しっぽの釣り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

しっぽの釣り(しっぽのつり)は、日本の民話昔話)の一つ。「動物対戦」譚に分類される[1]

概要[編集]

動物が「冬の寒い夜に自分のしっぽを水に垂らして釣りをするとたくさん魚が獲れる」というでたらめを信じ実行した結果、しっぽが水面ごと凍りつき、身動きが取れなくなり災難に遭うという話である。釣りをする動物は、話によってなどとなっており、また「しっぽで魚を釣る」という嘘を教えた動物もなどと様々であり、人間が登場する場合もある。結末としては、逃げ出そうとしっぽを無理やり引っ張ったためにしっぽがちぎれてしまう話や、動けないでいるところを殺されたり、生け捕りにされてしまったりする話がある。さらに話の趣旨についても、釣りをする動物の違いにより大きく二通りのものが存在する。一つは動物同士の騙しあいや葛藤を描いた笑い話的要素を持つもの、もう一つはしっぽがちぎれてしまったことから動物のしっぽの短さを説明する由来譚としての側面を持つものである。

しっぽで魚を釣ろうとして凍りついてしまうというモチーフは、日本のみならず海外の寓話や物語にも登場しており、大陸部の寒冷な地域を中心として世界中に広く分布している。

ストーリー[編集]

典型例[編集]

アニメーションテレビ番組『まんが日本昔ばなし』で紹介されたストーリーでは、

「狐がカワウソに騙されて、しっぽで釣りをする。カワウソに教えられた通り、狐は氷が張った湖に穴を見つけ、冷たいのを我慢してしっぽを垂らした。

だんだん湖の氷が凍ってきて、狐のしっぽは厚い氷で固まってしまう。しかしそれを大きな魚だと思った狐は力一杯引っ張ると、しっぽはちぎれてしまった」

関連作品[編集]

オペラ[編集]

  • 『ちゃんちき』- 團伊玖磨作曲、水木洋子脚本のオペラ。狐の親子が登場し、父親狐が獺に騙される。

合唱曲[編集]

分布・類話[編集]

東北・北陸地方に分布するが、いつも他者を化かすきつねが「騙される被害者」になるのは珍しいとされる[2]

またアイヌウエペケレ(昔話)のうち、日本本土の「正直爺さんとよくばり爺さん」にあたる「パナンペ・ペナンペ譚」には、「パナンペが川氷に穴をあけ、そこに陰茎を差し込んでいたらさまざまな魚が寄ってきて、大漁になった。話を聞いたペナンペが真似をして川氷の穴に陰茎を差し込んだが、欲張って大物を狙ううちに川氷が凍りついてしまい、身動きが取れなくなる。あわてた彼の妻が氷を割ろうとして、手元が狂って陰茎を切り落としてしまう。ペナンペは離縁され、さびしく死んだ」という、よく似た内容の一話がある。

脚注[編集]

  1. ^ 「日本昔話百選」(稲田浩二・稲田和子)など。
  2. ^ サラ文庫まんが日本昔ばなし第8巻-第039話(発刊日:1976年9月20日)