こんにちは!そよ風さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こんにちは!そよ風さん
ジャンル テレビドラマ
脚本 松木ひろし、宮田達男
演出 川俣公明、柳井満
出演者 酒井和歌子
製作
製作総指揮 松下幸之助
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1969年1月27日 - 同年4月14日
放送時間 月曜20:00 - 20:56
放送枠 ナショナル劇場
放送分 56分
回数 12
テンプレートを表示

こんにちは!そよ風さん(こんにちはそよかぜさん)はTBS系列のナショナル劇場として1969年1月27日から4月14日まで放送されたテレビドラマである。全12話。

概要[編集]

少し気が強く、人のことに世話を焼きがちで、社会に出たばかりの19歳の女性を主人公にした現代劇。会社、同僚たちのこと、恋愛などを見つめながら、結婚のために家出した姉と父を和解させるために頑張る様子などを描く。なお、この作品の以後、ナショナル劇場において女性を主人公にした現代劇は39年後の2008年7月に「あんどーなつ」が放送されるまで放送されていなかった。(女性を主人公とした時代劇は、1995年に放送された由美かおる主演の『水戸黄門外伝 かげろう忍法帖』などがある。)

あらすじ[編集]

西方桂子(酒井和歌子)の、泣いたり、笑ったり、そよ風のようないきいきした魅力のすべてが 「こんにちは!そよ風さん」のなかにあります。 桂子はアルバイトで勤めていた運送屋をやめて、ウナギの缶詰会社に勤めます。 そこには三人のカッコいい青年があらわれます。 会社の同僚の青年・石岡(関口宏)、取引先のスーパーに勤めている青年・大野木(松山英太郎)、 取引先の会社の御曹司・遠山(矢吹渡)。 三人の青年はそれぞれに桂子に愛情を感ずるようになりますが・・・ 中部日本放送資料より転記

主題歌はピンキーとキラーズが歌っていました。 作曲:いずみ・たく   作詞:岩谷時子

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話 1969年1月27日
第2話 1969年2月3日
第3話 1969年2月10日
第4話 1969年2月17日
第5話 1969年2月24日
第6話 1969年3月3日
第7話 1969年3月10日
第8話 1969年3月17日
第9話 1969年3月24日
第10話 1969年3月31日
第11話 1969年4月7日
第12話 1969年4月14日


TBS ナショナル劇場
前番組 番組名 次番組
ドカンと一発!
(1968.10.28-1969.1.20)
こんにちは!そよ風さん
(1969.1.27-1969.4.14)
S・Hは恋のイニシァル
(1969.4.28-1969.7.28)