ごごしま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ごごしま
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
791-8092
愛媛県松山市由良町1234
北緯33度54分9.9秒 東経132度40分57.2秒 / 北緯33.902750度 東経132.682556度 / 33.902750; 132.682556座標: 北緯33度54分9.9秒 東経132度40分57.2秒 / 北緯33.902750度 東経132.682556度 / 33.902750; 132.682556
設立 2011年4月1日
業種 海運業
法人番号 8500001016152
事業内容 旅客・自動車の海上輸送
代表者 山下 篤輝
従業員数 18名
外部リンク http://gogoshima-ferry.com/
テンプレートを表示

株式会社ごごしまは、愛媛県松山市に本社を置く海運会社松山港興居島を結ぶフェリー航路を運営している。2011年に有限会社小冨士汽船から社名を変更した。

航路[編集]

  • 高浜港 - 泊港(14往復)
  • 高浜港 - 由良港(14往復)
高浜港 - 泊港航路は興居島汽船の航路廃止に伴い航路を継承した[1]。各航路の最終1往復は、12月31日 - 1月3日は運休となる。

船舶[編集]

就航中の船舶[編集]

  • あいらんど(フェリー)
1989年1月進水、同年3月竣工、金子造船所建造。2017年3月1日より客室内全面禁煙。
484総トン、全長46.80m、型幅10.60m、型深さ3.79m、ディーゼル1基、機関出力1,200PS、航海速力10.0ノット、旅客定員260名、2トントラック8台
2017年12月1日よりバスフロート船として認定され、条件を満たした車両は運転者および同乗者が車両内に留まることが可能となった。
  • しとらす(フェリー)
2018年1月14日起工、同年8月18日就航、神原造船建造。えひめ2代船、船名は公募により決定。
192総トン、全長44.6m、全幅11.5m、航海速力7.5ノット、旅客定員150名(旅客のみ250名)、普通車14台
  • 海燕23(旅客船)
1987年竣工、2016年4月就航、鈴木造船建造、元名鉄海上観光船
19総トン、全長11m、ディーゼル2基、機関出力440PS×2、旅客定員79名

過去の船舶[編集]

  • えひめ2(フェリー)
1987年4月竣工、神原造船建造、興居島汽船より継承。「しとらす」就航により引退。
188総トン、全長44.00m、型幅10.00m、型深さ3.00m、ディーゼル1基、機関出力600PS、航海速力9.0ノット、旅客定員148名、大型トラック4台または小型トラック12台

その他[編集]

  • 両航路とも運賃は同じで乗船券は船内販売のみである。
  • しとらす就航時にアンチモンによるイメージソング「しとらす」が作られた。船内アナウンスに使用されるほか客室内でCDを無人販売している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (有)小冨士汽船の事業計画及び船舶運航計画変更認可について (PDF) - 国土交通省四国運輸局(平成22年12月27日)