さくらももこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さくら ももこ
本名 非公開[1]
生誕 (1965-05-08) 1965年5月8日
日本の旗 日本静岡県清水市
(現・静岡市清水区
死没 (2018-08-15) 2018年8月15日(53歳没)
日本の旗 日本東京都目黒区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
エッセイスト
作詞家
活動期間 1984年 - 2018年
ジャンル 少女漫画
青年漫画
児童漫画
代表作ちびまる子ちゃん
コジコジ
受賞 1989年:第13回講談社漫画賞少女部門
(『ちびまる子ちゃん』)
1990年第32回日本レコード大賞
(『おどるポンポコリン作詞
公式サイト さくらプロダクション
テンプレートを表示

さくら ももこ1965年5月8日 - 2018年8月15日[2])は、日本漫画家作詞家脚本家。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。血液型はA型。身長159cm。一男の母親。

エッセイストとしても活躍した。独特の視点と語り口で、初期エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』はいずれもミリオンセラーを記録。

経歴[編集]

人物・交遊関係[編集]

同級生として元サッカー日本代表で現FC東京の監督である長谷川健太や放送作家の平岡秀章がいる[8]。「はまじ」のモデルとなった浜崎憲孝が自伝を出版した際にはさくらが表紙のイラストを書き下ろした。浜崎によると、小学生時代はかなり内気な性格であり、穂波たまえのモデルとなった友人の方が、より「まる子」に近いキャラクターであったと語っている[9]

子供の頃、「青島幸男みたいに偉くなりたい。を作りたい。」と言ったが、父のヒロシに「青島幸男は国会議員だ。無理に決まっている。」と一蹴された。そのさくらが青島を目標とし大人になって作詞した歌が「おどるポンポコリン」である[10]。また学生時代、春風亭小朝に弟子入りしようとしたこともある。

仮面ライダー』で一文字隼人=仮面ライダー2号を演じた佐々木剛のファンだった。一文字のカード欲しさに仮面ライダースナックを買ったこともある。

西城秀樹のファンで、『ちびまる子ちゃん』の作中では、まる子のお姉ちゃんがファンとの設定で登場し、1991年から1992年にはエンディングテーマソング「走れ正直者」の歌唱を担当してもらった。さくらは2018年5月、西城の死についてブログで追悼を述べ、同年の8月15日に自身も死去する形となった[11]

アマチュア無線技士であり、アマチュア無線家の月刊誌『CQ ham radio』1998年1月号の表紙では、ちびまる子ちゃんのイラストを寄稿している。

健康の研究を日々行い、飲尿療法や茶葉による水虫治療など多くの民間療法を実践していた。その一方でヘビースモーカーでもあり、自著では「私は大の愛煙家だ。朝起きてまずタバコを吸い、昼間から夕方まで仕事をしている間もずっと吸い、夜眠る直前までタバコを吸う。」「タバコは私に健康の大切さを考えさせ、吸うからにはまず健康を確保しろということに気づかせてくれた」と語っていた[12]

主な作品[編集]

漫画[編集]

エッセイ[編集]

