さくらバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さくらバスは、広島県廿日市市における自主運行バス(コミュニティバスデマンド交通)の愛称である。運賃や時刻表等は事業者のサイト等を参照のこと。

廿日市さくらバス

概要[編集]

事業の正式名称は「廿日市市循環バス」。廿日市市が生活交通再編計画を策定して開始したコミュニティバス事業である。愛称は廿日市市の木であるサクラにちなんだもので、公募により決定した。

廿日市地区(旧廿日市市域)で運行される「廿日市さくらバス」と佐伯地区で運行される「佐伯さくらバス」「佐伯デマンドバス」と吉和地区で運行される「吉和さくらバス」「吉和デマンドバス」に大別される。廿日市さくらバスは広電バス廿日市出張所が、佐伯さくらバス(玖島線)・佐伯デマンドバス(玖島・友和線・所山線)は佐伯交通が、佐伯さくらバス(浅原線)・佐伯デマンドバス(浅原線・飯山・中道線)・吉和さくらバス・吉和デマンドバスは津田交通がそれぞれ運行事業の委託を受けている。年末年始(12月29日〜1月3日)はすべて運休となるなど、営利事業としてよりは公的事業としての性格が強い。

廿日市市の自主運行バスにはこの他、大野地区で運行される「おおのハートバス」がある。現在の廿日市市は平成の大合併以前の旧町村(旧廿日市市と旧佐伯町・旧大野町・旧吉和村)ごとに地域の性格が異なり、地域住民のニーズの変化と民間バス路線の採算性の悪化によって民間バス事業者の撤退が危惧されていることから、市において「廿日市市公共交通協議会」を設置し、策定された計画のもと、持続可能な生活交通の維持・確保が図られている。「さくらバス」は現在のところ、廿日市地区と佐伯地区と吉和地区の自主運行バスについてのみ冠されている名称である。

路線[編集]

廿日市さくらバス[編集]

廿日市地区(旧廿日市市域)を運行エリアとする。東循環線と西循環線があり、東循環線には佐方ルートと宮内ルートの2路線がある。3路線とも起終点は「廿日市市役所前駅」バス停で、広島電鉄宮島線に接続する。運行開始の時点では「廿日市市役所」バス停(市役所正面玄関前)が起終点だったが、廿日市市役所前駅の整備事業(旧平良駅の現在地への移設、駅前ロータリーおよび進入路の整備)完成に伴い変更された。時刻表等は下記外部リンク「自主運行バス(さくらバスなど)」を参照。

西循環線[編集]

1日の運行本数は左回り平日6便・土日祝5便、右回りは全日2便。以下は左回りの停車順であり、右回りは逆順となる。

東循環線[編集]

佐方ルート・宮内ルートとも一方向の運行である。一日の運行本数は平日8便・土日祝5便。

  • 佐方ルート
    • 廿日市市役所前駅→あいプラザ→ゆめタウン廿日市廿日市市役所→榎浦橋→廿日市→広電廿日市駅→中国醸造前→桜尾→大東住宅前→山陽女子大→佐方保育園前→佐方下→佐方中→佐方→佐方上→月見台団地→緑ヶ丘団地口→屋代→緑ヶ丘入口→佐方四丁目東→佐方四丁目→山陽女子大駅北→山陽女子大前→城内→JR廿日市駅前→平良山手集会所前→平良農協→平良大橋→ゆめタウン廿日市→廿日市市役所→あいプラザ→廿日市市役所前駅

佐伯さくらバス[編集]

玖島線[編集]

  • 津田 - 佐伯支所 - さいき文化センター - 十王堂 - 佐伯中学校前 - 玖波分れ - 友和郵便局 - 友和学校 - [友和学校ロータリー] - 玖島分れ - 玖島
    • 友和学校ロータリーは、津田行きの一部の便のみ停車。
  • 津田 → 佐伯支所 → さいき文化センター → 十王堂 → 佐伯中学校前 → 玖波分れ → 友和郵便局 → 友和学校 → 玖島分れ → 玖島 (→ 上大沢口 → 玖島 → 玖島川上 → 平谷 → 玖島)
    • 日曜・祝日は運休。()内は、玖島着の時点で利用者が乗車している場合のみに降車専用として運行。
  • 友和学校ロータリー → 玖島分れ → 玖島 (→ 上大沢口 → 玖島 → 玖島川上 → 平谷 → 玖島)
    • 日曜・祝日は運休。()内は、玖島着の時点で利用者が乗車している場合のみに降車専用として運行。
  • 玖島 → 玖島分れ → 友和学校ロータリー
    • 土曜・日曜・祝日は運休。
  • (玖島 → 玖島川上 → 平谷 → 玖島 → 上大沢口 →) 玖島 → 玖島分れ → 友和学校 → 友和郵便局 → 玖波分れ → 佐伯中学校前 → 十王堂 → さいき文化センター → 佐伯支所 → 津田
    • 日曜・祝日は運休。()内は、乗車専用として運行。

浅原線[編集]

佐伯デマンドバス[編集]

  • 利用対象地区内在住者が利用する場合は、事前に利用登録が必要となる。それ以外の者が利用する場合は、乗車した車内で所定の用紙に住所、名前、連絡先などの記入が必要となる。
  • 全便祝日・年末年始運休。

玖島・友和線[編集]

