さるかめ合戦 (フィリピン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さるかめ合戦』(さるかめがっせん)は、フィリピン民話日本の民話『さるかに合戦』との類似性が、ホセ・リサールなどによって比較・論考されている[1]

カメではなく、サルカエルとする地域もある[2]

あらすじ[編集]

地域によって細かい描写は異なる[2]

むかしむかし。サルとカメが沿いを歩いているとバナナの木が流れてきた。サルとカメは協力してバナナの木を川から拾い上げると、サルはバナナの木の上半分、カメは下半分(のほう)に山分けすることになった[2]

サルは実っていたバナナを食べた。カメは木を植え育てた[2]

時が流れ、サルがもらったバナナの木の上半分は枯れてしまったが、カメがもらった下半分は育って、新たなバナナを実らせた[2]

バナナの木に登れないカメに、サルは自分がバナナを取ってくると告げ木に登ったが、カメには渡さずに自分でバナナを食べた[1]。怒ったカメは策略を用いてサルを木から落として大けがをさせた(死亡させたというパターンもある)[1][2]

怒ったサル(死亡パターンの場合は仲間のサル)はカメを捕らえるが、カメは「自分は泳げないから、川には投げ込まないで」とサルに頼む[1][2]。それを聞いたサルはカメを川に投げ入れ、カメは悠々と逃げ去った[1]

参考書籍[編集]

  • 村上公敏 『サルカメ合戦 フィリピンの民話』 筑摩書房〈ちくま少年図書館〉、1982年。ISBN 4-480-04060-9。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e テイクオフ:「さるかめ合戦」を知っているだろうか。”. アジア経済ニュース (2018年10月10日). 2018年12月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 内海敦子. “民話の収集:さる"かめ"合戦”. 明星大学. 2018年12月7日閲覧。