さだまさしベスト16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さだまさしベスト16
さだまさしベスト・アルバム
リリース
ジャンル ニューミュージック
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
チャート最高順位
さだまさし 年表
夢供養
(1979年)
さだまさしベスト16
(1979年)
随想録
(1979年)
『さだまさしベスト16』収録のシングル
テンプレートを表示

さだまさしベスト16』は、1979年6月25日にリリースされたシンガーソングライターさだまさしのコンピレーション・アルバムである。カセット・テープのみで企画された。

概要[編集]

  • 関白宣言」のリリースの2週間前に発売された。ワーナー・パイオニアの独自の企画であり、フリーフライトからリリースされた『夢供養』からは1曲も収録されていない。また当時の最新ヒット曲であった「天までとどけ」「惜春」は収録されているが、FREE FRIGHT RECORDS との但し書きが添えられている。ワーナー・パイオニアからの最後のさだ作品リリースとなった。
  • さだはグレープ時代から1981年11月の『昨日達…』までベスト・アルバムを出さなかった。

収録曲[編集]

カセットA面[編集]

  1. 天までとどけ
    シングル曲。当時の最新ヒット曲である。フリーフライト音源。
  2. 案山子
    シングル曲。のちアルバム『私花集』に収録。
  3. 檸檬
    アルバム『私花集』からの収録。シングル盤のヴァージョンではない。
  4. 晩鐘
    アルバム『風見鶏』からの収録。
  5. つゆのあとさき
    アルバム『風見鶏』からの収録。
  6. 絵はがき坂
    アルバム『帰去来』からの収録。のちシングル盤「雨やどり」のB面にシングル・カットされた。
  7. 惜春
    シングル曲。当時の最新ヒット曲である。ちなみにシングル盤では「天までとどけ」とは両方A面の規格であった。フリーフライト音源。
  8. 秋桜
    アルバム『私花集』からの収録。

カセットB面[編集]

  1. 雨やどり
    シングル曲。シングル盤以外では初の収録となる。この曲のみライヴ録音。
  2. 吸殻の風景
    シングル曲。のちアルバム『風見鶏』に収録。
  3. 童話作家
    アルバム『帰去来』からの収録。
  4. 飛梅
    アルバム『風見鶏』からの収録。
  5. 夕凪
    アルバム『帰去来』からの収録。この曲のみ、さだまさし作詩・渡辺俊幸作曲である。
  6. 線香花火
    シングル曲。同時リリースのアルバム『帰去来』にも収録。
  7. きみのふるさと
    アルバム『風見鶏』からの収録。
  8. 主人公
    アルバム『私花集』からの収録。
  • 「夕凪」以外は、すべて作詩[1]・作曲:さだまさし。

脚注[編集]

  1. ^ さだまさしの作品はすべて「作詞」ではなく「作詩」とクレジットされているので、誤記ではない。