さんぷんまる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さんぷんまる
ジャンル 情報教養番組
オープニング 「さんぷんまるのうた」
電気グルーヴ
エンディング 同上
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2007年4月15日
2007年11月13日 - 2007年11月16日
2008年1月27日
2008年4月13日 - 2009年3月12日

さんぷんまるは、NHK総合テレビジョン情報教養番組である。

概要[編集]

毎回各界の著名人が持っているこだわり、あるいは趣味や暮らしに役立つ情報「人生をより豊かにする秘伝」を届ける。その情報を見て、忍者のキャラクター「ちんぷんまる」と「かんぷんまる」が突っ込む。2人の忍者は電線の上で日本酒[1]を飲んでいる。なお、タイトル名となっている「さんぷんまる」本人は無言で、番組のオープニングとエンディング、番組中に少ししか出てこない。

元々2007年に大田貴史がNHKの企画募集に応募し『番組たまご』において『さんぷんまる・大人のための3分教養講座』として数回放送された。このときは文字通り「秘伝」を語る時間が1人3分に制限されていたが、NHK及び視聴者の評判がとても良かったので[2]2008年4月3日より定番としてスタートした。レギュラー化により15分に短縮、キャラクターやナレーション等の変更がかけられた。

NHKの関連団体NHKエンタープライズNHKエデュケーショナルNHK情報ネットワーク等)を介さないで、外部のプロダクションに制作を依頼した「外注」番組で、日本テレビグループの制作会社・日テレアックスオン(AX-ON)とNHKが共同制作する[3]

放送日時[編集]

番組たまご時代
  1. 2007年4月15日:0:10 - 0:40(14日深夜)
  2. 2007年11月13日 - 16日:0:20 - 0:35(12日 - 15日深夜)
    4回にわたって放送した。
  3. 2008年1月27日:0:05 - 0:35(26日深夜)
レギュラー放送
  • 総合テレビ
    • 本放送:木曜 22:45 - 23:00
    • 再放送:水曜 15:45 - 16:00
  • BS2
    • 難視聴対策放送:木曜 8:15 - 8:30

声の出演[編集]

番組たまご時代
レギュラー放送

スタッフ[編集]

  • テーマ曲:「さんぷんまるのうた」電気グルーヴ(作詞:石野卓球ピエール瀧、作曲:石野卓球)
    YELLOW」にはフルバージョンが(番組名にあやかって収録時間は丁度3分である)、「20」の初回特典ボーナスCDには実際にテレビで使われたテレビサイズバージョンがそれぞれ収録された。
  • キャラクターデザイン:TOUMA
  • チーフディレクター: 大田貴史
  • 制作協力:ガッツエンターテイメント[4]
  • 制作・著作:NHKAX-ON(番組たまご時代の制作・著作はNHK、JMP)

不祥事[編集]

2008年10月23日放送回に於いてAV男優が街頭インタビューを受ける一般のサラリーマンとして出演していたと、2008年12月2日発売のFLASH12月16日号にて報じられた[5]。これにより、担当の下請けスタッフが番組を降板に至る事態に発展し、2009年3月12日で放送を終了する形となった。

余談だが、この10年後の3月12日、ちんぷんまる役を担当したピエール瀧がコカイン使用容疑で逮捕された[6]

脚注[編集]

  1. ^ 「San Cup」とラベルに書かれた、「ワンカップ大関」にきわめて似たビン・ラベルの酒。
  2. ^ [1]
  3. ^ NHKと民放系列のテレビ制作会社が共同制作するのはこの当時は極めて異例だったが、その後ドラマ・バラエティを中心にしてこのようなNHKと民放系製作技術会社との連携を取ることが増えている。他にはフジテレビ系列の制作会社フジクリエイティブコーポレーション(FCC)と共同制作する「びっくり法律旅行社」の例がある。ちなみにAX-ONは日テレ系列以外ではこれが初の制作である(後にTBSやテレビ東京のほかCS各局等の番組も制作)。
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
  6. ^ 電気グルーヴのピエール瀧、コカイン使用容疑で逮捕