さくらの唄 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

さくらの唄』(さくらのうた)は、1976年5月19日から1976年11月10日までTBS系の水曜劇場枠で放送されていたテレビドラマ。全26話。

内容・概要[編集]

舞台は東京蔵前の小さな整骨院。すぐに怒鳴る様な性格で男気がある整骨院の主人の伝六とその妻の泉の夫婦は、会社員・中西基二の子を妊娠するがなかなか入籍しない長女・麗子と、既婚の男性教師・朝倉を密かに愛し、実らぬ恋に悩む次女・加代の二人の娘の行く末に頭を悩ませていた。

番組のエンディング曲は、番組と同題である、美空ひばりの「さくらの唄」(作詞:なかにし礼、作曲・編曲:三木たかし)。美空ひばりの40周年記念としての曲だったこともあり、番組の最後に、美空ひばりの歌うシーンが放送されたこともあった。

美輪明宏がメイク無しの短髪、スーツ姿で男ことばを使い、「主人公夫妻の長女・麗子(樹木希林)を妊娠させた男性・中西」役を演じている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:久世光彦、片島謙二
  • 脚本:山田太一
  • 音楽:大野克夫ボブ佐久間
  • 演出
    • 久世光彦(第1話~第4話、第10話、第11話、第19話、第20話、第26話)
    • 服部晴治(第5話、第8話、第13話、第16話、第21話、第23話、第25話)
    • 峰岸進(第6話、第9話、第14話、第17話、第22話、第24話)
    • 和田旭(第7話、第12話、第15話、第18話)