がベースになっているという[25]。一方で、幼いころから箏に触れているために初心者がつまずくポイントが分からないという側面もあり、その対策として、担当編集者に敢えて箏の勉強をしないよう頼んだり、箏の指導経験がある母や姉にアドバイスを貰ったりしているという[25]

オリジナル箏曲

先述したとおり本作には様々な箏曲が登場し、その中には本作オリジナルの箏曲も含まれる。現在までに登場した本作オリジナルの箏曲は、時瀬高校箏曲部が部の存続を懸けて全校生徒の前で弾いた「龍星群」、時瀬高校箏曲部が関東邦楽祭で弾いた「久遠」、珀音高校箏曲部が神奈川県予選で弾いた「堅香子」、時瀬高校箏曲部が神奈川県予選で弾いた「天泣」の4曲であり、4曲とも作曲はアミューの身内が担当している。

  • 龍星群 - アミューの姉[27]
  • 久遠 - アミューの母[28]
  • 堅香子 - アミューの母[29]
  • 天泣 - アミューの姉[29]

このうち「龍星群」については、コミックス第5巻の発売を記念して箏曲家による演奏動画が公開され[30]、その後、第6巻の発売に併せて楽譜の配信が行われた[31]。また「久遠」についても、第7巻の発売を記念して箏曲家による演奏動画が公開されている。

VOMIC

2013年5月、テレビ番組『サキよみ ジャンBANG!』にて、本作のVOMICが放送された[32]。全4回で[33]、本作の第1話がVOMIC化された[34]

キャスト

CD

この音とまれ!〜時瀬高等学校箏曲部〜
時瀬高等学校箏曲部スタジオ・アルバム
リリース
録音 2016年 - 2017年
キング関口台スタジオ 第1スタジオ
ジャンル 純邦楽
時間
レーベル キングレコード
プロデュース 松下久昭
チャート最高順位
EANコード
EAN 4988003499006
テンプレートを表示

2017年3月8日キングレコードからCDアルバム『この音とまれ!〜時瀬高等学校箏曲部〜』がリリースされた。

このアルバムは、時瀬高校の箏曲部員をはじめとした本作の登場人物による演奏を収録するというコンセプトのもと制作された[36]。そのため、時瀬高校箏曲部のデビュー作という体裁がとられてはいるが、実際には時瀬高校箏曲部が演奏した曲だけでなく、そのライバル校が演奏した曲も収録されている[37]。また、作中に登場した曲だけでなく、作曲家の和田薫がこのアルバムのために書き下ろした曲も収録されている[26]

純邦楽のインストゥルメンタルCDは0.1万枚売れればヒットとされる中、本アルバムは、リリースから約2か月で約1.2万枚を売り上げるヒット作となった[38]2018年には、前年1年間の売上実績が評価される日本ゴールドディスク大賞において、「純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞している[39]

収録曲
#タイトル作詞作曲編曲演奏時間
1.「龍星群」 綾瀬タキ 時瀬高等学校箏曲部
2.六段の調(初段) 八橋検校 倉田武蔵
3.「六段の調」 八橋検校 鳳月さとわ
4.さくらさくら〜十三絃三重奏のための〜」  滝浪涼香鳳月さとわ
凰かずさ
桐生桜介
5.「虚龍譚〜独奏十三絃箏と箏三重奏のための〜」 和田薫 時瀬高等学校箏曲部
6.「セピアの風に」 北里綾 鳳月さとわ
7.「久遠」 不詳 時瀬高等学校箏曲部
8.「二つの個性」 藤井凡大 姫坂女学院箏曲部
9.「百花譜」 沢井忠夫 明陵高等学校箏曲部
10.さらし風手事 宮城道雄 永大附属高等学校箏曲部
11.「堅香子」 東条雅 珀音高等学校箏曲部
12.「天泣」 鳳月さとわ滝浪涼香時瀬高等学校箏曲部
合計時間:

なお、上記のクレジットのうち、「龍星群」「久遠」「堅香子」「天泣」の作曲者・編曲者は作中の設定に基づくものである。また、「さくらさくら〜十三絃三重奏のための〜」の編曲者も滝浪涼香となっているが、実際には和田薫が編曲を行っている[40]

また、2017年8月8日には、本アルバムの収録曲のうち7曲の楽譜を掲載した楽譜集が東京ハッスルコピーから発売されている[41]

テレビアニメ

2018年7月26日、本作のテレビアニメ化が発表された[42]。分割2クールで、第1クールは2019年4月から6月にかけてTOKYO MXほかにて放送中[43]。第2クールは同年10月から12月にかけて放送予定[44]

