さよならを教えて (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さよならを教えて
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1983年10月5日〜1983年12月28日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送木下プロダクション
演出 飯島敏宏森田光則松本健
脚本 鹿水晶子、椋露地桂子
プロデューサー 阿部祐三、山田尚
出演者 古谷一行古手川祐子小川知子 ほか
オープニング エア・サプライ『渚の誓い』
テンプレートを表示

さよならを教えて』(さよならをおしえて)は、1983年10月5日から1983年12月28日まで、毎日放送制作・TBS系列にて放映されたテレビドラマ

放送時間は毎週水曜日22:00~22:54。全13話。

概要・内容[編集]

婦人雑誌の大手で老舗の「主婦倶楽部」社は新たな雑誌「せらび」を立ち上げ、他社との新雑誌争いに加わることになった。「せらび」編集長にはインタビュアーとして注目を集めていた若杉玲以子が常務の矢沢によって抜擢された。しかしベテラン編集者の吉村徹は、これに不可解な態度を見せたが、かつて交際していた玲以子と徹はこれがきっかけで10年ぶりに再会する。徹に恋心を抱き、玲以子にライバル心を持つ編集部員・菅野麻里らも絡み、新雑誌編集部を舞台に展開する愛情ドラマ。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:飯島敏宏
  • プロデューサー:阿部祐三、山田尚
  • 脚本:鹿水晶子、椋露地桂子
  • 演出:飯島敏宏、森田光則松本健
  • 演出補:赤羽博 ほか
  • 制作担当:大谷弘
  • 音楽:渡辺博也
  • 技術:太田博
  • カメラ:志村泰史
  • 照明:倉本輝彦
  • 美術:石田道昭
  • 美術制作:池田幸雄
  • 制作:木下プロダクション、毎日放送

主題歌[編集]

挿入歌[編集]

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1983年10月5日 愛は遊びと男は思った 鹿水晶子 飯島敏宏
2 10月12日 愛・あなたがしてくれたこと 森田光則
3 10月19日 男が見えてくる 松本健
4 10月26日 冷めないうちに 飯島敏宏
5 11月2日 アメリカ映画みたいに 森田光則
6 11月9日 情事のシルエット 椋露地桂子
7 11月16日 北風に襟を広げて 鹿水晶子 松本健
8 11月23日 女どき男ドキ!
9 11月30日 禁じられた出逢い 椋露地桂子 森田光則
10 12月7日 おんな旅安曇野行 鹿水晶子 松本健
11 12月14日 女が炎に変わる時 森田光則
12 12月21日 揺れて流れて 松本健
13 12月28日 翔びたつ女たち 飯島敏宏

参考文献[編集]

脚注[編集]


MBSTBS 水曜22時台(1983年10月 - 1983年12月)
前番組 番組名 次番組
シリーズ・水曜の女
ひと夏の復讐
さよならを教えて (テレビドラマ)