さぶ (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さぶ
著者 山本周五郎
発行日 1963年8月
発行元 新潮社
ジャンル 時代小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書判
公式サイト www.shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-113410-9(文庫版
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

さぶ』は山本周五郎時代小説1963年1月から1963年7月まで「週刊朝日」に連載され、1963年8月に新潮社ポケット・ライブラリから刊行された。江戸下町の表具店に働く2人の青年の友情を描く。現在は新潮文庫に収録され、ロングセラーとなっている。新潮文庫版の累計部数は100万部を超える[1]

舞台化され、前進座松竹の舞台で上演されている。また、テレビドラマ化もされた。

あらすじ[編集]

江戸の下町両国で、雨で泣いているさぶの姿を見た栄二はさぶを慰める。二人は経師屋芳古堂で働いていた。しかし無実の罪をきせられ人間不信におちいった栄二は、人足寄せ場で苦難や試練と闘うことになる。

書誌情報[編集]

  • 『さぶ』新潮社〈ポケット・ライブラリ 48〉、1963年8月。
  • 『さぶ・彦左衛門外記』講談社〈山本周五郎全集 第13巻〉、1964年7月。
  • さぶ』新潮社〈新潮文庫〉、1965年12月。
    • 『さぶ』新潮社〈新潮文庫〉、1976年7月、改版。
    • 『さぶ』新潮社〈新潮文庫〉、2002年3月、改版。ISBN 978-4-10-113410-9。
    • 『さぶ』新潮社〈新潮文庫〉、2018年10月、100刷改版。
  • 『さぶ』新潮社〈山本周五郎小説全集 第18巻〉、1967年8月、愛蔵版。
  • 『さぶ』新潮社〈新潮小説文庫〉、1968年7月。
  • 『山本周五郎集』筑摩書房〈昭和国民文学全集 10〉、1973年8月。
  • 『完本山本周五郎全エッセイ』木村久邇典責任編集、中央大学出版部、1974年12月。
  • 『山本周五郎』新潮社〈新潮現代文学 17〉、1979年8月。ISBN 978-4-10-620517-0。
  • 『完本山本周五郎全エッセイ』木村久邇典責任編集、中央大学出版部、1980年2月、増補版。
  • 『さぶ・おごそかな渇き』新潮社〈山本周五郎全集 第16巻〉、1981年12月。ISBN 978-4-10-644016-8。
  • さぶ角川春樹事務所ハルキ文庫 時代小説文庫〉、2010年4月。ISBN 978-4-75-843465-2。
  • さぶ』新潮社〈山本周五郎長篇小説全集 第3巻〉、2013年7月。ISBN 978-4-10-644043-4。
  • さぶ』講談社〈講談社文庫〉、2018年1月。ISBN 978-4-06-293839-6。
  • さぶKADOKAWA角川文庫〉、2018年1月。ISBN 978-4-04-106234-0。

テレビドラマ[編集]

1966年のテレビドラマ[編集]

フジテレビ シオノギテレビ劇場
前番組 番組名 次番組
城砦
(1966.2.3 - 2.24)
さぶ
(1966.3.3 - 3.24)
鳩の橋
(1966.3.31 - 4.7)

2002年のテレビドラマ[編集]

2020年のテレビドラマ[編集]

山本周五郎ドラマ
さぶ
ジャンル テレビドラマ
原作 山本周五郎
脚本 戸田幸宏
演出 戸田幸宏
出演者 杉野遥亮
森永悠希
木竜麻生
白本彩奈
村杉蝉之介
やべきょうすけ
佐戸井けん太
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 柴田直之
西村崇
橋立聖史
プロデューサー 村松秀
三好保洋
撮影監督 佐藤有
編集 後田良樹
制作 NHKエンタープライズ
製作 NHK
ランプ
放送
放送チャンネルNHK BSプレミアム
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2020年1月11日
放送時間土曜 21:00 - 22:59
放送枠スーパープレミアム
放送分119分
回数1

特記事項:
NHK BS4Kにて2020年1月18日の19:00 - 20:59に放送。
テンプレートを表示

山本周五郎ドラマ さぶ』と題し、NHK BSプレミアムの「スーパープレミアム」にて2020年1月11日の21時から22時59分に放送された。杉野遥亮森永悠希のダブル主演[2][3]

また、NHK BS4Kにて2020年1月18日の19時から20時59分に放送された。

キャスト[編集]

主要人物[編集]
その他[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 山本周五郎『さぶ』
  • 脚本・演出 - 戸田幸宏NHKエンタープライズ
  • プロデューサー - 村松秀、三好保洋
  • 制作統括 - 柴田直之(NHK)、西村崇(NHKエンタープライズ)、橋立聖史(ランプ)
  • 制作 - NHKエンタープライズ
  • 制作・著作 - NHK、ランプ

舞台[編集]

1968年の舞台[編集]

上演期間
1968年9月1日 - 10月27日、芸術座
スタッフ
キャスト

2003年の舞台[編集]

上演期間
2003年1月2日 - 27日 - 新橋演舞場
キャスト

宝塚版[編集]

宝塚では白い朝[4]のタイトルで公演している

1974年の公演[編集]

月組公演
1974年1月31日 - 2月26日(新人公演:2月23日)、宝塚大劇場
形式名は「ミュージカル・プレイ」
10場
併演は『ロマン・ロマンチック
スタッフ
  • 脚本・演出:柴田侑宏
  • 作曲:寺田瀧雄
  • 編曲:寺田瀧雄・河崎恒夫
  • 音楽指揮:野村陽児
  • 振付:西川りてふ
  • 装置:黒田利邦
  • 衣装:小西松茂・中川菊枝
  • 照明:今井直次
  • 小道具:勝村四郎
  • 効果:中田正廣
  • 音響監督:松永浩志
  • 演出助手:村上信夫
  • 制作:野田浜之助
主な配役・本公演
主な出演・新人公演
  • 江夏淳
  • 美里景
  • 久美かおる
  • 愛みちる

1997年の公演[編集]

花組公演
1997年10月25日 - 11月11日、宝塚バウホール
1998年2月28日 - 3月8日、日本青年館
スタッフ
キャスト

前進座[編集]

  • 前進座の代表作の一つで1975年の初演以降800回以上の公演を重ねている。
  • 脚色は田島栄。演出は十島英明。音楽はいずみたく

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「生誕100年、山本周五郎は残った──現代人の琴戦にふれる時代小説(文化)」『日本経済新聞』2003年6月21日付朝刊、40頁。
  2. ^ 杉野遥亮&森永悠希『山本周五郎ドラマ さぶ』制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年7月1日). 2019年7月1日閲覧。
  3. ^ “杉野遥亮&森永悠希、ダブル主演『山本周五郎ドラマ さぶ』映像化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2138967/full/ 2019年7月1日閲覧。 
  4. ^ 60年史別冊 1974, p. 150.

参考文献[編集]

  • 編集発行人:橋本雅夫『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』宝塚歌劇団、1974年。