しまね丸 (タンカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
しまね丸
被爆した「しまね丸」(1945年7月28日撮影)[1]
被爆した「しまね丸」(1945年7月28日撮影)[1]
基本情報
建造所 川崎重工業艦船工場[2]
運用者 石原汽船(海軍配当船)[2]
級名 特1TL型[2]
艦歴
起工 1944年6月20日[3]
進水 1944年12月17日[4]
または12月19日[3]
竣工 1945年2月18日[2]
または2月28日ほぼ完成状態で工事中止[3]
最期 1945年7月24日船体切断[1]
その後 解体[3]
要目
満載排水量 20,469トン[4]
総トン数 10,000総トン[2]
または10,021総トン[1]
全長 160.500m[4][注釈 1]
垂線間長 153.000m[4]
20.000m[4]
深さ 11.500m[4]
19.605m(飛行甲板まで)[5]
飛行甲板 155.000m x 23.000m[5]
12m x 12m電動エレベーター 前部1基[6]
呉式着艦制動装置 7基[6]
吃水 満載:9.100m[4]
または9.03m[5]
ボイラー 艦本式缶[5](21号水管缶[7]) 2基[2]
主機 蒸気タービン(2段減速ギア付衝動式タービン高圧7段低圧6段[8]) 1基[2]
出力 8,600shp[2]
速力 18.5ノット[2]
または16ノット[5]
巡航速力 15ノット[4]
航続距離 10,000カイリ / 15ノット[4]
搭載能力 載貨重量:14,500トン[2]
重油:10,450トン[5]
兵装 12cm単装高角砲 2門[2]
25mm機銃 3連装9基[2]
同単装22挺[2]、または23挺[4]、或いは25挺[1](計画 2挺[9])
爆雷 16個[4]
90cm探照灯 2基[6]
搭載艇 4隻[9]
搭載機 烈風 10機(格納庫搭載数)[6](計画 12機[9])
または九三式中間練習機 12機(同上)[6]
艦上爆撃機搭載も考慮[10]
レーダー 13号電探 1基[4](計画 2基[9])
電波探知機[1]
ソナー 零式水中聴音機 1組[9]
トンは英トン[4]
テンプレートを表示

しまね丸(しまねまる)は、第二次世界大戦中に日本で建造されたタンカーである。1TL型戦時標準船を元に飛行甲板を装備した護衛空母兼用の設計で、特1TL型と呼ばれる型式の1番船。

艦歴[編集]

産業設備営団が発注し、1TL型10番船として[1] 川崎重工業艦船工場1944年(昭和19年)6月20日起工[3]、 まもなく特1TL型に設計変更された[1]。 同年12月17日[4]または12月19日進水[3]1945年(昭和20年)2月18日竣工[2]、または2月28日ほぼ完成状態で工事が中止された[3][注釈 2]大日本帝国海軍の所有ではなく、石原汽船を船主とする民間の商船である。 竣工後も特設艦船として徴用するのではなく、民需輸送のかたわらで軍需輸送に協力する海軍配当船としての運用を予定した。

竣工後、3月17日の神戸大空襲(1回目)の直後、神戸港内南側の18番浮標に係留中、米軍艦載機の爆撃により損傷を受け(船員6名戦死)予定していた兵員の乗り込みは中止された。これに加え、戦局の悪化による航空機、燃料の不足などのため実際に任務に就くことはなく、応急修理の後、4月初旬から香川県志度湾疎開し、植木や迷彩などで擬装した。[要出典] 1945年(昭和20年)7月24日、同地でイギリス海軍艦載機の攻撃を受け前部飛行甲板に爆弾3発命中し至近弾多数、前部は大きく破壊され、船体後部が折れて着底した[1]

1946年11月11日から1948年7月1日まで(または1946年11月12日から1948年4月1日まで[11])浪速船渠により解体された[3]。 その際に地元の有志がマストを貰い受け、警鐘台として活用、現在は「志度町消防団 鴨庄台部屯所」前に残され、英軍機の機銃掃射による弾痕も残されている[12]

側方から見た大破着底状態の「しまね丸」。

同型船[編集]

  • 大滝山丸:三井船舶所属、川崎重工業製造。1944年9月18日起工、1945年1月14日進水、その後貨物船に変更、行程70%で工事中止。同年8月25日台風で漂流し神戸港第一防波堤東灯台付近で被雷沈没[13]1948年(昭和23年)5月1日から10月1日に浪速船渠(または岡田組[13])により解体[11]
  • 大邱丸:川崎重工業製造。1944年12月起工、1945年2月工事中止、終戦まで放置。戦後に飯野海運が購入、1950年(昭和25年)3月進水、同年6月タンカー隆邦丸として竣工。1964年(昭和39年)5月横須賀で解体[13]
  • 大社丸:起工準備中に中止[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本特設艦船物語』p.381では全長160.000mとするが、1TL型と同じ船体とすると160.500mが正しい値。
  2. ^ しまね丸では1944年(昭和19年)6月8日に起工、同年12月19日に進水、1945年(昭和20年)2月29日に竣工となっている。ただし1945年は平年のため2月29日は無い。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 写真日本の軍艦第4巻 1989, p. 223.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 世界空母物語 1996, p. 220.
  3. ^ a b c d e f g h 日本海軍史7 1995, pp. 251-252.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 終戦時の日本海軍艦艇 1947, p. 189.
  5. ^ a b c d e f 日本特設艦船物語 2001, p. 381.
  6. ^ a b c d e 海軍造船技術概要 1987, pp. 1485-1486.
  7. ^ 海軍造船技術概要 1987, p. 1487。ただし1TL型の値。
  8. ^ 戦時造船史 1962, p. 119。第7表、第一次戦時標準船タービン汽機要目。ただし1TL型の値。
  9. ^ a b c d e 戦時造船史 1962, p. 445。1TL型特殊油槽船 一般艤装大体図。
  10. ^ 海軍造船技術概要 1985.
  11. ^ a b 艦艇処分状況 1948, p. 21.
  12. ^ しまね丸
  13. ^ a b c 日本海軍史7 1995, p. 252.

参考文献[編集]

  • 運輸省海運総局掃海管船部管船課「日本海軍終戦時(内地)艦艇処分状況」『終戦と帝国艦艇』、光人社、2011年1月、 ISBN 978-4-7698-1488-7。
  • 小野塚一郎『戦時造船史』日本海事振興会、1962年3月。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、海軍歴史保存会、1995年11月。
  • COMPILED BY SHIZUO FUKUI (1947-04-25). JAPANESE NAVAL VESSELS AT THE END OF WAR. ADMINISTRATIVE DIVISION, SECOND DEMOBILIZATION BUREAU (福井静夫/纏め『終戦時の日本海軍艦艇』第二復員局、1947年04月25日)
  • 福井静夫『世界空母物語』福井静夫著作集第3巻、光人社、1993年。ISBN 4-7698-0609-4。
  • 福井静夫『日本特設艦船物語』福井静夫著作集/第十一巻 - 軍艦七十五年回想記、光人社、2001年4月。ISBN 4-7698-0998-0。
  • 牧野茂福井静夫/編『海軍造船技術概要』今日の話題社、1987年5月。ISBN 4-87565-205-4。
  • 雑誌『』編集部/編『写真日本の軍艦 第4巻 空母II』光人社、1989年10月。ISBN 4-7698-0454-7。

関連項目[編集]