さくらももこのオールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さくらももこのオールナイトニッポン
ジャンル バラエティ
放送方式 録音放送(稀に生放送)
放送期間 1991年10月21日 - 1992年10月12日
放送時間 毎週月曜日 25:00 - 27:00 (JST)
放送回数 46回
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ さくらももこ
出演 宮永正隆
ディレクター 中山千彰
テンプレートを表示

さくらももこのオールナイトニッポン』はニッポン放送深夜放送オールナイトニッポンで、漫画家さくらももこがパーソナリティを担当していたラジオ番組。1991年10月21日放送開始、1992年10月12日放送終了[注 1]

放送時間[編集]

  • 毎週月曜日 25:00 - 27:00(深夜=火曜日未明 1:00 - 3:00。JST) ※『オールナイトニッポン』月曜1部枠[注 1]

概要[編集]

  • 放送開始の前週である1991年10月15日未明に放送された『中島みゆきのオールナイトニッポン』の復活スペシャルの放送内でさくらが中島みゆき宛にリスナー風のファックスにて番組開始メッセージを送り読まれていた。
  • さくらが毎週、生放送でやるのを非常に不安に感じたため、録音放送だった。
  • さくらの自宅で当番組を録音したことがある。
  • 開始当時はさくら1人でパーソナリティを担当していたが、暫くしたら当時の夫であった宮永正隆(通称:みーやん)が聞き手役として以降番組終了時まで出演していた。
  • 番組内のフィラー曲としてさくらが作詞し『ちびまる子ちゃん』のまる子役のTARAKO他『ちびまる子』のキャラクターが歌う「仲よしマーチ」が使用された。
  • 放送日は不明だがフリッパーズ・ギター解散の第一報を放送した。
  • さくらが2018年8月15日に死去したことを受け、『長谷川幸洋のOK! Cozy up!』 8月28日の番組内で、当番組の1992年9月7日放送回からの一部音源が流された[2]
  • その後、2018年9月12日に行われたニッポン放送の定例記者会見で、かつて、『ビートたけしのオールナイトニッポン』でディレクターを務め、この時点では専務を務めている森谷和郎が[3]、さくらが「おしゃべりがユニークでビートたけしさんの『オールナイトニッポン』のファンでリスナーだった。ハガキも何通か出したということで、ぜひ『オールナイトニッポン』をやりたいということでスタートした」と番組開始の経緯を語ったうえで、「たけしさんからもらった直筆の絵が3枚あって、売れっ子だったさくらさんが『欲しい』ということだったので、(たけしさんからさくらももこに対して)あげました」とエピソードを話した[4]。また、前述したように、音源をオンエアした反響について、ニッポン放送の社長である岩崎正幸は「リスナーからも惜しむ声が多く、当時の声を聞くことができてうれしかったという反響があった」と述べている[3]

スタッフ[編集]

番組本[編集]

  • 『ももこのしゃべりことば』(ニッポン放送出版、1992年5月30日、ISBN 4-594-00939-5) ※本番組のトークが収録[1]

その他[編集]

  • 1992年2月17日放送回にて、TARAKOとフォークシンガーのイルカがゲスト出演。両者ともさくらと声が酷似しているため、リスナーやラジオブース内を“混乱”に陥れた回として話題となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 参考:
    • 次の資料より、開始年月日は1991年10月21日、終了年月日は1992年10月12日、担当枠は月曜1部である旨が明記[1]
      • 次の資料では、開始時期について1991年10月と記載[2]
      • 次の資料では、終了時期について1992年9月末と誤記[2]
      • 次の資料では、1991年から1992年まで担当の旨が記載[3][4]
    • 放送時間について“毎週月曜日の深夜1時~3時”と記載[2]

出典[編集]

参考資料[編集]

  • ニッポン放送監修、オールナイトニッポン友の会編『オールナイトニッポン大百科』(1997年10月2日発行、主婦の友社)ISBN 978-4072225516

関連項目[編集]