さよなら人類/らんちう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さよなら人類/らんちう
たまシングル
初出アルバム『さんだる
A面
  • さよなら人類
  • らんちう
リリース
ジャンル
レーベル 日本クラウン
作詞・作曲
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 1990年度年間4位(オリコン)[2]
  • たま シングル 年表
    • さよなら人類/らんちう
    • (1990年)
    テンプレートを表示

    さよなら人類/らんちう』(さよならじんるい/らんちう)は、日本バンドたまデビューシングル。1990年5月5日に日本クラウンより発売された。

    解説[編集]

    当時一大ムーヴメントを引き起こし、若手バンドの登竜門ともなったTBS音楽番組平成名物TV三宅裕司のいかすバンド天国』の14代目イカ天キングとなったたまのメジャーデビュー作。イカ天では一週目に「らんちう」、二週目に「さよなら人類」が披露され、たまの音楽性の幅の広さを印象付けた。

    1990年5月14日付のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得し[3]、5週間後の6月18日付の同ランキングでも首位に返り咲くなどのロングヒットとなり、同年のオリコン年間シングルチャートでは4位を記録、累計売上約60万枚のヒットとなった[1][4]。しかし本作以降ヒットを飛ばせなかった一発屋と評される向きも強い[注 1]

    ジャケットはメンバーの顔を模した粘土人形が並んだデザインとなっているが、当初打ち合わせしたものとは大きく異なったものなのだという。そのため、メンバーの中には発売日の延期を承知の上で変更を希望した者もいた[5]

    カセットテープ盤も発売され、カセット盤にのみ楽曲のカラオケバージョンが収録されている。

    収録曲[編集]

    全編曲:たま、高浪敬太郎

    1. さよなら人類
      (作詞・作曲:柳原幼一郎
      宝酒造・アレフ」CMソング
      たまの代表曲のひとつである。映画猿の惑星』や『2001年宇宙の旅』ないし『2010年』のイメージを想起させるような歌詞となっている。この曲で第41回NHK紅白歌合戦に出場した。
      石川によると、曲はフリーセッションから生まれており、このセッションの中で石川浩司作の「家族」も生まれているという[6]。また、「つぼみのままで」という歌詞は、柳原が以前に制作した「私はつぼみよ」という楽曲に由来する[7]
      シングル盤では独自のアレンジが加えられており、アルバム『さんだる』では「オリジナル・ヴァージョン」が収録されている。ライブでは間奏の部分がアドリブで披露される。
      あくまで柳原の持ち曲であるため、1995年に柳原が脱退した後は、バンドではこの曲は封印となった[注 2]
    2. らんちう
      (作詞・作曲:知久寿焼
      川崎製鉄(現・JFEスチール)TVCFソング
      結成初期の頃から演奏されていた楽曲で、イカ天初登場時に演奏した曲でもある。
      タイトルの「らんちう」は金魚ランチュウの意味。
      間奏に入る柳原の台詞は、ライブなどで演奏されるたびに内容が異なる。以前は台詞の部分も知久が担当していたが、不評だったため柳原が担当するようになったという[7]。知久が少年時代、100円で買ってもらい飼育していた鉄色ランチュウを元に歌ったもの。

    収録アルバム[編集]

    さよなら人類

    らんちう

    カバー[編集]

    さよなら人類[編集]

    アーティスト 収録 発売年 備考
    嘉門達夫 Al『天賦の才能 1992年 収録曲「よくわかる日本史」で、本作のサビの歌詞を一部変えて使用している。
    イ・パクサ Al『ポンチャック大百科』 1996年
    HEAVY HITTER All Stars Al『春の選抜!どパンク甲子園大会』 2003年
    Coo Al『全国ハモネプリーグLIVE! Vol.3』 2005年
    柳原陽一郎 Al『ふたたび たま時代の楽曲のセルフカバー盤
    Al『もっけの幸い 2015年 デビュー25周年記念ベストセレクションアルバム
    Al『GOOD DAYS 2021年 ピアノの弾き語りアルバム[8]
    野矢一樹(CV:伊瀬茉莉也) Al『THEリスペクト EB10 Vol.2 2012年 TV mix
    GHOST COMPANY Al『PUNK EATS J-POP-R-30 STYLE-』 パンクのアレンジになっている。
    EGO-WRAPPIN' Al『ROUTE 20 HIT THE ROAD』 2016年 結成20周年記念ベスト&カバーアルバム
    ハンバート ハンバート Al『FOLK』 デビュー15周年記念盤
    edda Al『ねごとの森のキマイラ 2018年

    このほか、知久寿焼福山雅治らがライブなどで披露している。

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 実際は3rdシングルも最高9位を記録し、その後もテレビ番組やCMへの楽曲提供も行うなど、19年間活動を継続した
    2. ^ ただし、解散ライブ『たまの最期!!』最終日にワタナベイビー(ホフディラン)が飛び入り参加し演奏された。

    出典[編集]

    1. ^ a b “伝説のバンド・たま 解散後の今を取材したドキュメンタリー映画公開へ”. ORICON NEWS (オリコン). (2010年7月2日). https://www.oricon.co.jp/news/77779/full/ 2020年3月14日閲覧。 
    2. ^ “「どんなときも。」で見せたアーティスト・槇原敬之の本質を丁寧に作品へと映させた『君は誰と幸せなあくびをしますか。』”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年5月22日). https://okmusic.jp/news/338057 2019年11月29日閲覧。 
    3. ^ 「たま」という船に乗っていた 第五章 狂乱の一年”. 石川浩司. 石川浩司. 2018年9月1日閲覧。
    4. ^ “【TOWER VINYL太鼓盤!】第6回 〈レコードの日〉に買いたいのはこれ! スタッフの太鼓盤17枚を一挙紹介”. Mikiki (タワーレコード). (2019年11月3日). https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/23364?page=2 2020年3月14日閲覧。 
    5. ^ 石川浩司. “第八章 船からひとり降りた”. 石川浩司のひとりでアッハッハー. 「たま」という船に乗っていた. 2018年9月1日閲覧。
    6. ^ 石川浩司. “第九章 淡々タヌキ時代”. 石川浩司のひとりでアッハッハー. 「たま」という船に乗っていた. 2018年9月24日閲覧。
    7. ^ a b 『月刊カドカワ』第8巻第9号、1990年9月1日、 71-75頁。
    8. ^ “柳原陽一郎、初めてのピアノ弾き語りアルバム「GOOD DAYS」リリース”. LMusic (LMusic). (2021年4月20日). https://lmusic.tokyo/news/156199 2021年5月1日閲覧。 

    関連項目[編集]