  • 1991年3月 『もものかんづめ』集英社 のち文庫
  • 1992年4月 『うみのさかな&宝船蓬莱の幕の内弁当』角川書店 のち文庫(うみのさかな名義、宝船蓬莱と共著)
  • 1992年5月 『ももこのしゃべりことば』ニッポン放送
  • 1992年7月 『さるのこしかけ』集英社 のち文庫
  • 1992年7月 『たいのおかしら』集英社 のち文庫
  • 1994年3月 『ももこのいきもの図鑑』マガジンハウス のち集英社文庫
  • 1995年9月 『そういうふうにできている』新潮社 のち文庫
  • 1996年7月 『あのころ』集英社 のち文庫
  • 1997年6月 『ももこの世界あっちこっちめぐり』集英社
  • 1997年9月 『まる子だった』集英社 のち文庫
  • 1997年11月 『赤ちゃん日記―First year memories』小学館
  • 1998年7月 『ももこの話』集英社 のち文庫
  • 1998年11月 『憧れのまほうつかい』新潮社 のち文庫
  • 1999年5月 『ももこのおもしろ健康手帖』幻冬舎
  • 1999年7月 『さくら日和』集英社 のち文庫
  • 2000年9月 『のほほん絵日記』集英社 のち文庫
  • 2001年10月 『ツチケンモモコラーゲン』土屋賢二共著、集英社 のち文庫
  • 2001年11月 『ももこのトンデモ大冒険』徳間書店 のち文庫
  • 2002年4月 『さくらえび』新潮社 のち文庫
  • 2002年11月 『ももこの宝石物語』集英社 のち文庫
  • 2003年4月 『ももこのおもしろ宝石手帖』幻冬舎 のち文庫
  • 2003年6月 『またたび』新潮社 のち文庫
  • 2003年11月 『さくらめーる』集英社
  • 2004年9月 『ももこの70年代手帖』幻冬舎
  • 2005年8月 『ひとりずもう』小学館 のち文庫
  • 2005年9月 『MOMOKO TIMES』集英社
  • 2006年5月 『焼きそばうえだ』小学館 のち文庫
  • 2006年11月 『おんぶにだっこ』小学館
  • 2007年5月 『さくら横丁』集英社
  • 『ももこの21世紀日記』 No.1 - 8 幻冬舎、2002-08 のち文庫
  • 『ももこのまんねん日記』集英社 2010
  • 『ももこのまんねん日記 2011』集英社 2011
  • 『ももこのまんねん日記 2012』集英社 2012

作詞[編集]

※表記はジャケットデザインも担当。

詩集[編集]

  • まるむし帳

雑誌[編集]

  • 富士山』 - さくらが編集長となり、「日本一の雑誌」と称して出版された。

ムック本[編集]

  • おめでとう - デビュー30周年を記念し発売。

翻訳[編集]

絵本、ドラマ脚本他[編集]

その他[編集]

関係人物[編集]

アシスタント[編集]

さくらももこを演じた人物[編集]

1992年NHKドラマ『さくら家の人びと』ももこ役

『ちびまる子ちゃん』関連作品で演じた人物。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ さくらがたまの大ファンであり石川の妻とも交流があり『富士山』にも登場しているほか、共に温泉へ行ったり石川の店「ニヒル牛」にも参加したりしている。また、「あっけにとられた時のうた」のテレビ版のレコーディングにも立ち会っている。

出典[編集]

