さいだん座ガンマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいだん座γ星[1]
Gamma Arae
星座 さいだん座
視等級 (V) 3.34[1]
分類 Be星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 17h 25m 23.65931s[1]
赤緯 (Dec, δ) -56° 22′ 39.8148″[1]
赤方偏移 -0.000010 ± 0.000010[1]
視線速度 (Rv) -3.00 ± 2.9 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -0.44 ± 0.18 ミリ秒/年[1]
赤緯: -15.77 ± 0.14 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 2.93 ± 0.16ミリ秒[1]
(誤差5.5%)
距離 1110 ± 60 光年[注 1]
(340 ± 20 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -4.33[注 2]
Ara IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
γ星の位置(赤丸)
物理的性質
半径 14.5 R[2]
質量 12 M[2]
自転速度 280 km/s[2]
自転周期 2.5 以下[2]
スペクトル分類 B1Ib [1]
光度 32,600 L[2]
表面温度 20,400 K[2]
色指数 (B-V) -0.13[3]
色指数 (U-B) -0.96[3]
別名称
別名称
CPD -56 8225[1]
HD 157246[1]
HIP 85267[1], HR 6462[1]
SAO 244726[1]
■Template (■ノート ■解説) ■Project

さいだん座γ星は、さいだん座恒星で3等星。

特徴[編集]

この星は、主系列星から進化したばかりであり、赤色超巨星になる途中の段階である[2]超新星となる可能性が高いと推測される[2]。質量を失っており、恒星風は、750km/秒あるいはその2倍の速度に変化している[2]。自転速度は最低でも280km/秒であり進化の過程にある超巨星としてはとても珍しく、注目されている[2]

伴星が2つあり、12等の伴星Cは見かけの重星である[2]。離角18秒の10.3等の伴星Bは主星と実際に連星であり、主星から6200天文単位離れている[2]。伴星Bはスペクトル型A7のA型主系列星で、アルタイルに似た星である[2]。主星から見た伴星Bは満月の4分の1の明るさに見え、伴星Bから見た主星は満月の130倍の明るさで見える[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年はパーセク×3.26より計算。
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第2位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Results for gam Ara”. SIMBAD Astronomical Database. 2017年8月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n James B. Kaler. “Gamma Arae”. STARS. 2017年8月26日閲覧。
  3. ^ a b 輝星星表第5版