こむぎいろの天使 すがれ追い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

こむぎいろの天使 すがれ追い』(こむぎいろのてんし すがれおい)は、1999年に公開された日本映画(郷土映画)である。コンセプトは「信州伊那谷発<ふるさとシネマ>」。

監督である後藤俊夫の地元・伊那谷に伝わる伝統猟法「すがれ追い[1]」を題材に、少年たちが友情を深めてゆく物語。

ハチの撮影にあたり、世界最大の蜂の巣[2]を製作した上伊那郡中川村在住の富永朝和の指導を受けている。

第11回インド国際児童映画祭シルバーエレファント賞受賞作。

あらすじ[編集]

小学5年生の健一はぜんそく療養のため、東京から伊那谷へとやってきた。新しい小学校で、クラス一の元気者のサブやマサル、ブラジル生まれの少女カレンらと出会う。

カレンの祖父・熊太郎はすがれ追い名人としてその名を知られた男。ある日、熊太郎はいつものようにすがれを追っている途中で、目印のすがれを見失ってしまう。熊太郎が見失ったすがれを見つけたサブたちは、その後を追い、まんまと巣を手に入れる。さっそく採りたての蜂の子を食べるサブたちだが、初めての健一はどうしても食べることができない。

そんなある日、健一は捨てられた老犬と出会う。カメオと名をつけ、世話をする健一たち。やがてカメオはすっかり元気になり、秋に行われたマツタケ狩大会では名人を抜いて優勝、マツタケ犬として名を馳せるまでになる。

やがて、思ったよりも早く健康を取り戻した健一に、東京へと帰る日がやってくる。女王蜂が巣立ちを迎えた季節に、健一とサブにも別れのときがやってきた。

スタッフ[編集]

製作スタッフ[編集]

  • 監督:後藤俊夫
  • 助監督:根本保夫
  • 原作:後藤俊夫(汐文社 刊)
  • 脚本:後藤俊夫、加藤盟
  • 脚本協力:橘祐典、吉田憲二
  • 製作:岡村光雄、小室皓充
  • 音楽:大島ミチル
  • 音楽製作:日本コロムビア
  • 撮影:山崎堯也
  • 照明:岩崎定雄
  • 美術:遠藤光男
  • 録音:本田孜
  • 編集:鍋島惇
  • ハチ指導:富永朝和
  • 製作:「こむぎいろの天使」製作委員会、
株式会社プロデュースセンター、後藤プロダクション、こむぎいろの天使を成功させる一念発起100人会
高遠町辰野町箕輪町飯島町
南箕輪村中川村長谷村宮田村
  • 公開:1999年
  • 上映時間:95分
  • カラー

主演[編集]

  • 子役
    • サブ:松澤邦典
    • 健一:吉瀬丈二
    • カレン:宮城カレン
    • マサル:林大地

主題歌[編集]

歌・作詞:斉藤由貴 作曲:大島ミチル オカリナ:宗次郎

関連商品[編集]

  • 単行本「こむぎいろの天使 すがれ追い」
著者:後藤俊夫、福田岩緒 出版:汐文社
1997年、ISBN 481130330X
  • CD「映画 こむぎいろの天使」〜オリジナル・サウンド・トラック盤〜
発売元:日本コロムビア株式会社
1999年5月21日、COCX-30410
  • VHS「こむぎいろの天使 すがれ追い」
発売:株式会社プロデュースセンター
1999年、JASRAC:第011135

脚注[編集]

  1. ^ すがれ追い とは、地蜂であるすがれに目印をつけた餌を持たせてその後を追い、見つけた巣を土中から採取するというものである。流通の乏しかった山岳地域では、巣から採れる蜂の子は貴重な蛋白源として重宝されていた。
  2. ^ 制作当時、世界最大。(中川村宿泊施設「望岳荘」 ハチ博物館

関連項目[編集]