しまゆき型練習艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

しまゆき型練習艦(しまゆきがたれんしゅうかん、英語: Shimayuki-class training ships)は、海上自衛隊練習艦はつゆき型護衛艦の12番艦(最終艦)の「しまゆき」がネームシップとなっている。

しまゆき型練習艦
JS Shimayuki (TV-3513).jpg
基本情報
種別 練習艦 (TV)
運用者  海上自衛隊
建造期間 (はつゆき型護衛艦より種別変更)
就役期間 1999年 - 現在
前級 みねぐも型
次級 やまぎり型
要目
搭載機 ヘリコプター甲板のみ (格納庫内に講堂を設置した為)
その他の諸元ははつゆき型護衛艦を参照
テンプレートを表示

概要[編集]

はつゆき型の最終艦として建造された「しまゆき」が1999年に練習艦に用途変更されたことにより本型が誕生した。

それまでは除籍間近の艦艇が転籍するのが定例だったが、最終艦の「しまゆき」がいち早く練習艦に転籍された背景には、海上自衛隊の艦艇が時代の趨勢と共にシステム艦化し、実習員などの教育と訓練もこれに適合したものが求められるようになり、できるだけ新しい練習艦が必要になったことがある。

2020年(令和2年)3月には、まや型護衛艦の就役と共にはたかぜ型護衛艦の練習艦への転籍が開始された。これ受けて「やまゆき」が除籍された[1]

同型艦[編集]

艦番号 艦名 建造 竣工 練習艦への
艦種変更
除籍 所属
旧:DD-133
現:TV-3513
しまゆき 三菱重工業
長崎造船所
1987年
(昭和62年)
2月7日
1999年
(平成11年)
3月18日
練習艦隊
旧:DD-123
現:TV-3517
しらゆき 日立造船
舞鶴工場
1983年
(昭和58年)
2月8日
2011年
(平成23年)
3月16日
2016年
(平成28年)
4月27日
----
旧:DD-131
現:TV-3518
せとゆき 三井造船
玉野事業所
1986年
(昭和61年)
12月11日
2012年
(平成24年)
3月14日
  練習艦隊
(呉)
旧:DD-129
現:TV-3519
やまゆき 日立造船
舞鶴工場
1985年
(昭和60年)
12月3日
2016年
(平成28年)
4月27日
2020年
(令和2年)
3月19日
----

脚注[編集]

  1. ^ 練習艦「やまゆき」が退役 広島 NEWS WEB”. NHK NEWS WEB (2020年3月19日). 2020年3月20日閲覧。