しれとこ丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しれとこ丸
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
パナマの旗 パナマ
ジャマイカの旗 ジャマイカ
所有者 日本沿海フェリー
運用者 日本沿海フェリー
建造所 金指造船所清水工場(1008番船)
姉妹船 えりも丸 (初代)
IMO番号 7215161
改名 N.KAZANTZAKIS
MING FAI PRINCESS
METROPOLIS
経歴
起工 1971年
進水 1971年12月20日[1]
竣工 1972年
就航 1972年4月27日
現況 香港の旗 香港で就航中
要目
総トン数 7,875 トン
全長 153.5 m[1]
垂線間長 140.0 m[1]
22.8 m[1]
深さ 8.0 m[1]
満載喫水 5.7 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 川崎MAN V9V40/54 2基[1]
推進器 可変ピッチプロペラ 2軸
出力 20,000馬力[1]
最大速力 22.5ノット[1]
航海速力 21.5ノット[1]
旅客定員 704名[1]
車両搭載数 8トントラック141台、乗用車100台[1]
テンプレートを表示

しれとこ丸は、日本沿海フェリーが運航していたフェリー。

概要[編集]

日本沿海フェリーの第一船として金指造船所で建造され、1972年4月27日東京 - 苫小牧航路に就航した。

2代目えりも丸の就航により、1989年に引退した。

その後、海外売船され、ギリシャミノアンラインズ英語版N.KAZANTZAKISとして就航した。2001年にPacific Cruisesに売却されMING FAI PRINCESSとなり、さらに2007年に大都會郵輪集團(Metropolis Cruise)へ売却されMETROPOLIS(大都會)と改名して香港でカジノ船として就航している。

設計[編集]

船体は上層から船橋甲板、A・B・C・D・E・G甲板となっており、船橋甲板が操舵室と乗組員区画、A・B甲板が旅客区画、C甲板からG甲板が車両搭載区画となっていた。ランプは右舷の船首と船尾に設置されていたが、ランプが接続するE甲板はスキップフロアとなっていたため、その部分の上下にあたるC甲板とF甲板の一部は階高の低い乗用車区画となっていた。煙突は並列配置ながら中央にまとめて設置され、外観の特徴となっている。Aデッキの船首方にはラウンジが設けられ、外周を遊歩甲板が一周していた。

海外売船後はランプが撤去され、最上層に船室を増設するなど改造を受けている。

構造は貨客の両面を重視した形となっており、ダンスホールやドリンキングコーナーや特別食堂を配して旅客への配慮も意識されていた[2]。また各客室にはカラーVTRも設置された[3]

車両甲板には日本のフェリーで初の車両用エレベーターを装備し、最大積載量20トンで下部G甲板への積み込み用に用いられた[3]

船室[編集]

  • 特等旅客室 - 3名6室[3]
  • 一等旅客室(洋室) - 2段ベッド
    • 2名15室、4名8室、6名10室[3]
  • 特二等旅客室(洋室) - 6名22室、2段ベッド
  • 特二等旅客室(和室)
    • 7名2室、10名4室
  • 二等旅客室(和室)
    • 42名2室、60・76・143名各1室
  • ドライバーズルーム(洋室) - 60名1室

船内設備[編集]

  • エントランスホール
  • レストラン
  • グリル(特別食堂)
  • ラウンジ
  • スモーキングルーム
  • ダンスホール
  • ドリンキングコーナー
  • ゲームコーナー

事故・インシデント[編集]

荒天下での行方不明[編集]

1975年2月21日、東京港から苫小牧港へ向かっていた本船が、低気圧の接近による大荒れの中、24時間にわたって行方不明となる事件が発生した。本船は金華山沖を航行中の21日20時ごろ「大時化のため進路を変えるので到着は5時間ほど遅れる」との連絡を最後に消息を絶ち、通報を受けた海上保安庁の巡視船艇が捜索した結果、翌22日20時ごろ、無事航行中であるとの連絡が入り、無事が確認された。苫小牧港へは32時間45分遅れで到着した[4]

行方不明となった原因は、本船の通信設備が貧弱で交信範囲外へ出てしまったためである。当時の船舶安全法では航海区域を沿海区域(陸から20海里以内)とする船舶の場合、大型客船であっても無線電信(モールス通信)を近距離用の無線電話で代替可能とする例外規定が設けられており、本船では到達距離が30海里程度の沿岸VHF無線電話および国際VHF無線電話を装備していた[5]。本船の行方不明事件を受けて運輸省は長距離フェリーへの中波無線電信の装備および通信士の乗船など行政指導を行い、日本旅客船協会へ運航管理の強化を指示した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 世界の艦船(1972年4月号,p96)
  2. ^ さんふらわあ今昔ものがたりVol.3 「さんふらわあ」北へ!♯1 - カジュアルクルーズさんふらわあ(商船三井)
  3. ^ a b c d 東京-北海道(苫小牧)航路カーフェリー”しれとこ丸”就航 - 船の科学1972年4月号
  4. ^ a b 世界の艦船(1975年4月号,p146)
  5. ^ 現行の船舶安全法関連法規では、長時間の航海を行なう大型貨客船の場合、沿海航路であってもVHFと共に中短波帯の無線装備が強制される(適用の「船舶設備規定」 第311条の22 三 備考二のハ)。現在のフェリーではモールス通信は使われていないが、無線電話や一種のデータ通信により(GMDSS)、陸から150海里程度までは連絡が取れる。日本沿海フェリーの後身である商船三井フェリーが同海域で運航している「さんふらわあ だいせつ」などでは、短波帯による遠距離通信も可能である(船舶局JM6684免許状情報)。なお現在の商用船には無線通信の専任者は存在せず、航海士などによる兼務が普通。