さんふらわあ きりしま (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さんふらわあ きりしま (初代)
Sun-Flower Kirishima JAPAN.jpg
大阪南港かもめフェリーターミナルにて
(2012年9月)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 ブルーハイウェイライン(1993-2000)
ブルーハイウェイライン西日本(2000-2007)
ダイヤモンドフェリー(2007-2011)
フェリーさんふらわあ(2011-2018)
運用者 ブルーハイウェイライン(1993-2000)
ブルーハイウェイライン西日本(2000-2007)
ダイヤモンドフェリー(2007-2009)
フェリーさんふらわあ(2009-)
建造所 三菱重工業下関造船所
姉妹船 さんふらわあ さつま (2代)
信号符字 JG5213[1]
IMO番号 9035125
MMSI番号 431586000
改名 さんふらわあ きりしま1
経歴
起工 1992年11月[1]
進水 1993年
竣工 1993年8月[1]
就航 1993年8月26日
運航終了 2018年12月16日
要目
総トン数 12,418 トン[1]
全長 186 m[1]
型幅 25.5 m[1]
型深さ 17.91m[1]
機関方式 ディーゼル[1]
主機関 2基[1]
推進器 2軸
出力 34,200馬力[1]
最大速力 25.5ノット
航海速力 23.5ノット
旅客定員 782名[1]
車両搭載数 トラック175台、乗用車140台
テンプレートを表示

さんふらわあ きりしま (初代)は、フェリーさんふらわあが運航していたフェリー

概要[編集]

さんふらわあ おおさか(旧・さんふらわあ5)の代船として三菱重工業下関造船所で建造され、ブルーハイウェイラインの大阪 - 志布志航路に1993年8月26日に就航した。

1997年から1999年までは東京 - 大洗 - 苫小牧航路で使用された。2000年の分社化によりブルーハイウェイライン西日本の所有となる。

関西汽船ダイヤモンドフェリーフェリーさんふらわあへの統合により、2009年11月1日からフェリーさんふらわあによる運航となった。その際、ファンネルマークがダイヤモンドフェリーの頭文字のDのマークからオレンジ1色に変更された。

2017年1月31日より、大阪港の発着地をかもめフェリーターミナルからコスモフェリーターミナルに移転[2]

後継船である2代目さんふらわあ きりしまの就航後は、船名をさんふらわあ きりしま1に変更し一時運航休止ののち2018年10月2日から31日まで3代目「さんふらわあ さつま[3][4]、11月26日から12月16日まで2代目「さんふらわあ きりしま」の機関トラブルに伴う代船として再度臨時運航された[5][6]

船内[編集]

接岸中の本船(大阪南港かもめフェリーターミナル)

船内インテリアは「地中海の風」を同型2隻のテーマとし、本船は南フランスのイメージで統一されている[7]。個室は全て海側で窓があり、トイレは温水洗浄便座付となっている。

船室タイプの一覧
タイプ クラス 定員 設備
個室 デラックス 2-3名 3名利用の場合は補助ベッド使用
ユニットバス、トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫、窓あり
デラックスB 2-3名 3名利用の場合は補助ベッド使用
シャワールーム、トイレ、洗面台、テレビ、窓あり
デラックスB(和室) 2-3名 シャワールーム、トイレ、洗面台、テレビ、窓あり
ファースト 4-5名 5名利用の場合はエキストラマット使用
2段ベッド、テレビ、窓あり
ファーストシングル 1名 テレビ、窓あり
寝台 ツーリストベッド 4名/6名 電源コンセント
大部屋 ツーリスト テレビ、電源コンセント(共用)

主な設備[編集]

  • エントランス
  • レストラン「コートダジュール」
  • 展望サロン「カンヌ」
  • 売店
  • 自動販売機
  • 展望風呂
  • コインロッカー
  • 喫煙コーナー
  • 授乳コーナー
  • ゲームコーナー
  • ペットルーム
  • ドライバー娯楽室
過去の設備
  • カードルーム
  • カラオケルーム
  • 和室「霧島」(ツーリストルームに変更)
  • ラウンジ「ソレイユ」(ツーリストルームに変更)
  • グリル「ル・ブルー」(フリースペースに変更)
  • スナック「ミモザ」(自販機コーナーに変更)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k さんふらわあ きりしま - ミカサ工業用品
  2. ^ フェリーさんふらわあ/南港コスモ第2ターミナル開業。大阪発着地統一で利便向上” (2017年2月2日). 2017年2月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月5日閲覧。
  3. ^ 【船体名称変更】旧さんふらわあきりしま⇒さんふらわあきりしま1 - フェリーさんふらわあ(2018年9月18日)
  4. ^ 【お詫び】10月2日(火)~10月31日(水)「さんふらわあさつま」 船体整備に伴う運休のお知らせ[リンク切れ] - フェリーさんふらわあ(2018年7月26日)
  5. ^ さんふらわあきりしま1を運航します[リンク切れ] - フェリーさんふらわあ(2018年11月22日)
  6. ^ フェリーさんふらわあ、「さんふらわあきりしま」が16日復帰 - WEB CRUISE(2018年12月11日)
  7. ^ 「地中海の風」を大阪/志布志航路に ”さんふらわあさつま”ブルーハイウェイライン/三菱重工下関造船所(Compass1993年3月号)