  • 玖島 - 川上・平谷・大沢 - 玖島 - 光ヶ丘・本谷・乙丸 - 玖島分れ - 十王堂 - 津田
    • 月曜・水曜・金曜のみ運行。

所山線[編集]

  • 大虫 - 助藤 - 所山 - 津田 - 十王堂 - マックスバリュ佐伯店
    • 火曜・木曜・土曜のみ運行。

浅原線[編集]

  • 冷川 - 猪迫 - 成ヶ原 - 小田原 - 市野 - 浅原 - 津田 - 十王堂
    • 火曜・木曜・金曜・土曜のみ運行。

飯山・中道線[編集]

  • 飯山 - 中道 - 津田 - 十王堂
    • 月曜・水曜のみ運行。

吉和さくらバス[編集]

  • 佐伯中学校前 - 十王堂 -) さいき文化センター - 佐伯支所 - 津田 - 上栗栖 - 羅漢温泉 - ≪飯山集会所/飯山≫ - 福祉センター - 吉和支所 - 駄荷 - 吉和車庫
    • 4月 - 10月は飯山集会所(市道)経由、11月 - 3月は飯山(国道186号)経由で運行。佐伯中学校前 - さいき文化センター間は土曜・日曜・祝日は運休。

吉和デマンドバス[編集]

  • 吉和地区在住者が事前に登録して、利用の際に電話等で予約する形態である。それ以外の者が利用する場合は、乗車した車内で所定の用紙に住所、名前、連絡先などの記入が必要となる。吉和支所発着で、吉和地域全域を運行する。全便祝日運休。

車両[編集]

廿日市さくらバスで使用されている日野・ポンチョ

廿日市さくらバス[編集]

2017年11月現在、4台が在籍し平日は3台、土日祝は2台が使用される。

  • 故障や車検等で車両が不足した場合、広電バスの原・川末線で使用される日野レインボーRJ及びいすゞエルガミオが使用される場合がある。

佐伯さくらバス[編集]

佐伯デマンドバス[編集]

吉和さくらバス[編集]

吉和デマンドバス[編集]

運賃[編集]

1回乗車ごとの均一運賃。大人・小人と障がい者の運賃は異なる。ICカード乗車券については、広島県エリアの交通系ICカード「PASPY」やJR西日本のICOCAを含め一切利用できない。

沿革[編集]

  • 2000年
    • 10月1日 現在の廿日市さくらバスの前身となる試験運行を開始(車両は広電バスの小型路線用車両を使用)
    • 試験運行当初の路線名称は「東線」「西内線」「西外線」であった。東線は現在の東循環線佐方ルート、西内回り線は現在の東循環線宮内ルート、西外回り線は現在の西循環線として、いずれも引き継がれている
  • 2004年
    • 9月1日 吉和さくらバス(現在の吉和デマンドバス)の運行を開始
  • 2010年
    • 5月1日 廿日市さくらバス - 東循環線宮内ルートに「キラキラ公園停留所」を新設
  • 2013年
    • 12月2日 廿日市さくらバス - 新ルートでの実証運行を開始
    • 12月2日 廿日市さくらバス - 運賃を変更(一律値上げ)
  • 2014年
    • 8月25日 廿日市さくらバス - ダイヤを改正
    • 8月25日 廿日市さくらバス - 「のりのりキャンペーン」を開始
  • 2015年
    • 4月1日 廿日市さくらバス - 「のりのりキャンペーン」の期間を延長
    • 6月29日 廿日市さくらバス - 「ゆめタウン廿日市」への乗り入れを開始
    • 6月29日 廿日市さくらバス - 実証運行開始により中止されていた東循環線宮内ルートの「JA広島総合病院」乗り入れを再開
    • 6月29日 廿日市さくらバス - 西循環線の運賃を変更(一律値下げ)
    • 10月1日 廿日市さくらバス - 「のりのりキャンペーン」の期間を再延長
  • 2016年
    • 9月30日 廿日市さくらバス - 「のりのりキャンペーン」を終了
  • 2019年
    • 1月28日 佐伯さくらバス・吉和さくらバスの運行を開始

今後の予定[編集]

廿日市市地域公共交通網形成計画などに記載の、検討中の事項の一部である。

  • ゆめタウン廿日市開業やJR廿日市駅の整備、さくらバス西循環線・東循環線の運行体制の見直しのため、実証運行期間が延長されている。
  • 廿日市さくらバスが運行しているルートの一部を広電バスも含め路線再編し運行する検討がされている。
  • 定期券制度およびICカードの導入を検討されている。

利用促進施策[編集]

廿日市さくらバスでは利用促進のため「のりのりキャンペーン」が2014年8月25日から実施された。通常回数券の発売額は1,000円(額面1,100円)だが、通常回数券の表紙4枚を専用台紙に貼り付けて運転士に渡すと特別回数券を500円(額面1,100円)で購入できるというもの。期間は当初2015年3月31日までとなっていたが、好評により期間が2015年9月30日まで延長され、再度2016年9月30日まで延長された。キャンペーン期間終了後も同様の方式で特別ミックス回数券の販売は継続されている。定期券制度導入までは特別ミックス回数券の販売は継続される予定である。 同じく廿日市市自主運行バスである「おおのハートバス」でも同様のキャンペーンを実施しているが、回数券の相互利用はできない。