スタッフ

  • 原作 - アミュー
  • 監督 - 水野竜馬[7]
  • シリーズ構成・脚本 - 久尾歩[42]
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 山中純子[42]
  • サブキャラクターデザイン・総作画監督 - 小林利充[42]
  • ディレクションアドバイザー - 大庭秀昭[42]
  • アクション作画監督 - 才木康寛
  • 3D・プロップデザイン - 杉村友和
  • 美術監督 - 黛昌樹
  • 色彩設計 - 山上愛子
  • 撮影監督 - 村野よもぎ子
  • 編集 - 木村佳史子
  • 音響監督 - 髙桑一[7]
  • 音楽 - 羽岡佳[7]
  • 音楽制作 - キングレコード
  • プロデューサー - 髙橋きさら、古賀郁美
  • アニメーションプロデューサー - 米沢恵美
  • エグゼクティブプロデューサー - 中西豪
  • アニメーション制作 - プラチナビジョン[42]
  • 製作 - この音とまれ!製作委員会[7]

主題歌

オープニングテーマ「Tone」[45]
作詞・作曲 - 園田健太郎 / 編曲 - 日比野裕史 / 歌 - 蒼井翔太
エンディングテーマ「Speechless」[46]
作詞 - 前迫潤哉 / 作曲 - 前迫潤哉、工藤政人 / 編曲 - 工藤政人、早川博隆 / 歌 - 内田雄馬

各話リスト

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督
#1新入部員 吉川博明水野竜馬伊藤美奈
#2資格の在処 奥野浩行小川浩司
#3新生箏曲部始動 水野竜馬南伸一郎
#4初めての響き 吉川博明加藤顕梶原紳一郎
#5響き届け 僕らの音
  • 坂本龍典
  • 才木康寛
水野竜馬伊藤美奈
#6見えない境界線 大庭秀昭南伸一郎
#7知られざる音の葉 奥野浩行
  • 小川浩司
  • 奥野浩行

放送局

日本国内 テレビ / 第1クール 放送期間および放送時間[43]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [47] 備考
2019年4月7日 - 日曜 1:00 - 1:30(土曜深夜) TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2019年4月8日 - 月曜 22:00 - 22:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2019年4月10日 - 水曜 23:00 - 23:30 とちぎテレビ 栃木県
2019年4月11日 - 木曜 0:00 - 0:30(水曜深夜) WOWOWプライム 日本全域 BS/CS放送 / 『アニメプライム』枠
リピート放送あり / 全話無料放送

インターネットでは同年4月7日よりFODにて、日曜1時(土曜深夜)に配信[43]

BD

発売日[48] 収録話 規格品番
1 2019年6月26日予定 第1話 - 第3話 KIXA-864
2 2019年7月24日予定 第4話 - 第6話 KIXA-865
3 2019年8月21日予定 第7話 - 第9話 KIXA-866
4 2019年9月25日予定 第10話 - 第13話 KIZX-388/9

舞台

2019年8月から9月にかけて、全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)、ももちパレス(福岡県)、森ノ宮ピロティホール(大阪府)の順に公演予定[8]

スタッフ(舞台)

評価

本作のコミックスの累計発行部数は、2019年3月までで300万部を超えている[49]。特に中高生を中心に読者を増やしており[12]、中高生の中には本作をきっかけに箏を習い始める者もいる[26]

また、本作オリジナルの箏曲を箏曲家が演奏した動画も再生数を伸ばしており[26]、特に「龍星群」は2018年1月8日時点で再生数が100万を超えている[50]

賞歴・ノミネート歴

発表年 部門 対象 結果
2017 平成29年度(第72回)文化庁芸術祭賞 レコード部門 この音とまれ!〜時瀬高等学校箏曲部〜 優秀賞[6]
2018 第32回 日本ゴールドディスク大賞 純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー 受賞[39]

