ご参考までに。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ご参考までに。
ジャンル トーク番組
/ バラエティ番組 / 特別番組
企画 上利竜太
演出 上利竜太
出演者 福山雅治
バカリズム
製作
プロデューサー 岩下英恵
横田崇CP
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年4月2日 - 現在
放送時間 不定期深夜
回数 4
公式サイト

ご参考までに。』(ごさんこうまでに。)は、日本テレビにて2018年4月2日から不定期放送されている“ドラマ”トークバラエティー番組。

概要[編集]

日本テレビは開局65年を機に、福山雅治に“主題歌から生まれるドラマ制作”をオファーした。福山はドラマを企画するにあたり、プロジェクトメンバーに「前から一緒にものづくりをやってみたかった」というバカリズムを誘いタッグを組むことに。福山が主題歌と企画プロデュース、バカリズムが脚本を手がけるこのドラマは、12月のオンエアを目指して制作される[1]

『ご参考までに。』は、ドラマ完成までの製作過程を追う不定期特番。4月2日放送の特番初回は、ドラマのテーマや題材を決めるために福山とバカリズムが“ドラマのような人生を送る波乱万丈な人々”の密着取材VTRをチェック。スタジオに集まった100人のドラマ好き女性の声も参考にしながらトークを展開。実際にドラマ化できそうか2人がジャッジする。

放送日[編集]

回数 放送日 放送時間(JST
第1回 2018年4月2日月曜日 23:59 - 翌0:54
第2回 2018年7月9日月曜日
第3回 2018年10月15日月曜日
第4回 2018年12月18日火曜日 0:09 - 1:04

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画・演出:上利竜太
  • 構成:桜井慎一、利光宏治
  • TM:小椋敏宏
  • SW:松嶋賢一
  • CAM:田代義昭
  • MIX:宮内貞
  • VE:佐久間治雄(第4回)
  • AUD:村瀬脩一(第4回)
  • 美術プロデューサー:上條宏美
  • デザイン:本田恵子(第1回は本多名義)
  • 編集:小原大希(第2回-)
  • MA:直江泰輔(第2回-)
  • 音効:高取謙
  • 技術協力:NiTRO
  • 美術協力:日本テレビアート
  • リサーチ:田村沙紀、高倉俊祐(高倉→第2回-)
  • TK:坂本幸子(第1,2,4回)
  • 協力:アミューズマセキ芸能社
  • デスク:宮城知代
  • AP:出浦寿恵、林貴恵(林→第3回-)
  • AD:伊藤実知子(第1回-)、青木俊人(第3回-)、陳暁蔚(第4回)、山口太一(第1回-)、金城利奈(第4回)
  • ディレクター:小嶋智仁、長谷川雄平、湯浅貴仁(共に第1回-)、反町礎良(第4回)
  • 再現ドラマ(第2回-)
    • 監督:市川隆(第3回-、第1回はディレクター、第2回は演出)、鯨岡弘誠(第4回)
    • CAM:三浦貴広(第2回-、第1回は再現CAM) 
    • ロケ技術:イメージランド(第2回-、第1回は再現ロケ協力)
    • プロデューサー:戸倉亮爾(第2,4回)
    • 制作:宇佐美晴久(第4回)
    • 助監督:糸賀綾香、柴田裕基(共に第4回)
  • チーフディレクター:吉野真一郎
  • プロデューサー:岩下英恵/長瀬徹、笠原保志(笠原→第3回-)
  • チーフプロデューサー:横田崇(第2回-)
  • 制作協力:ZION日企AXON
  • 製作著作:日テレ

過去のスタッフ[編集]

  • VE:三山孝宏(第2回まで)、高田彰彦(第3回)
  • AUD:小野寺亮(第1回)、小原正広(第2回)、辻直哉(第3回)
  • 美術プロデューサー:櫻場千尋(第2,3回、第1回はデザイン)
  • 編集:増田功紀(第1回)
  • MA:船木拓也(第1回)
  • TK:竹島祐子(第3回)
  • 制作:中川聡子(第1回)
  • AD:片岡瑛、中本和馬(共に第1回)、筒井菜紬(第2回)、加藤祐太(第3回)
  • ディレクター:伊藤高史、田渕公博(共に第2回まで)、山形和也(第3回)
  • 再現ドラマ(第2回-)
    • 演出:小川大輔(第2回)、宮本瞳(第1回はAD)
    • ロケ技術:阿吽(第3回)
    • プロデューサー:伊藤裕史(第3回)
    • 制作:由利芳伸(第2回)、堀尾星矢(第3回)
    • 助監督:保母海里風(第2回、第1回はAD)、浅見真央(第3回)
    • ロケーション協力(第3回):イメージフィールド(第3回)
    • 撮影協力(第3回):Katakana(第3回)
  • プロデューサー:上野尚偉(第1回)、荻原球(第2回まで)
  • チーフプロデューサー:糸井聖一(第1回)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日テレ×福山雅治×バカリズム、異色のドラマプロジェクトが始動(オリコン 2018年3月26日 2018年3月26日閲覧)