さよならくちびる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さよならくちびる
監督 塩田明彦
脚本 塩田明彦
原案 塩田明彦
製作 瀬戸麻理子(企画・プロデュース)
根岸洋之
高橋尚子
製作総指揮 小竹里美
出演者 小松菜奈
門脇麦
成田凌
篠山輝信
松本まりか
新谷ゆづみ
日髙麻鈴
青柳尊哉
松浦祐也
篠原ゆき子
マキタスポーツ
音楽 きだしゅんすけ
主題歌 ハルレオ「さよならくちびる」
撮影 四宮秀俊
編集 佐藤崇
制作会社 マッチポイント
製作会社 「さよならくちびる」製作委員会
配給 ギャガ
公開 日本の旗 2019年5月31日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

さよならくちびる』は、2019年5月31日公開の日本映画である[1][2]。主演は小松菜奈門脇麦[1]。なお、映画と同名タイトルの主題歌「さよならくちびる」を秦基博、挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」をあいみょんが提供し、主演の2人が音楽ユニット「ハルレオ」として歌唱する[3]

あらすじ[編集]

インディーズで注目を浴びた女性ギター・デュオ「ハルレオ」は、それぞれの道を歩むため解散を決めた。彼女たちはローディマネージャーのシマを伴って、全国7都市を巡るさよならツアーに出発する。レオはシマ、シマはハルに思いを寄せており、ハルもレオに特別な感情を抱いていた。

全国ツアーの道中、歌詞にしか書けないハルの真実と、歌声でしか出せないレオの想い、 隠し続けたシマの本音が少しずつ明らかになり、すれ違う思いをぶつけ合って生まれた曲「さよならくちびる」は、3人の世界をつき動かしていく――。

キャスト[編集]

レオ
演 - 小松菜奈[1]
ハル
演 - 門脇麦[1]
シマ
演 - 成田凌[1]
その他
篠山輝信
松本まりか
新谷ゆづみ[4]
日髙麻鈴[4]
青柳尊哉
松浦祐也
篠原ゆき子
マキタスポーツ

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本・原案:塩田明彦[1]
  • 音楽:きだしゅんすけ
  • 主題歌:ハルレオ「さよならくちびる」 Produced by 秦基博
  • 挿入歌:ハルレオ「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」 作詞作曲:あいみょん
  • 製作:依田巽、中西一雄、定井勇二
  • エグゼクティブプロデューサー:小竹里美
  • 企画・プロデュース:瀬戸麻理子
  • プロデューサー:根岸洋之、高橋尚子
  • 音楽プロデューサー:北原京子
  • 協力プロデューサー:村野英司
  • ラインプロデューサー:大日方教史
  • 撮影:四宮秀俊
  • 照明:秋山恵二郎
  • 録音:鶴巻仁
  • 美術:竹内公一
  • 装飾:石田満美
  • スタイリスト:伊賀大介
  • ヘアメイク:倉田明美
  • 編集:佐藤崇
  • サウンドエディター:伊東晃
  • スクリプター:近藤真智子
  • VFX:浅野秀二
  • 助監督:毛利安孝
  • 制作担当:小川勝美
  • アソシエイトプロデューサー:増山紘美
  • 助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会
  • 制作プロダクション:マッチポイント
  • 製作幹事・配給:ギャガ
  • 製作:「さよならくちびる」製作委員会(ギャガ、カルチュア・エンタテインメント、マッチポイント)

脚注[編集]

[ヘルプ]