しし座の三つ子銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しし座の三つ子銀河
右上がM65、右下がM66、左がNGC 3628
右上がM65、右下がM66、左がNGC 3628
星座 しし座
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 11h 17m[1][2]
赤緯 (Dec, δ) 13° 25′[1][2]
最輝銀河 M66[1][2]
銀河数 3-5[1][2][3]
別名称
別名称
M66 Group
Arp 317[4]
LGG 231[1]
NOGG P1 533[2]
NOGG P2 543[2]
■Template (■ノート ■解説) ■Project

しし座の三つ子銀河[5](Leo Triplett)またはM66銀河群[6](M66 Group)は、しし座の方角に約3500万光年[7]離れた位置にある小さな銀河群である。この銀河群は、M65M66NGC 3628の3つの渦巻銀河から構成されている。

構成[編集]

下記の表は、Nearby Galaxies Catalog[3]、Lyons Groups of Galaxies (LGG) Catalog[1]等で常にしし座の三つ子銀河の構成要素とされている3つの銀河である。

Members of the Leo Triplet
名前 分類[8] 赤経 (J2000)[8] 赤緯 (J2000)[8] 赤方偏移 (km/s)[8] 視等級[8]
M65 SAB(rs)a 11h 18m 56.0s +13° 05′ 32″ 807 ± 3 10.3
M66 SAB(s)b 11h 20m 15.0s +12° 59′ 30″ 727 ± 3 9.7
NGC 3628 SAb pec 11h 20m 17.0s +13° 35′ 23″ 843 ± 1 9.4

さらに1つか2つの他の銀河をこの銀河群に含める文献もある。例えばNGC 3593は、この銀河群に含められることがある。

近傍の銀河群[編集]

M96銀河群は、物理的にしし座の三つ子銀河の近くにある[9]。この2つの銀河群は、大きな銀河群が引き裂かれてできたものの可能性もあり[9]、しし座の三つ子銀河を実際にM96銀河群の一部とみなす同定アルゴリズムもある[2][10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f A. Garcia (1993). “General study of group membership. II - Determination of nearby groups”. Astronomy and Astrophysics Supplement 100: 47–90. Bibcode 1993A&AS..100...47G. 
  2. ^ a b c d e f g G. Giuricin, C. Marinoni, L. Ceriani, A. Pisani (2000). “Nearby Optical Galaxies: Selection of the Sample and Identification of Groups”. Astrophysical Journal 543 (1): 178–194. arXiv:astro-ph/0001140. Bibcode 2000ApJ...543..178G. doi:10.1086/317070. 
  3. ^ a b R. B. Tully (1988). Nearby Galaxies Catalog. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 0-521-35299-1. 
  4. ^ H. Arp (1966). “Atlas of Peculiar Galaxies”. Astrophysical Journal Supplement 14: 1–20. Bibcode 1966ApJS...14....1A. doi:10.1086/190147. 
  5. ^ 猪名川天文台 観望会報告[リンク切れ]猪名川天文台
  6. ^ 変形した渦巻銀河M66ナショナルジオグラフィック ニュース
  7. ^ VST Looks at the Leo Triplet — and Beyond
  8. ^ a b c d e NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for various galaxies. 2006年10月24日閲覧。
  9. ^ a b L. Ferrarese, H. C. Ford, J. Huchra, R. C. Kennicutt Jr., J. R. Mould, S. Sakai, W. L. Freedman, P. B. Stetson, B. F. Madore, B. K. Gibson, J. A. Graham, S. M. Hughes, G. D. Illingworth, D. D. Kelson, L. Macri, K. Sebo, N. A. Silbermann (2000). “A Database of Cepheid Distance Moduli and Tip of the Red Giant Branch, Globular Cluster Luminosity Function, Planetary Nebula Luminosity Function, and Surface Brightness Fluctuation Data Useful for Distance Determinations”. Astrophysical Journal Supplement 128 (2): 431–459. arXiv:astro-ph/9910501. Bibcode 2000ApJS..128..431F. doi:10.1086/313391. 
  10. ^ P. Fouque, E. Gourgoulhon, P. Chamaraux, G. Paturel (1992). “Groups of galaxies within 80 Mpc. II - The catalogue of groups and group members”. Astronomy and Astrophysics Supplement 93: 211–233. Bibcode 1992A&AS...93..211F. 

関連項目[編集]

  • NGC 5866銀河群 - 別の小規模な銀河群

座標: 星図 11h 17m 00s, +13° 25′ 00″