さんさんサタデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

UMKさんさんサタデー』(ユーエムケー さんさんサタデー)は、テレビ宮崎で放送されていたローカルワイド番組である。

全国番組で紹介されたことで一躍有名となり、テレビ宮崎および同社アナウンサーの知名度向上に一役買った。

概要[編集]

  • それまで放送されていた自社制作番組『スタジオ3時』の終了を受け、1977年4月2日に土曜日正午からの番組として放送開始。1992年9月26日に終了するまで、放送回数は実に788回を数える長寿番組であった。
  • 当初は真面目な情報番組だったが、南出雅之(UMKアナウンサー)が出演するようになってからはバラエティ色の濃い番組に変貌していった。「マー坊」「バニー」など、ローカル局では異例とも言える強烈なキャラクターを生み出す。
  • また、高橋巨典(UMKアナウンサー)も「珍々マン」の名称でリポーターとして出演。南出の路線を引き継ぎ、今日の全国区に至る礎を築いた。
  • 夏期に行われた宮崎県総合運動公園水泳場の飛び込み台で行う飛び込みは、いわゆるお笑い芸人が失敗したら水に落ちる等の体を張って行う企画と同様で、何かの罰ゲームではないが、飛び込む出演者の恐怖に慄く様や「無理」と拒否する様が視聴者にウケ、番組の名物となっていた[1]。このほかにも、番組開始当初、前半に「10人抜き歌合戦」のコーナーが組まれるなど、試行錯誤を繰り返しながら、数多の名物コーナーを送り出した。
  • 1980年代後半に放送された『金曜おもしろバラエティさんま・一機のその地方でしか見られない面白そうな番組を全国のみんなで楽しく見ちゃおうとする番組』シリーズで取り上げられたことで、一躍番組のみならず、社全体までもが全国的認知を得ることとなり、その後NGシーンはフジテレビNG大賞にも多数ノミネートされた。
  • 終了後は、『UMK土曜メッセ』を経て『UMKスーパーサタデー JAGA2天国』と、この番組が作り上げた“伝統”が受け継がれている。
  • タイトルに出ていた顔のある花のマークは2019年4月にスタートした「火曜ゴールデン よかばん!!」のタイトルにも使われている。

主なコーナー[編集]

とことんふるさと
『さんま・一機』で最初に取り上げられたのはこのコーナーであり、「泥んこプロレス」も展開された。
ダウンダウンセール
壽屋とタイアップしたテレビショッピング。『さんま・一機』で取り上げられた時の店員もまた強烈なキャラクターの持ち主であった。
ごはんマン、ごはん娘
中継で食事の店を紹介するコーナー。後に『UMKスーパーサタデー JAGA2天国』の「食王」に引き継がれた。
さんサタスポーツニュース
『さんま・一機』では、UMKチーム対地元消防団チームのソフトボールの試合が取り上げられていたが、実際には“珍プレー”集であった。高橋巨典のセクシャル・ハラスメント紛いの発言も飛び出した。
土曜はてげてげ
野呂圭介がリポーターとして県内に住む高齢者宅へ赴き、住んでいる高齢者自身の昔話等を聞いたりして語らう。最後には記念所を植樹する。このコーナーで植樹した旨を示すプレートも建てる。後にMRTラジオが『吼えろ!90歳』というこのコーナーに類似した番組を放送している。

歴代司会者[編集]

  • 石飛ひろあき
  • 甲斐三枝子(現:田中三枝子)
  • 南出雅之(UMKアナウンサー)
  • 岸川智美
  • 飛松聡子(当時UMKアナウンサー)
  • 島崎富佐子(現姓:成井) - もともとはUMKアナウンサーだったが、バニーと職場結婚してフリーに転向。
  • 戸澤真帆(当時UMK社員)

歴代出演者[編集]

  • 高橋巨典(UMKアナウンサー)
  • マー坊 - 津軽三味線の修行のため、番組途中で卒業する。
  • Mr.バニー(UMKディレクター)
  • ロッキー田口(料理店経営、ローカルタレント)
  • 相田久雄(当時UMKアナウンサー) - 元祖ごはんマン。
  • 塚田誉(当時UMKアナウンサー、現:地元のテレビ金沢アナウンサー) - ごはんマン。
  • 貴島あゆ美(当時UMKアナウンサー) - ごはん娘。
  • 野呂圭介
  • 調所優一郞 - ドキドキおじさん。
  • ほか

テーマ音楽[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後の同枠の番組『UMKスーパーサタデー JAGA2天国』でも行われた事がある。
テレビ宮崎 土曜昼のローカルワイド番組
前番組 番組名 次番組
-
UMKさんさんサタデー
(1977.4.2 - 1992.9.26)