こんなにも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こんなにも
Dreamシングル
B面 One First Kiss
HOLD ON
希望の光〜奇跡を信じて〜
リリース
規格 音楽配信CDシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル rhythm zone
チャート最高順位
Dream シングル 年表
ダーリン
2014年
こんなにも
(2015年)
ブランケット・スノウ
2015年
テンプレートを表示

こんなにも」は、2015年2月11日にrhythm zoneから発売されたDreamの24作目のシングル。

概要[編集]

  • 新曲が2015年2月11日に発売されることが2014年12月18日に発表され、Lyric Videoが公開[2]。新生Dreamメジャーシングル5作目である。
  • 「CD+DVD」、「CDシングル」、「ワンコインCD」、「ミュージックカード(MU-CA)」(5種、AQZ1-76928〜32)の4形態でリリース[3]
  • EXILE ATSUSHIがDreamのために書き下ろした「希望の光〜奇跡を信じて〜」のオリジナルバージョンが収録[3]。2015年1月9日に「こんなにも」のミュージックビデオと「希望の光」の制作風景を紡いだムービーが公開[4]
  • 表題曲はハウステンボス「光の王国・チューリップ祭ダブル開催」のCM曲[2][5]である。
  • オリコンウィークリーチャートで3位を獲得。前作「ダーリン」の4位を上回り、これまでリリースされた作品の中で最高順位を記録した[6]

収録曲[編集]

CDシングル+DVD[編集]

CD[編集]

  1. こんなにも
    作詞:Ayaka Miyake・Natsumi Watanabe、作曲:Ian Curnow・Barbi Escobar・Carlos Okabe
    • ハウステンボス「光の王国・チューリップ祭ダブル開催」CMソング[2][5]
  2. HOLD ON
    作詞:小竹正人、作曲:PHILLIPS・CHYNNA WILSON・CARNIE BALLARD・GLEN
  3. One First Kiss
    作詞・作曲:Ryosuke“Dr.R”Sakai
  4. 希望の光 〜奇跡を信じて〜
    作詞:EXILE ATSUSHI、作曲:Ryosuke Shigenaga
  5. こんなにも (Instrumental)

DVD[編集]

  1. こんなにも (Video Clip)
  2. こんなにも (Making Clip)
  3. 希望の光 〜奇跡を信じて〜(Bonus Movie)

CDシングル[編集]

  1. こんなにも
  2. HOLD ON
  3. One First Kiss
  4. 希望の光 〜奇跡を信じて〜
  5. こんなにも (Instrumental)
  6. One First Kiss (Instrumental)
  7. HOLD ON (Instrumental)
  8. 希望の光 〜奇跡を信じて〜 (Instrumental)

ワンコインCD[編集]

  1. こんなにも

ミュージックカード(MU-CA)[編集]

  1. こんなにも

脚注[編集]

  1. ^ Dream - 売上ランキング - シングル売上ランキング(2015年02月23日付)”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年2月23日). 2018年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c 2/11発売ニューシングル「こんなにも」発売決定!先行試聴開始!”. Dream Official Website. rhythm zone (2014年12月18日). 2018年7月18日閲覧。
  3. ^ a b DISC INFO こんなにも”. Dream Official Website. rhythm zone. 2018年7月18日閲覧。
  4. ^ Dream New SG「こんなにも」より、ミュージックビデオ・スペシャルムービー2本を一挙公開!!”. Dream Official Websitr. rhythm zone (2015年1月9日). 2019年1月7日閲覧。
  5. ^ a b Dream 待望の新曲「こんなにも」いよいよ1月7日0:00〜より配信スタート!”. Dream Official Website. rhythm zone (2015年1月6日). 2018年7月18日閲覧。
  6. ^ Dream、シングル「こんなにも」がオリコン週間3位で自己最高位を記録”. 音楽業界総合情報サイト. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2015年2月18日). 2019年1月4日閲覧。