さんふらわあ さつま (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さんふらわあ さつま (2代)
Sunflowershibushi.jpg
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 ブルーハイウェイライン(1993-2000)
ブルーハイウェイライン西日本(2000-2007)
ダイヤモンドフェリー(2007-2011)
フェリーさんふらわあ(2011-2018)
運用者 ブルーハイウェイライン(1993-2000)
ブルーハイウェイライン西日本(2000-2007)
ダイヤモンドフェリー(2007-2009)
フェリーさんふらわあ(2009-2018)
建造所 三菱重工業下関造船所[1]
姉妹船 さんふらわあ きりしま (初代)
航行区域 近海(非国際)[1]
船級 JG第2種船[1]
信号符字 JG5189
IMO番号 9035113
MMSI番号 431319000
改名 さんふらわあ さつま1(2018)
DHARMA FERRY VII(2018)
経歴
進水 1992年11月14日[2]
竣工 1993年3月15日[3]
就航 1993年3月24日[2][3]
運航終了 2018年8月26日(日本)
最後 輸出
要目
総トン数 12,415 トン[2]
載貨重量 5,814 トン[2]
全長 186 m[2]
垂線間長 170.0m[1]
全幅 25.5 m[2]
深さ 9.7m(D甲板)[1]
満載喫水 6.6m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 NKK-SEMT 12PC4-2V 2基[1]
推進器 4翼ハイスキュード可変ピッチ2軸[1]
出力 34,200馬力[1]
最大速力 25.7ノット
航海速力 23.0ノット[1]
旅客定員 711名(竣工時)[1]
782名(1997年-)[4][2]
乗組員 60名[2]
車両搭載数 トラック175台、乗用車140台[2]
テンプレートを表示

さんふらわあ さつま (2代)は、フェリーさんふらわあが運航していたフェリー

概要[編集]

ブルーハイウェイライン「初代さんふらわあ さつま」の代船として三菱重工業下関造船所で建造され[1]、大阪 - 志布志航路に1993年3月24日に就航した[1]。同社では初の新造船であり、本船より従来のさんふらわあの太陽マークに加え胴体前方と後方の上部に水色のラインが入るカラーリングが採用された。

船体の大型化と車両甲板のノーピラー化で車両積載量を向上させ甲板高も高く取られトラック用のC・Dデッキの高さは9フィート6インチ高のコンテナが積載できる4.3mとし、冷凍貨物用の電源プラグの増設も行う他、ランプウェイも右舷前後に配置し荷役時間の短縮が図られた[1]。また、航海速力が23ノットに向上し所要時間が1時間短縮され14時間あまりとなった[1]

1997年4月19日からは東京 - 苫小牧航路に就航し、同年9月には大洗港への寄港を追加。1999年4月4日から志布志航路に復帰した。2000年の分社化によりブルーハイウェイライン西日本の所有となり、2007年にはダイヤモンドフェリーとブルーハイウェイライン西日本の合併に伴いダイヤモンドフェリーの所有となり、ファンネルマークもオレンジ地にダイヤモンドフェリーの菱形にDが入ったマークに変更された。

関西汽船とダイヤモンドフェリーのフェリーさんふらわあへの統合により、2009年11月1日からフェリーさんふらわあによる運航となる。その際、ファンネルマークがダイヤモンドフェリーの頭文字のDのマークからオレンジ1色に変更された。

2017年1月31日より、大阪港の発着地をかもめフェリーターミナルからコスモフェリーターミナルに移転[5]。 2015年11月、大阪 - 志布志航路への新造船導入が発表された。新造船は2018年3月と6月にそれぞれ就航が予定されていたが[6][7]、その後2018年5月・夏季の就航に変更された[8]

2018年4月にはさんふらわあ さつま1に改名され[9]、3代目さんふらわあ さつまの就航後はさんふらわあ ぱーる長期運休の代替として神戸 - 別府間で8月26日まで臨時運航した[4][10]

2018年9月には、船名をDHARMA FERRY VIIに変更し、インドネシアに売却(船籍はモンゴル)された[要出典]

船内[編集]

船内インテリアは「地中海の風」を同型2隻のテーマとし、本船は南スペインのイメージで統一されている[1]。個室は全て海側で窓があり[1]、トイレは温水洗浄便座付となっている。また、客室はすべて騒音源から遠く揺れの少ない高層部のA・Bデッキ中央部に集中させた[1]