  1. ^ 植木裕香子 (2018年9月8日). “さくらももこさんの命奪った「乳がん」 “アラフィフ世代”はご用心 早期発見なら10年生存率95%”. 産経新聞. https://www.sankei.com/premium/amp/180908/prm1809080013-a.html 2018年9月20日閲覧。 
  2. ^ a b “さくらももこさんご逝去の報”. 日本アニメーション株式会社. (2018年8月27日). オリジナル2018年8月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180827131044/http://www.nippon-animation.co.jp/news/information/6607/ 2018年8月27日閲覧。 
  3. ^ “まるい笑顔 輝いた 子どもの日常 絶妙な笑い”. 東京新聞. (2018年8月28日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018082802000137.html 2018年8月29日閲覧。 
  4. ^ イエローパープル公式サイトの「ABOUT "YELLOWPURPLE"」より
  5. ^ a b さくらももこがグラジャンで新連載、告知ビジュアルに四角い顔した謎の少女”. コミックナタリー (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  6. ^ “さくらプロダクションからお知らせです。”. さくらももこ公式ブログ. (2018年8月27日). オリジナル2018年8月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180827131211/https://lineblog.me/sakuramomoko/archives/67300025.html 2018年8月27日閲覧。 
  7. ^ “漫画家のさくらももこさん死去、53歳 「ちびまる子ちゃん」など”. 産経ニュース. 産経新聞社. (2018年8月27日). オリジナル2018年8月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180827131309/https://www.sankei.com/entertainments/news/180827/ent1808270004-n1.html 2018年8月27日閲覧。 
  8. ^ さくらももこ『ももこのしゃべりことば』ニッポン放送出版 1992年
  9. ^ 浜崎憲孝『僕、はまじ。』(彩図社、2002年)
  10. ^ 『ちびまる子ちゃん(8)』(集英社、1991年)「まる子みんなにばかにされる」の巻より(130-131頁)。
  11. ^ “ちびまる子ちゃんファン涙 西城秀樹さんに続き、さくらももこさんまで…”. スポニチアネックス. (2018年8月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/27/kiji/20180827s00041000286000c.html 2018年8月28日閲覧。 
  12. ^ さくらももこ 『ももこの話』 集英社、2006年。ISBN 4087460215。
  13. ^ “さくらももこ:9年ぶり新連載がスタート 1話は「ちびしかくちゃん」”. MANTANWEB. (2015年10月7日). http://mantan-web.jp/2015/10/07/20151006dog00m200033000c.html 2015年10月7日閲覧。 
  14. ^ “ちびしかくちゃん:「ちびまる子ちゃん」のセルフパロディー連載開始 意地悪“だまちゃん”登場”. MANTANWEB. (2016年10月19日). http://mantan-web.jp/2016/10/19/20161018dog00m200016000c.html 2016年10月19日閲覧。 
  15. ^ a b “細野×小山田×瀧「まるちゃんの静岡音頭」CDリリース決定”. 音楽ナタリー. (2013年5月31日). http://natalie.mu/music/news/91754 2016年12月17日閲覧。 
  16. ^ “さくらももこが和田アキ子90作目作詞&ジャケ”. ナタリー. (2014年10月16日). http://natalie.mu/comic/news/128801 
  17. ^ 琵奈子オフィシャルサイト”. 2015年3月9日閲覧。
  18. ^ “MACO、新曲はさくらももこ作詞のウエディングソング”. 音楽ナタリー. (2015年1月6日). http://natalie.mu/music/news/135502 2015年7月8日閲覧。 
  19. ^ “けーこ、さくらももこさん作詞第2弾「奇跡のようです」”. サンケイスポーツ. (2015年9月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150912/geo15091216520021-n1.html 2015年9月13日閲覧。 
  20. ^ a b “「映画ちびまる子ちゃん」ウルフルズ&大原櫻子が参加、さくらももこがオファー”. コミックナタリー. (2015年9月28日). http://natalie.mu/comic/news/161187 2015年10月7日閲覧。 
  21. ^ “「GJ8マン」CD先行発売 さくらももこさん作詞”. 岐阜新聞. (2016年12月9日). オリジナル2016年12月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161217131119/http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20161209/201612090850_28590.shtml 2016年12月17日閲覧。 
  22. ^ “さくらももこ×来生たかおの楽曲を中納良恵、太田裕美、原田郁子ら7名が歌う”. ナタリー. (2017年9月15日). https://natalie.mu/comic/news/248814 2017年10月1日閲覧。 
  23. ^ “『ちびまる子ちゃん』の新エンディングにPUFFY!タイトルは「すすめナンセンス」”. RBBTODAY. (2017年10月3日). https://www.rbbtoday.com/article/2017/10/03/155034.html 2017年10月17日閲覧。 
  24. ^ 『さくらももこのウキウキカーニバル』制作スタッフインタビュー 任天堂
  25. ^ a b お悔やみ - 静鉄グループ公式HP。2018年8月28日発信。
  26. ^ 当サイトについて ヒカルランド
  27. ^ ファイアーエムブレム25周年記念商品”. 2017年10月1日閲覧。
  28. ^ 遺作イラストの「ニベア」9月発売

関連項目[編集]