しののめ (巡視艇・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
しののめ
基本情報
建造所 東造船所
種別 23メートル型PC
前級 はつなみ型
次級 むらくも型
母港 名古屋鳥羽
経歴
計画 昭和28年
竣工 1954年8月15日
除籍 1974年3月8日
要目
満載排水量 43.40トン
総トン数 46.18トン
全長 21.0 m
全幅 5.25 m
深さ 2.40 m
吃水 1.25 m
主機 ディーゼルエンジン×2基
推進 スクリュープロペラ×2軸
出力 1,000馬力
速力 18.9ノット
航続距離 400海里
乗員 10名
テンプレートを表示

しののめ英語: JCG Shinonome, PC-30)は、海上保安庁が運用していた港内艇(1957年に巡視艇に呼称変更)。区分上はPC型、公称船型は23メートル型[1][2]

来歴[編集]

海上保安庁では、昭和25年度にはつなみ型(23メートル型PC)24隻を建造した。しかし同型では、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)からの要求のために、没水部船型については、日本側が当初計画した角型ではなく、アメリカ沿岸警備隊の艇に準じた丸型を採用せざるを得ず、危惧されたとおり動揺性能が思わしくなかった。このことから、独立後の昭和28年度計画では、荒天中の動揺性能改善のため、没水部船型を改めた艇が建造されることになった。これが本艇である[1][2]

設計[編集]

このような経緯から、本型では没水部船型はV型とされた。外板は海保希望のとおり二重張り、肋骨は三材の積層材である。主機関は三菱日本重工業のMSA50Hディーゼルエンジンを改良して搭載した。合計出力は1,000馬力と、はつなみ型の700馬力と比して強化されており、速力も18.9ノットに増速した[1]。しかし1962年に、はつなみ型と同出力の主機関に換装され、速力は14ノットに低下した[2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 徳永陽一郎、大塚至毅 『海上保安庁 船艇と航空 (交通ブックス205)』 成山堂書店1995年、91頁。ISBN 4-425-77041-2。
  2. ^ a b c 「海上保安庁全船艇史」、『世界の艦船』第613号、海人社、2003年7月、 87頁、 NAID 40005855317