船室タイプの一覧
タイプ クラス 定員 室数 設備
個室 デラックス
(旧・特等)
2-3名 10室 ツインベッド、3名利用の場合は補助ベッド使用
ユニットバス、トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫、窓あり
デラックスB
(旧・1等A)
2-3名 34室 ツインベッド、3名利用の場合は補助ベッド使用
シャワールーム、トイレ、洗面台、テレビ、窓あり
デラックスB(和室)
(旧・1等A)
2-3名 2室 布団、シャワールーム、トイレ、洗面台、テレビ、窓あり
ファースト
(旧・1等B)
4-5名 28室 5名利用の場合はエキストラマット使用
2段ベッド、テレビ、窓あり
ファーストシングル
(旧・1等B)
1名 9室 シングルベッド、テレビ、窓あり
寝台 ツーリストベッド
(旧・2等寝台)
4名-6名×24室 4名:24室
6名:24室
2段ベッド、電源コンセント
ドライバーズルーム
(旧・2等寝台)
18-22名 18名:2室
22名:2室
2段ベッド
大部屋 ツーリスト
(旧・2等)
11-86名 5室 テレビ、電源コンセント(共用)

設備[編集]

  • エントランス
  • レストラン「コスタ・デル・ソル」[1]
  • 展望サロン「ロンダ」[1](繁忙期はツーリストルームとして利用)
  • 売店
  • 自動販売機
  • 展望風呂
  • コインロッカー
  • 喫煙コーナー
  • 授乳コーナー
  • ゲームコーナー
  • ペットルーム
  • ドライバー娯楽室
過去の設備
  • カードルーム(ツーリストルームに変更)
  • カラオケルーム
  • 和室大広間「桜島」[1](ツーリストルームに変更)
  • ラウンジ「ヒラソル」[1](ツーリストルームに変更)
  • グリル「ラス・プリサス」[1](フリースペースに変更)
  • スナック「アマポーラ」[1](自販機コーナーに変更)

事故・インシデント[編集]

2001年2月5日、0時2分ごろ、志布志港から大阪港へ向けて室戸岬西方沖27.4海里を航行中、右舷主機が1番シリンダ連接棒ボルトの折損により損傷、左舷主機のみで運航を継続して大阪港へ入港した[11]

2011年12月21日、3時42分ごろ、志布志港から大阪港へ向けて室戸岬東北東方沖13海里を航行中、左舷主機が1番シリンダのブローバイにより損傷、右舷主機のみで運航を継続して大阪港へ入港した[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x ブルーハイウェイライン・三菱重工下関造船所「「地中海の風」を大阪~志布志航路に――"さんふらわあ さつま"」『海事総合誌 COMPASS』、海事プレス社、1993年3月号、 43-52頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 貨物営業案内 フェリー部門主要目”. ブルーハイウェイライン. 2001年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月27日閲覧。(Internet Archive)
  3. ^ a b 「創業二十五年史」1995年・ブルーハイウェイライン
  4. ^ a b 神戸ー別府航路 臨時便のお知らせ - フェリーさんふらわあ(2018年4月23日)
  5. ^ フェリーさんふらわあ/南港コスモ第2ターミナル開業。大阪発着地統一で利便向上”. 日本海事新聞 (2017年2月2日). 2017年2月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月5日閲覧。
  6. ^ 大阪⇔志布志航路 新造船2隻 建造決定! 2018年 竣工”. フェリーさんふらわあ (2015年11月16日). 2018年3月17日閲覧。
  7. ^ フェリーさんふらわあ新造船、2018年に2隻就航”. Web CRUISE (2015年11月16日). 2015年11月16日閲覧。
  8. ^ 大阪⇔志布志航路 新造船 「さんふらわあさつま」就航日決定のお知らせ - SankeiBiz(2018年2月21日)
  9. ^ お知らせ さんふらわあさつま船体名称変更のお知らせ[リンク切れ] - フェリーさんふらわあ(2018年4月27日)
  10. ^ 「さんふらわあ ぱーる」復旧、8月29日より運航再開 神戸~大分航路 - Traicy(2018年7月5日)
  11. ^ 神戸地方海難審判庁 (2004-03-26). 旅客船さんふらわあ さつま機関損傷事件 (Report). 財団法人海難審判協会. https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00563/contents/0205.htm 2016年2月9日閲覧。. 
  12. ^ 運輸安全委員会(海事専門部会) (2012-09-27) (PDF). 船舶事故調査報告書 (Report). 運輸安全委員会. https://www.mlit.go.jp/jtsb/ship/rep-inci/2012/keibi2012-10-23_2012kb0020.pdf 2016年2月9日閲覧。. 

関連項目[編集]