さざなみ (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さざなみ
アラビア海を航行する「さざなみ」
アラビア海を航行する「さざなみ」
基本情報
建造所 三菱重工業長崎造船所
運用者  海上自衛隊
艦種 汎用護衛艦(DD)
級名 たかなみ型護衛艦
建造費 640億円
母港
所属 第4護衛隊群第4護衛隊
艦歴
発注 2000年
起工 2002年4月3日
進水 2003年8月29日
就役 2005年2月16日
要目
基準排水量 4,650トン
満載排水量 6,300トン
全長 151m
最大幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.3m
機関 COGAG方式
主機 IHILM2500ガスタービン × 2基
川崎スペイSM1C × 2基
出力 60,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
最大速力 30ノット
乗員 175名
兵装 54口径127mm単装速射砲 × 1門
Mk.15 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)4連装発射筒 × 2基
Mk.41 VLS × 32セル
HOS-302 3連装短魚雷発射管 × 2基
搭載機 SH-60J/K 哨戒ヘリコプター × 1/2機
C4ISTAR OYQ-9D 戦術情報処理装置
OYQ-103 対潜情報処理装置
レーダー OPS-24C 対空
OPS-28D 水上
OPS-20 航海用
81式射撃指揮装置2型-31F × 2基
ソナー OQS-5
OQR-2 曳航式
電子戦
対抗手段
NOLQ-3-2 電波探知妨害装置
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
その他 曳航具4型 対魚雷デコイ
テンプレートを表示
左から、さざなみパララットいずもウィニペグスタレット

さざなみローマ字JS Sazanami, DD-113)は、海上自衛隊護衛艦たかなみ型護衛艦の4番艦。艦名は「」(微風等により水面に細かく小さな波が立つ)に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては大日本帝国海軍駆逐艦 雷型駆逐艦」、吹雪型駆逐艦」に続き3代目。

艦歴[編集]

「さざなみ」は、中期防衛力整備計画に基づく平成12年度計画4,600トン型護衛艦2242号艦として、三菱重工業長崎造船所で2002年4月3日に起工され、2003年8月29日に進水、2005年2月16日に就役し、第4護衛隊群第8護衛隊に編入されに配備された。

2006年6月27日テロ対策特別措置法に基づき、補給艦ましゅう」と共にインド洋に派遣、同年11月まで任務に従事し、12月21日に帰国した。

2008年6月24日から6月28日まで、日中防衛交流の一環として中国湛江に訪問した。これは戦後初の日本艦艇の訪中となる[1]。同年5月の日中首脳会談での合意によるもので、中国側からも2007年11月に中国海軍の「深セン」が東京港晴海埠頭に訪問していた。

2008年環太平洋合同演習 (RIMPAC) に参加した。

2009年3月14日ソマリア沖の海賊対策のために護衛艦「さみだれ」と共に第1次派遣海賊対処水上部隊を編成し呉を出航、約3週間後から護衛任務を開始する予定[2]であったが、3月30日オマーンサラーラ沖に到着した夕方から護衛活動を開始した。4月4日、警護対象外のシンガポール船籍タンカー「オーシャンアンバー」からの無線による救援要請を受け(船員法第14条適用)、4隻の不審船に接近してサーチライトの照射とLRADによりソマリ語で日本の海上自衛隊艦艇と名乗ると不審船は離れていった。なお海賊対策のための派遣に際し、12.7mm機関銃を4基搭載、舷側への防弾版増設も実施、艦載ヘリも2機搭載している。派遣期間中、計41回(121隻)の護衛活動を実施し、8月16日に帰国した。

2011年3月15日第8次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「いなづま」と共にソマリア沖・アデン湾に向かい呉基地から出航、同年4月9日から7月15日までの間、28回の護衛を実施し同年8月11日帰国した。

2013年11月13日、第17次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「さみだれ」と共にソマリア沖へ向けて出航した[3]。17次隊は、第151合同任務部隊(CTF-151)の活動に初めて参加し、ゾーンディフェンス等の任務を行い、2014年5月17日に帰国した。

2014年3月12日、編成替えにより、第4護衛隊群第4護衛隊に編入。定係港は呉である。

2017年5月2日、呉を出港し豊後水道を抜け、3日午前に四国沖の太平洋上で安全保障関連法に基づき「米艦防護」を実施中の護衛艦「いずも」と合流し、米海軍太平洋艦隊所属のルイス・アンド・クラーク級貨物弾薬補給艦リチャード・E・バード英語版」の防護に加わった。米艦防護は3日午後4時ごろ鹿児島県奄美大島沖で終了した[4]。その後、「いずも」及びアメリカのミサイル駆逐艦2隻とともに、南シナ海で5月7日から10日にかけて陣形・通信などの日米共同訓練を実施[5]5月15日シンガポール共和国及び同国周辺海空域で実施されるシンガポール海軍主催国際観艦式及び多国間洋上訓練に参加し[6]、同月20日には医療活動などを通じて各国が交流を深める米軍主導の「パシフィック・パートナーシップ」の一環としてベトナムカムラン湾に寄港した[7]。7月10日から17日までインドチェンナイ) 及びインド東方海域で実施される日米印共同訓練(マラバール2017)に参加する[8]

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 大塚嘉徳 2005.2.16 - 2006.4.2   さざなみ艤装員長 横須賀海上訓練指導隊船務航海科長
2 高森安生 2006.4.3 - 2008.3.25 防大23期 大湊地方総監部
管理部援護業務課長
ときわ艦長
3 溝江和彦 2008.3.26 - 2010.3.24 防大28期 佐世保地方総監部
管理部人事課長
あしがら艦長 2009.7.1
1等海佐昇任
4 中村正三 2010.3.25 - 2012.3.25 防大32期 とね艦長 海上自衛隊第1術科学校教官
5 小出 渚 2012.3.26 - 2013.7.31   わかさ艦長 海上自衛隊第1術科学校
6 林 泰弘 2013.8.1 - 2015.4.9 防大30期 護衛艦隊司令部 呉海上訓練指導隊副長兼指導部長
7 池田正人 2015.4.10 - 2016.8.7 防大34期 第3ミサイル艇隊司令 護衛艦隊司令部付
8 奥村博隆 2016.8.8 - 2017.8.31 防大36期 海上自衛隊第1術科学校主任教官
9 小林卓雄 2017.9.1 - 防大44期  

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)