さんふらわあ7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さんふらわあ > さんふらわあ7
さんふらわあ7
Kansaikisen sunflour7
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 日本の旗 日本
ギリシャの旗 ギリシャ
所有者 関西汽船
運用者 関西汽船
建造所 臼杵鉄工所(1165番船)
IMO番号 7323449
改名 (1973-1979)若潮丸
(1979-1991)さんふらわあ7
(1992-1995)アポロン
(1995-2002)ミノアンプリンス
(2002-2014)ゴールデンプリンス
就航期間 1973年 - 2011年
経歴
竣工 1973年
就航 1973年
運航終了 1991年 (さんふらわあ7)
引退 2011年
最後 2014年トルコで解体
要目
総トン数 7,494 トン
全長 124.9 m [1]
垂線間長 115.0 m[1]
全幅 17.2 m[1]
深さ 6.8 m
機関方式 ディーゼル
主機関 日本鋼管-SEMT ピルスティク 2基[1]
出力 21,600 ps[1]
最大速力 25ノット[1]
旅客定員 764名
乗組員 62名
テンプレートを表示

さんふらわあ7は、関西汽船が運航していたクルーズ客船。竣工時はRORO貨客船若潮丸であった。

概要[編集]

黒潮丸に続く関西汽船の沖縄航路向けのRORO貨客船の第二船として、臼杵鉄工所で建造され、若潮丸として1973年6月に阪神 - 奄美 - 沖縄航路に就航した。1978年3月、フェリーくろしおの投入によりフェリー航路化されたため係船。

1978年末に海外就航可能なクルーザーへの改造を決定し「X丸構想委員会」を設立し「近海国際線級の取得」「収容人数1000名」「船床のベッド化」「公室の充実と公室席数とベッドの比を1以上とする」の4点を目標とし、その後ゆとりと安全性を考慮し内航時805名・外航時500名の定員とし1979年6月に改装を完了しさんふらわあ7として再就航した[1]。関西汽船で初めて「さんふらわあ」塗装が導入され、竣工直後は国内クルーズに用い12月には国際船級取得に向けての改装を行い12月24日より海外クルーズ運用を開始した[1]。主にチャーター客船として使用され、四国創価学会所属メンバーの横浜訪問[2]、少年の船、青年の船、修学旅行、洋上セミナーなどで利用された。1987年から1989年まで3回、ピースボートがクルーズで利用している[3]

1991年、海外売船され、ギリシャエピロティキライン英語版アポロン(APOLLON)として就航した。クルーズ客船として使用され、定員は500名に減少した。

1995年ミノアンラインズ英語版に売却され、ミノアンプリンス(Minoan Prince)となった。

2002年11月、SEAFIGHTER NAFTIKI ETERIAへ売却され、ゴールデンプリンセス(Golden Prince)となり、イラクリオン発着のミニクルーズで使用された。

2007年4月にピレウスの造船所でドライドックに入ったが、その後、安全基準の強化のため、運航はサントリーニ島発着のワンデークルーズのみに限定された。

2011年以降、イラクリオンで係船されていたが、2014年4月、解体のためトルコへ売却された。

設計[編集]

クルーズ客船への改造にあたり、船首甲板と船尾甲板のクレーンは撤去されたが、右舷船尾に設置されていたランプウェイは残された。船体の上部と後部に船室が増設され、片弦5艘ずつ救命ボートが設置された。貨客船を改造したため、バス・トイレ付の船室は2室のみであるなど、クルーズ客船としての設備は不十分であった。

海外売船後、残されていたランプウェイも撤去されデッキが延長されるなど、クルーズ客船としてさらに改造を受けている。

船内(さんふらわあ7時代)
  • ナビゲーションデッキ
    • サンデッキ(風防ガラス付き)
  • Aデッキ
    • A客室(2名×5室、4名×24室 最前部両舷の計2室のみバス・トイレ付[1]
    • 医務室・薬局・病室
    • バスルーム
    • アスレティックエリア
    • スポーツデッキ(風防ガラス付き)
    • デッキバー
  • Bデッキ
    • B客室(6名×24室、8名×25室、ソファーベッド計25名)
    • バスルーム
    • レインボーサルーン - トロピカルな雰囲気とゲーム卓を設ける[1]
    • ビデオスクリーン
    • プールデッキ
  • Cデッキ
    • レストラン「ローズ」
    • カフェテリア
    • メイプルラウンジ
      • カクテルバー
      • ダンスフロア
  • Dデッキ
    • D客室(6名×5室、8名×9室)
    • 岩風呂大浴場
    • エントランスホール
      • 案内所・テレビ局・放送室
      • ショップ
      • パーサーズオフィス
      • オーガナイザーズルーム
    • ゲームコーナー
    • 図書室
  • Eデッキ
    • E客室(4名×3室、6名×6室、8名×4室)
    • 和室(内航時215名、外航時160名 見本市展示場を兼ねる[1]
    • ランドリー
    • さんふらわあホール(2層吹抜)
      • ステージ
      • 楽屋・ミキサールーム
  • Fデッキ
    • F客室(4名×1室、6名×3室、8名×4室 内航時のみ使用[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 改装クルーザー"さんふらわあ7" - 船の科学1979年12月号
  2. ^ 池田先生と四国 3つの原点”. 四国創価学会. 四国創価学会. 2020年2月22日閲覧。
  3. ^ 過去クルーズ一覧”. ピースボートステーション. ジャパングレイス. 2016年2月17日閲覧。