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 箏曲部描く学園ドラマSQでスタート、福島鉄平らの読切も”. コミックナタリー. ナターシャ (2012年8月4日). 2017年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  2. ^ a b ジャンプ担当編集マル秘トーク 推す! この一話 第8回”. ジャンプBOOKストア! . 集英社. 2018年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  3. ^ 和楽器“箏”題材の漫画『この音とまれ!』テレビアニメ化決定 メインスタッフなど公開”. ORICON NEWS. oricon ME (2018年7月26日). 2018年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月14日閲覧。
  4. ^ a b c 小林泰介; 神野栄子 (2017年6月18日). “和楽器ってカッコイイ 若者に漫画で広がる”. 東京新聞 (中日新聞東京本社). オリジナルの2017年7月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170724015150/http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2017061802000180.html 2018年2月28日閲覧。 
  5. ^ “連載漫画に登場の筝曲CD発売”. 釧路新聞 (釧路新聞社). (2017年3月10日). オリジナルの2018年2月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180224013421/http://www.news-kushiro.jp/news/20170310/201703103.html 2018年2月28日閲覧。 
  6. ^ a b 「この音とまれ!」CDが第72回文化庁芸術祭賞のレコード部門優秀賞に”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年12月28日). 2018年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s キャスト・スタッフ”. TVアニメ『この音とまれ!』公式サイト. 2019年5月24日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 舞台「この音とまれ!」に財木琢磨・古田一紀・田中日奈子、演出は伊勢直弘”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年4月4日). 2019年4月4日閲覧。
  9. ^ a b c 榎木淳弥、種崎敦美が12月23日・幕張「ジャンプフェスタ2019」SQ.ステージに出演! アニメ「この音とまれ!」”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年12月4日). 2018年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月5日閲覧。
  10. ^ a b アミュー『この音とまれ! 16』集英社、2017年、6-7頁。ISBN 978-4-08-881168-0。
  11. ^ a b c d e f g h 川俣綾加. “燃やし続ける箏マンガへの情熱”. コミックナタリー. ナターシャ. p. 1. 2018年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  12. ^ a b c 佐々木宇蘭 (2017年2月8日). “和楽器マンガ、若者にヒット 「和ものブーム」も背景”. NIKKEI STYLE. 2017年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  13. ^ a b c 「この音とまれ!」追加キャストに塩田康平、小島ことり、上仁樹、山崎雅志”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年5月17日). 2019年5月24日閲覧。
  14. ^ アミュー『この音とまれ! 2』集英社、2013年、63頁。ISBN 978-4-08-870639-9。
  15. ^ アミュー『この音とまれ! 8』集英社、2015年、62頁。ISBN 978-4-08-880320-3。
  16. ^ アミュー『この音とまれ! 2』集英社、2013年、196頁。ISBN 978-4-08-870639-9。
  17. ^ アミュー『この音とまれ! 16』集英社、2017年、19頁。ISBN 978-4-08-881168-0。
  18. ^ アミュー『この音とまれ! 4』集英社、2013年、200頁。ISBN 978-4-08-870845-4。
  19. ^ アミュー『この音とまれ! 17』集英社、2018年、104頁。ISBN 978-4-08-881389-9。
  20. ^ アニメ「この音とまれ!」高岡哲生役は細谷佳正、神崎澪役に蒼井翔太”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年11月26日). 2018年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月5日閲覧。
  21. ^ アミュー『この音とまれ! 5』集英社、2014年、197頁。ISBN 978-4-08-880034-9。
  22. ^ アミュー『この音とまれ! 7』集英社、2014年、198頁。ISBN 978-4-08-880214-5。
  23. ^ アミュー『この音とまれ! 13』集英社、2016年、32頁。ISBN 978-4-08-880813-0。
  24. ^ アミューの記事まとめ”. コミックナタリー. ナターシャ. 2018年2月28日閲覧。
  25. ^ a b c d 川俣綾加. “燃やし続ける箏マンガへの情熱”. コミックナタリー. ナターシャ. p. 2. 2018年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  26. ^ a b c d 箏曲部を舞台とした青春群像コミック『この音とまれ!』のコンセプトアルバムのジャケ写解禁!”. T-SITEニュース. TSUTAYA (2017年2月15日). 2017年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  27. ^ “楽譜DL&演奏動画募集/箏曲楽譜公開”. 釧路新聞 (釧路新聞社). (2014年7月5日). オリジナルの2018年2月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180227014438/http://www.news-kushiro.jp/news/20140705/201407054.html 2018年2月28日閲覧。 
  28. ^ アミュー『この音とまれ! 6』集英社、2014年、200頁。ISBN 978-4-08-880142-1。
  29. ^ a b アミュー『この音とまれ! 14』集英社、2017年、196頁。ISBN 978-4-08-881029-4。
  30. ^ 「この音とまれ!」5巻記念に、劇中のオリジナル箏曲を公開”. コミックナタリー. ナターシャ (2014年4月4日). 2017年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  31. ^ 「この音とまれ!」劇中曲を弾いて賞品ゲット”. コミックナタリー. ナターシャ (2014年7月4日). 2017年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  32. ^ 週刊VOMIC”. 『サキよみ ジャンBANG!』公式サイト. テレビ東京. 2017年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  33. ^ 『この音とまれ!』”. 集英社ヴォイスコミックステーション -VOMIC-. 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  34. ^ アミュー『この音とまれ! 3』集英社、2013年、100頁。ISBN 978-4-08-870775-4。
  35. ^ a b c d e f g アミュー『この音とまれ! 3』集英社、2013年、196頁。ISBN 978-4-08-870775-4。
  36. ^ 「この音とまれ!」劇中曲収録のCD、ジャケットには筝曲部メンバー”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年2月15日). 2017年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  37. ^ ジャンプSQ.で連載中の「この音とまれ!」時瀬高校箏曲部が来年3/8にCDデビュー”. Musicman-NET (2016年11月9日). 2018年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  38. ^ 箏曲ブーム到来!? 1万2000枚の大ヒット 人気漫画「この音とまれ!」CD”. デイリースポーツオンライン (2017年5月4日). 2017年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  39. ^ a b FGOサントラと「この音とまれ!」アルバムが日本ゴールドディスク大賞受賞”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年2月27日). 2018年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  40. ^ 『『この音とまれ!〜時瀬高等学校箏曲部〜』ライナーノーツ』、2017年、8頁。
  41. ^ この音とまれ!〜時瀬高等学校箏曲部〜 楽譜集 発売決定!”. ジャンプスクエア公式サイト. 集英社. 2017年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  42. ^ a b c d e f この音とまれ!:「ジャンプSQ.」の箏曲マンガがテレビアニメ化”. MANTANWEB. 毎日新聞社 (2018年7月26日). 2018年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月14日閲覧。
  43. ^ a b c 放送情報”. TVアニメ『この音とまれ!』公式サイト. 2019年3月14日閲覧。
  44. ^ TVアニメ「この音とまれ!」分割2クールでの放送が決定!”. TVアニメ『この音とまれ!』公式サイト. 2018年12月23日閲覧。
  45. ^ 音楽”. TVアニメ『この音とまれ!』公式サイト. 2018年12月23日閲覧。
  46. ^ 3rd Single「Speechless」が5月8日に発売決定!!”. 内田雄馬 公式サイト (2019年2月14日). 2019年2月14日閲覧。
  47. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  48. ^ TVアニメ「この音とまれ!」Blu-rayシリーズ発売決定!”. TVアニメ『この音とまれ!』公式サイト. 2019年4月21日閲覧。
  49. ^ 春アニメ『この音とまれ!』メインキャラクター集合のキービジュアルが解禁! 声優陣登壇の先行上映会(3/31開催)チケット情報も発表!”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2019年3月19日). 2019年3月19日閲覧。
  50. ^ amuse8の2018年1月8日20時00分のツイート2018年7月26日閲覧。

