こめかみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

こめかみ(顳顬[1]、蟀谷、英語: temple)とは、の両側の目尻の後、目とのつけ根のほぼ中間にある、皮膚のすぐ下に側頭骨)のある場所のことである。こめかみから下までを結ぶ側頭筋という筋肉があり、顎の動きに連動してこめかみが動く。

概要[編集]

こめかみ TEMPLEと指示された部位

「こめかみ」の語は、物を噛むと、この部分が動くことから「米噛み」に由来するもので万葉仮名で「古米賀美」と書く[2]以外のものを噛んでも動くが[2]、これを「米噛み」という理由として、日本の主食が米であったことや、かつては固い生米を食べており、よく噛む必要があったこと[要出典]などが挙げられる。漢字の「蟀谷」は中国語の「こめかみ」を意味する語をそのまま導入したものである。「蟀」はコオロギのことであるが、この字が使われる理由は不詳である。

この部分は骨の厚さが薄く、打撃に対して弱い。ボクシングやその他の格闘技ではテンプルと呼ばれ、顎先と並んで急所としてとらえられている。こめかみに打撃をもらうと脳震盪を起こしやすい。

医療分野では精神科の治療の一つ、電気けいれん療法の通電部位はこの部分である[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 需 + 頁。
  2. ^ a b フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 4』講談社、2003年。
  3. ^ 精神病とは何か―臨床精神医学の基本構造 ゲルト・フーバー(翻訳、林拓二) 新曜社 2005年 ISBN 9784788509658 p167