しろうと寄席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

しろうと寄席』(しろうとよせ)は視聴者(聴取者)参加形式による公開放送演芸番組である。腕自慢の一般視聴者(聴取者)が出演して、審査員に評価され腕を競った。
ラジオ東京(JOKR。現在のTBSラジオ)で昭和30年代前半に放送されたラジオ番組と、フジテレビで昭和40年代前半に放送されたテレビ番組がある。

概要[編集]

ラジオ東京版[編集]

1955年3月9日開始、1962年10月29日終了。 開始時:大正製薬1社提供 終了時:日電広告 放送時間(開始時):水曜21:30-22:00 放送時間(終了時):月曜14:10-15:00

司会:牧野周一
審査員:桂文楽神田松鯉コロムビアトップライト
主な出身者:牧伸二柳家小三治入船亭扇橋片岡鶴八ほか

資料「東京放送のあゆみ」「TBS50年史 資料編」

フジテレビ版[編集]

司会:晴乃チック・タック(タックは現在の高松しげお
主な出身者:春風亭小朝片岡鶴太郎ほか
横沢彪がアシスタントディレクターとして制作に携わっていた。