集英社の本

以下の出典は『集英社の本』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ この音とまれ! 1”. 2018年12月5日閲覧。
  2. ^ この音とまれ! 2”. 2018年12月5日閲覧。
  3. ^ この音とまれ! 3”. 2018年12月5日閲覧。
  4. ^ この音とまれ! 4”. 2018年12月5日閲覧。
  5. ^ この音とまれ! 5”. 2018年12月5日閲覧。
  6. ^ この音とまれ! 6”. 2018年12月5日閲覧。
  7. ^ この音とまれ! 7”. 2018年12月5日閲覧。
  8. ^ この音とまれ! 8”. 2018年12月5日閲覧。
  9. ^ この音とまれ! 9”. 2018年12月5日閲覧。
  10. ^ この音とまれ! 10”. 2018年12月5日閲覧。
  11. ^ この音とまれ! 11”. 2018年12月5日閲覧。
  12. ^ この音とまれ! 12”. 2018年12月5日閲覧。
  13. ^ この音とまれ! 13”. 2018年12月5日閲覧。
  14. ^ この音とまれ! 14”. 2018年12月5日閲覧。
  15. ^ この音とまれ! 15”. 2018年12月5日閲覧。
  16. ^ この音とまれ! 16”. 2018年12月5日閲覧。
  17. ^ この音とまれ! 17”. 2018年12月5日閲覧。
  18. ^ この音とまれ! 18”. 2018年12月5日閲覧。
  19. ^ この音とまれ! 19”. 2018年12月5日閲覧。
  20. ^ この音とまれ! 20”. 2019年4月4日閲覧。